傷の見えない腫れ痛みのない怖くない手術、直ぐに歯が入るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医

傷の見えない腫れ痛みのない怖くない、直ぐに歯が入るワンランク上のインプラントパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医

即時荷重インプラントの最前線 連載最新回書き上げました。

2016年06月22日 | 日々のインプラント臨床の話

PRDから戻り、早速一仕事頑張って仕上げました。

写真は第3回のモノですが、今回は第4回の連載記事の原稿を先程投函しました。


今回も、即時荷重インプラントが最も難しいとされる上顎臼歯部への部分的即時荷重の症例を紹介しております。

抜歯即時植立即時荷重も含まれております。


上顎臼歯部への抜歯即時植立即時荷重インプラントを部分的欠損に行い続け、成功させ続けているのは、他にはない成果です。

歯がなくなってしまったら、抜歯されてしまったら、患者さんはとても寂しい、辛い、悲しい思いをされているんです。

それを解決するのが、私にしか出来ない部分的欠損への抜歯即時植立即時荷重インプラントです。


上顎の奥歯何て見えないんだから、危険を冒してまで無理して入れる必要はない、とご批判もあるでしょうが、私は少しでも可能性があるなら、患者さんの為に頑張るつもりです。

そして、それがインプラント治療の未来を広げ、可能性を拡大し、患者さん達の人生に貢献出来るなら、こんな素晴らしいことはない、と信じております。


即時荷重に取り組み続け2000年以来16年以上1000に及ぶ症例数で初めて成し遂げられて来た、自慢出来る成果です。

絶対に世界中探しても他にはない、と言い切れますので。


どんなご批判、非難、中傷、苛め、村八分があろうとも、私は頑張ります!


全ては患者さんの為。







コメント   この記事についてブログを書く
« 患者さん方へ、写真だけでは... | トップ | 6月22日(水)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。