直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

低侵襲外科の普及を、いつもいつもこんな結果を出せるやり方を心底広めたい

2019年06月15日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話



この患者さんの手術を昨日させていただき、本日術後管理、メインテナンスでお越しいただきました。

ご覧いただけるように、腫れも殆どない状態で、痛みもなかった、と言っていただけました。

私のブログを見ていただければ、私は似たような成果を上げ続けていることがご理解いただけるか、と思います。

私は嘘は吐きたくないので、写真には一切手は加えてません。

トリミングくらいはしてますが、フォトショップで修正するようなズルイことは全くしません。

お陰で、業界からは、もっと綺麗に写真撮れ、とお叱りいただくことがとても多いです。

でも、お見合い写真ではありませんが、盛ってお見せして、正体見たり枯れ尾花、では残念だ、と思うのです。

なので、敢えてiPoneのカメラ、私のはまだ6Sですが、それで撮影して、ありのままをfacebookで公開しています。


私は、他の方々が歯科医、医院の実力として、背伸びした、盛った状態のモノをHPやブログ、SNSに投稿するのを、決して避難も批判もしません。

でも、自分の信条、信念として、真実を明らかにしたい、と常々発信しているので、自ら身を正そう、と強く思っています。

なので、大先輩の方々、私のことを思ってくださる方々のアドバイスにも、このことだけはごめんなさいさせていただいています。

カメラに詳しくなり、とても綺麗に見せ、素晴らしいプレゼンをされる方は、心から尊敬しています。

でも、私は至高の存在に崇め奉られるのは本意ではありません。

これなら手が届きそうだ、自分にもやれるかも知れない、と思ってもらいたい、変なおじさん、面白いおじさんで良い、と思っているのです。

が、生意気ですが、このような症例写真でそんなこと思えないよ、と思われてしまうかも知れません。

こんな難しい症例で、こんな腫らさない痛くしない手術できないよ、と。

それでも、私は言いたい。

できる、と思ってもらいたい。

私のブログを読んで下さってる方は、ご存知のことかもと思いますが、私はそんな優秀な学生ではありませんでした。

それでも、師に出会い、導かれ、努力し続けたら、できるようになったのです。

その根底には、やはり良くなりたい、もっと良い成果を上げて、患者さんのためになりたい、と素直に思っていました。

良くなりたい、と思って頑張れば、誰でも良くなれる、と私は信じているのです。

出会いがなかなかなかった、と言う方には、私が力になります。

恩師から受けたご恩をお返しする、と言う恩送りを真摯にさせていただきます。

但し、私は礼節、仁義を重んじる人なので、そこは必ず押さえて下さい。


インプラント寺子屋も、そう言う決意の元、始めたモノです。

だから、これだけは命の限り続けます。

そして、若い先生方にはお金も大変だろう、と思って参加費5000円にしています。

時間だけは、セルフタイムマネジメントの習慣を身に付けて欲しいので、平日木曜日の午後15時から18時まで、としています。

私は本気で、自分ですらここまでなれたのだから、あなたにもできる、と思っているのです。

その活動の一環として、敢えて批判、非難されても、自分の症例をfacebookやブログで公開しています。

しかも、いつもできてる、と証明するために、日々の臨床のモノをそのまま出しています。

言い換えれば、チャンピオンケースだけを客寄せで出してる訳ではない、と言うことです。

チャンピオンケースだけを出すことが、問題視されてるのですから、私は普通にしていること、を敢えて出しています。

人から見たらチャンピオンケースを自慢して出してる、と受け取られるかも知れませんが、それは受け取る側の問題、と諦観して、公的機関から止めろ、と勧告が来ない限り続けます。

明言しますが、私の症例、仕事の写真が邪魔だ、と思う方は、どうか私と一緒に勉強しましょう。

そして、その場で色々と忌憚のない意見を言って下さい。

私も還暦になる年齢になりますので、できるだけ多くの方々に良い影響を残したいのです。

私が現役バリバリでやれるのも先が見えて来てる、かも知れません。

そして、私に何があるのか、は誰にも分かりません。

いつまでこうやってできるのか、誰にも分かりません。

だから、今なんです。

今お伝えして置かなければ、私が話さなければ誰にも話せない内容をお伝えできる自信が、私にはあります。

良くなりたい、と思う方は、誰でも、私を批判、非難する方にも、力になれるならなります。

私は盛ってお見せすることことだけは、決してしません。

本当のことだけ、を残したいのです。


低侵襲外科、私が30年以上かけて身に付けたモノを、境地を、あなたには3年で行って欲しい。

私は本気です。






コメント   この記事についてブログを書く
« 低侵襲な下顎の親知らずの抜... | トップ | サイナスリフト術後経過でのC... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。