腫れない痛まないから怖くない、直ぐに歯が入り早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 専門書著者の話

腫れない痛くないから怖くない、直ぐに歯が入り早く治るインプラントのパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医のブログ

患者さんへ伝えたいインプラント治療の本当のこと、骨ができる、造れる でもその裏にある辛さを知ってますか?

2020年01月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
インターネットで見てると、インプラント治療するための骨を造れる、と言うのを広報してる所が沢山ありますね。

審美性を追求して、骨を造り、歯茎を造り、セラミック冠をこだわって作って仕上がる、と言うのがインプラント治療の理想、のような宣伝がなされてるように見えます。

それを歯科業界でも絶対的に正しい金科玉条として、次代の若手の先生たちに広めている傾向は、世界的にも強いと感じます。


でも、私はそれに対して敢えて言わせていただきます。

それらの手術はどれぐらい患者さんにとって辛い大変な治療なのですか?と。


失われた組織、骨や歯茎や再生させることは、確かに素晴らしいことです。

でも、あまりに辛い大変な経験は、患者さんの心を折ってしまうのでは、と案じてしまいます。


はっきりと書きますが、骨や歯茎を造れば、腫れたり痛んだらして大変な辛さを経験させられるかも知れないのです。

そのことを、逃げずに患者さんにしっかりと説明したら、多分かなりの患者さんが骨を造るのはしません、となるかと思います。


歯茎を再生させることも、今の技術ではできる時代になっていますが、その場合でも、大きな傷を口の中に幾つも作られて、大変な辛さを経験させられることが多いでしょう。

患者さんは、一度でもその先生の手術を受けたなら、レールに乗せられたようなもので、やり直しや方向転換はできないものです。

このことをちゃんと伝えてない先生も、殆どだと思います。

失礼なことを書きますが、最初甘い誘いを言って、一度手術始めたら、そこからずるずると嵌められて逃げられなくなる、と言うことも少なくない、と私は思ってしまいます。

患者さんには、始めの甘い言葉に騙されないで、と助言します。


それには、本当はどれぐらい辛いのか、腫れるのか、痛むのか、仕事に出れるのか、どれくらいで収まるのか、何回手術するのか、治癒期間中はどう生活できるのか、説明を求めて良い、と明言します。

あらかじめ、とても大変だよ、と言うことを告げてくれる先生の言葉を信じて下さい。

分かりやすいのは、その先生のインプラント治療受けて、次も平気で受けてる患者さんがどれぐらいいるのか?が指標になると思います。

もう二度と骨を造るのは勘弁、と言う患者さんが、私の元には逃げて来ます。

それでも、私は最小限の骨造りをしてインプラント手術してますが。

でも、私の手術はこんなモノなんですか?と言っていただけることが殆どです。

インプラントに必要なだけの骨を造るなら、これぐらいで済むんですよ、と私は説明しています。

私も昔は皆んなと同じような骨造りをしていましたから、それがどれくらい大変で、辛くて、腫れて痛んで苦労させるのか、は知っています。

でも、あまりにも患者さんが可哀想なので、そこまでしないでも治せる方法はないのか?と試行錯誤して始めたのです。

そして、私には今があります。

でも、骨を造る道は、世界的に格好の良い手術として拡散しています。


この前も、自家骨をだけで顎堤を造る、と言う先生が、業界誌に出てました。

それを読んで、私は暗澹たる気持ちになりました。

これ患者さんは顔パンパンに腫れて、痛んで、とても辛くて大変だろうな、と確信してです。

最新情報が売りの業界誌が、まだまだこんななんです。

そして、それに洗脳されてる先生が沢山沢山生まれる訳です。

私は敢えて申し上げたい。


もうそんな大変な辛い治し方を、最高の治療と宣伝するのは止めませんか?

昨年のアメリカ歯周病学会AAPでも、ようやく辛い手術は改善されるのが望ましい、と明言されてました。

侵襲のより小さな少ない、患者さんが楽な治療を考えるべきだ、と推奨しだした、と明言して間違いない、と私は思います。


腫れない痛くしない、より低侵襲な治療、手術を、私は2003年からひたすら追求して来ました。

患者さんを痛め付けない、苦しまない、辛い思いをさせない、が私の手術のモットーです。

その上で、審美的に満足いただけ、長期的にも安定させられる、そんなインプラント治療を創意工夫して来ました。

今でも、その思いだけは強く強く抱いています。


私の目の黒いうちに、どれだけ業界を改善させられるのか。

私の使命に終わりはありません。


















全て私がさせていただいたインプラント治療で、腫らさない痛くしない、身体に優しいインプラント治療を創意工夫して来たものです。

こう言うインプラント治療を広めたい、と願っています。






コメント   この記事についてブログを書く
« 私(マツゲン)自身が患者にな... | トップ | タイミングを逃さないで下さ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。