直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

トラウマレスな、ペインレスな手術を直向きに   超低侵襲手術へのあくなく挑戦

2016年02月22日 | 日々のインプラント臨床の話

AOに出掛ける直前にさせていただきました、下顎の埋伏智歯抜歯の予後です。

残念ながら、全然腫れない、と言う成果には至りませんでしたが、それでも翌日の状態が中段のお顔の写真、そして5日目が上段のお顔の写真です。

血腫、痣の様な出血班が少し出てしまってもいます。


しかし、痛いとか辛いとかの治り方は一切しなかったそうです。



本当に良かったです。



通常このレントゲン写真のような状態の骨の深い所に、太い神経に沿って、しかも手前の歯の真後ろに隠れるように埋まっている親知らずの抜歯では、2週間は患者さんは苦しまれることになると思います。

勿論、相当に腫れ上がり、お痛みもかなり辛いことでしょう。

お顔半分が腫れ上がる、と言う状態に至ってしまっても普通だと思います。



それが、翌日でも5日目でも、普通にお喋りをして下さる、腫れましたけど痛くて苦しむとか辛いことはなかったですよ、とニコニコ笑いながらお話して下さるんです。

そう言う状態に治して差し上げられるのが、私の目標、目的です。



肉体的にも精神的にもトラウマの残らないトラウマレス、痛みで苦しまないペインレスな手術をして差し上げる。


患者さんに手術に対する恐怖心、避ける気持ちを抱かせない、手術して良かった、と思っていただける、そんな手術をして差し上げたい。


私の究極の目標は、手術して気持ち良かった、と言って喜んでいただける境地、です。


その手掛かりを、私は掴んでいる自信があります。


トラウマレス、ペインレス手術。


そんな、親知らずの抜歯、即時インプラント、歯周病再生、顎堤再建の手術を受けたい方は、是非ご相談にお越し下さい。



他で何回も手術するとか、何年も掛けて分けて手術しないといけないとか、散々色々と言われて、悩み抜かれた患者さんが漸く辿り着くインプラント専門医、外科専門医、として私は知られています。


他で無理だ、と言われても決して諦めないで下さい。


私が出来ない、と言ったら、世界中探しても出来る所を見付けることは出来ないでしょう。


最後の最期に辿り着く医院、それが当院です。



但し、たった一つのお願いがあります。

他の先生の所で、抜歯されるのだけは止めて下さい。

抜歯される前の状態で、来られてください。



万が一、抜歯されてしまったら、絶対に4週間以内に私が手術しないと、本来出来る筈のことが一切出来なくなります。

残念ですが、抜歯されて弄られていたら、ノーチャンスになる可能性が非常に高いです。



これは、今までの私の経験で申し上げていることです。


そして、私の抜歯とかの手術を受けた患者さんは、皆さん一様に今までの歯医者で受けた手術とは全く違う、と感想を漏らされます。


そこに、私が12年以上掛けて、必死に編み出した様々な工夫があります。


その代表例がライト付き10倍の強拡大鏡の使用です。


世界でも100個程度しか使われていない拡大鏡で、超精密な丁寧な手術を行っております。


その他にも、色々な工夫をしています。


だから、今日上げているような非常識なまでに何ともなく感じられる手術が出来るのです。



本当に、手術受けることで悩まれている患者さん。

痛い、辛いのは嫌だ、と言う患者さん。


私の所に相談に来て下さい。


本気で治したい患者さんを、心の底から応援し、一所懸命に治療させていただき、10年先20年先と言われる奇跡を起こせるように頑張ります。



 

ブログランキングに参加しました。  

 

 

 

ポチッとお願いします。  

 


人気ブログランキングへ  

 

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2月21日(日)のつぶやき | トップ | 2月22日(月)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。