直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

インプラントは上顎と下顎とでは全く違います。

2007年11月15日 | ニュートンドクター見て下さい。
患者さんはインプラントと言うと、なんでも同じと信じています。

しかし、同じ方のお口の中でも、上顎の骨と下顎の骨では骨質が全く違うのが普通です。
一般的には、下顎の骨が骨質が良く、上顎の骨質が悪いものです。

それでも、現在のインプラントはしっかりと骨とくっ付きます。
上顎と下顎で、そのくっ付くのにかかる時間が差が出るだけで、くっ付けばその後には差はありません。

一般的には下顎で2~3ヶ月、上顎で4~6ヶ月、骨とくっ付くのに掛かると言われています。
骨質の差が期間の差に出るだけです。

私が専門にしている即時荷重では、オペ当日に仮歯を入れられますが、最終的なセラミックの歯を入れるのには、我々は急ぎません。
患者さん自身がご希望されてて、その他の治療する歯がない限りとかなら、1ヵ月後にセラミックにする事も事もしています。

如何に一般的な治療と比べて驚異的に早いか、お分かり頂ければ幸いです。

参照:http://www.km-implantcenter-matsumotoshika.com/

   http://www.newton-doctor.com/doctor/tokyo5/matsumotonoritsugu/s40/

   http://www.implant.ac/implant_html/tokyo/matsumoto/
コメント