これはどうか、これでどうだ!

おじさん『さっしー』があれこれしている奮闘記!&忘備録

貴乃花引退、、、どうにもスッキリしない

2018年10月02日 | 日記
こんな事書いても仕方ないと思いますが、ここまでの経緯がどうにもすっきりしないので書いておきます。

あらかじめ言っておきますが、貴乃花に協調性が欠けているし、やり方が上手くないなとは思います。

それでも相撲協会(親方や評議委員)は陰湿すぎると思うんですよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

貴ノ岩関への暴行事件が発端でした。
被害者である貴ノ岩関は出場できませんから降格、、、?
貴乃花親方は協会への報告より先に警察に言ったと責められて降格、、、?
学校でいじめられて怪我させられた子が学校より先に警察に言ったから停学させられたみたいな理不尽さ!

内閣府に告発するも、貴乃花部屋内の暴行発覚で取り下げ。
さらに貴乃花親方は一番下の平年寄まで降格、、、これは妥当にも見えますが、他の部屋(現職理事)ではゴルフクラブで親方が弟子に暴力ふるったり、失明事件で係争中の部屋もあるなかで、対応に差があるようにも思えます。

さらに7月、各部屋は5つある一門のいずれかの属さなければならないと理事会で決めたと、、、しかし公表はしていない、、、?
先場所終盤には、マスコミにて貴乃花部屋存続の危機的な記事が出始めました。
これは、協会は否定している「どこかの一門に属さないと廃業にする」という説を裏付けていると解釈できます。
第一、ガバナンス強化のために一門って、、、こじつけもいいところですね、、、
で、貴乃花親方は引退へ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一連の流れはつながっていますよね。
一説によると、親方総会的な場で「相撲協会関係者一万人の生活がかかってる、、、」的な発言で貴乃花を責めた幹部親方もいるとのこと。
いじめを警察に言ったら、そんなことしたら学校の評判が下がるだろ!と、、、?

ちなみに貴ノ岩関暴行事件の犯人は、土俵の上で引退相撲も許可されていますし、同席した横綱以下関取衆も平穏です、、、?
(貴ノ岩関は民事で損害賠償もらってないはずです、、、もらえばいいのにねぇ)

マスコミでは連日報じられていますが、貴乃花がわけわかんない的な論調が7〜8割くらいでしょうかね。
大手マスコミは相撲協会と仲良くしないと不利益を被るということでしょう。
肝心の専門家的な記者も記者クラブとして相撲協会と癒着していますしね。
他の相撲に詳しい人達も協会と仲良くしてもらわないとこまるんでしょうね、、、大人って☓

こうしてみてみると、公益財団法人って一旦なってしまうと取り消されないものなんですねぇ。
内閣府は何してるんでしょ?

これから調査するつもりでした、、、どこかの理事長みたいなこと言うんじゃないでしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 禁煙飴と禁煙パイポ | トップ | 教科書を疑え »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事