ほがらか鍼灸院雑話

はり・灸雑話

生理のトラブルで治療に行かれる際は…

2014-09-26 15:15:41 | 健康
生理痛、生理不順などでお悩みの方は多いですよね。

鍼灸院に治療に行かれる際は次の事をお答え出来るようにしておくと良いです。

1 生理が早い、遅い、不順
2 出血が多い、少ない、閉経
3 色と質
4 痛むタイミングと場所

です。

1、2、4は分かると思いますが、3は分かりにくいと思います。
例えば、淡い赤色、濃い赤色、紫暗色、黒い赤色などです。
質は、サラサラしている、ドロドロしている、塊があるなどです。

鍼灸師の先生が男性だとお答えするのに抵抗があると思いますが、これらの情報は治療する際の判断基準になってきます。

例えば、紫暗色で塊がある場合、冷えによって血流が悪くなっているという事になります。

東洋医学での問診になりますので、あまり馴染みがないと思いますが…

ツラい生理痛、生理不順を改善するための指標になりますので、自分のお体を把握されておくと良いです。
参考までに…m(__)m
コメント

秋にせきが出やすい理由

2014-09-08 18:02:59 | 健康
だんだんと涼しくなって秋っぽくなってきましたね。

毎年秋になると喘息や咳が出る方がいらっしゃいます。

東洋医学では、秋は金(肺)・燥と関係があります。
「肺」は潤いを好んで、乾燥を嫌う臓器と言われています。
ですから、燥の気が強いこの時期は肺を痛めやすく、症状として咳や胸の痛みなどが出ます。

それと、相生・相克関係と言うものがあります。これは、火は土を生む→土は金を生む→金は水を生む→水は木を生む→木は火を生む
(相生関係)

と、木は土を克す→土は水を克す→水は火を克す→火は金を克す→金は木を克す
(相克関係)
と言うものです。

夏に冷たい物の摂りすぎなどで脾を痛めてしまうと秋になって肺が弱ってしまいます。

つまり、「脾=土」 「 肺=金」と言われているのですが、土(脾)は金(肺)を生むという関係がうまくいかなくなります。

そうすると肺に関係ある症状が出てしまいます。

治療としては脾臓の調節が大事になります。

心当たりのある方はお気をつけくださいm(__)m

コメント