ほがらか鍼灸院雑話

はり・灸雑話

体がダルい、寝ても疲れが取れない、冷え性の人の効果的な治療法

2017-09-15 16:44:33 | 美容&健康
・疲れやすくていつも体がダルい
・やる気が起きない
・寝ても疲れが取れない
・しゃべるのが億劫
・風邪を引きやすい
・排便の時に力まないと出ない

東洋医学では、これらの症状を『気虚』と言います。


『気』とは、体を動かすためのエネルギーの様なものです。
『虚』は〃うつろ〃や〃不足〃を意味します。

過労やストレス、栄養不足や食事の不摂生、長患いなどがおもな原因になります。

さらに、これらの症状に〃冷え〃が加わった状態を『陽虚』と言います。

・手足が冷たい
・お腹が冷たい
・腰が冷たい
など。

その他にも、トイレが近い、お腹を壊しやすいなども関係がありますし、『症状が冷えると悪化する』というのも陽虚と言えます。

車は〃熱〃がないと動かないのですが、人間もある程度の熱がないと動きません。
その熱が不足した状態をいい、実際に体温が低くなっている訳ではないのですが(低体温症の方も当然います)そのせいで体の機能が上手く働かなくなって、疲れやすい体や風邪をひきやすい体になってしまいます。

治療の方針としては、体を暖めて不足した気を補うようにします。

例えば、手首にある『陽池』というツボ。
名前通り、陽が貯まっているツボです。
そこに温灸をしている写真です。

これは『足三里』というツボ。
知っている方も多いと思います。
このツボはすごく便利で様々な症状に対応出来ます。
例えば胃の不調とかにも使えます。

これは背中のツボに『びわの葉』を置いてお灸している写真です。

びわの葉は、疲労回復、抗菌・殺菌作用、抗酸化作用、血行促進に優れた成分がたくさん含まれているので、当院ではお灸の時に使っています。
今では使っている所も少ないと思います。

こういう感じでお灸をして不足した気を補うことで、体の回復力や免疫力を強化して、疲れにくい体、病気への抵抗力のある体、冷えに強い体にしていきます。
もちろん鍼でもOKです。
ただ、冷えがある方は暖めたほうが気持ち良いですしね(^^)

『毎日飲む栄養ドリンクに飽きたな…』
『これからの寒い時期が辛いな…』

という方は鍼灸治療を考えてみては以下がでしょうか??

体がダルい、寝ても疲れが取れない、冷え性という方は
↓ ↓ ↓ ↓


http://www.hogarakain.com/



東大阪 布施 ほがらか鍼灸院

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 腕の使いすぎで肘が痛い…炎症... | トップ | 生理痛は〃冷え〃が原因??... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美容&健康」カテゴリの最新記事