頑張る!独身女!!

“嗚呼 独身の日々”
~年食えば、大人になるとは、限らない~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『チェンジリング』

2009-03-05 | アジアな私(映画ばなしも)


2009年3月鑑賞(NO.005)

製作年:2008年

製作国:アメリカ

配給:東映東和

監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド

脚本:J・マイケル・ストラジンスキー

出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイケル・ケリー、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、ガトリン・グリフィス、他

ホームページ:
http://changeling.jp/

 

   【あらすじ】

1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。暗くなって彼女が帰宅すると、家で一人で留守番をしているはずの息子の姿はどこにもなかった。・・・。


 

   【感想】

『母は強』


とっても深く、悲しい話だった。


そしてこの作品は現実に有った話みたいで、それがまた悲しいです。

 


それに最後まで、息子・ウォルターは生存してるか亡くなったか分からなく。母・クリスティンは生涯をかけて息子を探す人生をおくる事になったらしい。

どこまでも、どこまでも、子供の生存を信じて強く生きるクリスティン。

 


あと、国境、時代関係なく。母は強く。また、権力を盾に剣をふりまわす人がいるもんです。

 

このお話では、正義は勝ったけど。なかなか、こんな風に一緒に立ち上がってくれる人って少ないです。

この話の救いは、一緒に戦ってくれた人がいたことかな。

 

 

また、どうでもイイ情報で申し訳ないです。

これは作品とは関係ありませんが、クリスティン役のアンジェリーナ・ジョリーの化粧が気になってさぁ。私


あの時代は、あんな化粧が流行ったのか?


アイメークと口紅の真赤が凄い気になった。

 

そこまで目のまわり化粧するか?それに涙を手でふくんだけど、全然化粧が取れないの。どうなってるの?そこが微妙に気になったのさぁ

 

 

 

チェンジリング - goo 映画
チェンジリング - goo 映画

 


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« ドラマ『トライアングル』第9話 | トップ | 先生 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も気になりました (燈子)
2009-03-05 23:17:35
あの化粧は変ですよね…。
道化師みたいで、目が強調されすぎていて、逆に表情が隠れてしまっていたような気がします。
あの時代には流行ったんでしょうかね?

正義は勝ったのに、後味が悪かったです。
悪人達に人間としての善性がまったく感じられなくて、こんな人達と同じ世界で暮らしているのかと暗い気分になりました。

なるほど、一緒に戦ってくれた人がいたことが救いですね。
燈子さん (かっぱ)
2009-03-06 08:46:09
>あの化粧は変ですよね…。
燈子さんもそう思われましたか?
特にアイメークが気になってあの時代だと働く女性は珍しい存在なのかな?だから「働く女性=化粧」って感じ???←よく分かりませんが

でも、いくらあの時代の流行の化粧とはいえ、もう少しおさえた方が、本当表情がもっと伝わってきたかもしれませんね


>正義は勝ったのに、後味が悪かったです。
裁判の判決が出ても、なんだか彼らが反省したって感じではなかったですよね。
臭いものには蓋をされた感がありましたね。

化粧 (NAO)
2009-03-06 21:00:30
確かに、濃い化粧でしたよね。^^;
紅の色は、あの当時ああいう傾向のルージュは
はやってたようですよ。
赤い分、アイメークは引き算してほしかったですね。
彫が深いから余計に濃く見えちゃって。

でも、作品自体は見ごたえありましたね。
全部実話かと思うと、ものすごく暗い気分になりますが。。
NAOさん (かっぱ)
2009-03-06 21:34:02
>紅の色は、あの当時ああいう傾向のルージュははやってたようですよ。
やはりそうなんですか。流行ってたんですね。
口紅はゆずってもアイメークはね(汗)


>全部実話かと思うと、ものすごく暗い気分になりますが
本当そうですよね。あれが実話だと思うと悲しいです。

気になる (SATOKO)
2009-03-07 00:55:17
他の方のブログでもこの映画のことが書かれていて、ちょっと気になっていたんですよぉ。
やっぱり、悲しい話なんですね。
観たら泣いちゃいそうだなぁ

あの化粧も気になりますよね!
CMでチラッと見ただけでも、あの顔、記憶に残っています。。
SATOKOさん (かっぱ)
2009-03-07 08:13:09
>やっぱり、悲しい話なんですね。
とても悲しく、やりきれない話です。

でも、チェックして見てください。

>あの化粧も気になりますよね!CMでチラッ
やっぱり!CMでも記憶に残りましたか・・・映画館の大きいスクリーンだと。ちょっと・・・

こんにちは♪ (ミチ)
2009-03-07 17:12:07
アンジーのただでさえ肉厚な唇が、赤い口紅でさらに強調されておそろしいことになってましたね~。
おまけにアイメイクもすごい!
泣いてもドロドロにならないから、ウォータープルーフがあの時代にあったのか?なんて思ってしまいました。
映画と関係ない話でごめんなさい~。
ミチさん (かっぱ)
2009-03-07 22:22:56
よかった。
私だけが、メイクに気を取らていたのかと思っていましたが、皆さんも思いは一緒で少しホットしました

コメントを投稿

アジアな私(映画ばなしも)」カテゴリの最新記事