のりこのお部屋

とりとめのない日々の雑文です。
シルバニアファミリーを始め、ちっちゃくて可愛い物が大好きな私です。

ジェフリー・アーチャー

2005年05月27日 | 読書

今、ジェフリー・アーチャーの「運命の息子」を再読しています。彼の小説は本当に面白くて、時間を忘れてしまいます。そんな訳で、昨日は電車乗り過ごしちゃいました…。なにやってるんだか…

アーチャーの小説はほとんど全て読んだかな。どれも面白いですが、一押しはやはり「ケインとアベル」。主人公2人の波瀾万丈な人生、一気に読ませます。それから短編集「十二本の毒矢」中の「ある愛の歴史」。こんな夫婦関係にあこがれます。泣けました。

アーチャー自身も小説に負けず劣らずの波瀾万丈な人生を送っているようですが、次の小説を書いてくれれば文句言いません。早く読みたいです!
コメント