noriba-ba's garden

自然に囲まれたログハウスとナチュラルガーデン&趣味のある豊かな暮らし

私流ナチュラルガーデンの楽しみ方

2019-04-17 18:56:38 | ガーデニング

 この季節の山庭を歩き回っていると

お決まりの「うわ~きれい!」「かわいい~」だけじゃなく

「ハッ」と目を引く光景や「ドキッ」と胸を打つ光景

思わず「ニヤ~」としたり、「クスッ」と笑ったり

時には「何じゃこりゃ…」と驚くような

想定外のいろいろな光景に出会うことがある。

この桂の大木を見上げた時もそう…。

瑞々しい若葉が青空に映えてハッとするほど美しい。

その青空のさらに遥か上空に見つけた

2列の白い飛行機雲の尾を引きながら飛ぶ飛行機。

思わず、おおっ!と子どもみたいに喜ぶ。(笑)

桂の新葉は丸っこい形をしたフレッシュグリーン。

樹形は大きいのに葉っぱは何とも可愛らしい。

このアンバランスが可笑しくて…ニヤリ。

再びエンジン音に誘われて上空を見上げると

今度は別の飛行機がドキッとするほど低い高度で飛んで来た。

デジカメのズームでも鮮明に機体が撮れていて

思わずガッツポーズ!(笑)

山荘から見える上空は飛行ルートになっているのか

昼夜を問わず多くの飛行機が行き交う。

そのたびに、この飛行機はどこから来てどこへ行くのだろう…

私もまたどこかへ行きたいな~と思うのだ。

この暗赤色の葉っぱは赤葉桜の若葉。

正式名称は紅葉李(ベニバスモモ)というらしい。

白い花と葉が同時に出てくるが、すでに花は咲き終わり

若葉の方が勢いよく広がっている。

緑の若葉が多い中、この暗赤色はハッと目を引く。

その赤葉桜と桂の木が並んで立つ風景。

東の森の隙間から徐々に差し込んでくる朝日を浴びながら

まるで若葉の美しさを競い合っているように見える。

どちらも小さな苗木を植えてから約10年。

いつの間にかこんなにも大きく逞しくなってきた。

特にここ2~3年の桂の成長は著しく

今ではガーデンで一番の大木になりつつある。

手前に写り込んでいる山ツツジの赤紫色も美しい。 

この色彩のコントラストに思わずウットリ見惚れてしまう。

こちらはガーデンの花壇の中に植えているプラムの木。

この清楚で可憐な白い花を見ると一瞬背筋がピンと伸びて

いつもなぜか心が洗われるように感じるのは

いつしか自分の心が汚れちまった…せいだろうか。(笑)

このトゲトゲのある木はレモンの木。

ここにもハッとするほど美しい

爽やかなグリーンの若葉が芽吹き始めている。

植えてから5~6年経つが

花は咲いてもまだ実は成ったことがない。

でも、今年こそ…と毎年思うのだ。 

そのレモンの木のある柑橘コーナーで

ひときわ目を引くのが赤葉クローバー。

何年か前に苗を植えた記憶はあるが

他の雑草に混じって今も元気に生息している模様。

その様子にホッと胸をなでおろす。

花壇の向こう、スモークツリーの周りに植えている芝生。

そこにも思いがけない光景が見られる。

芝生の間から勝手に芽を出したハナニラやユリ。

その向こうにはチューリップも…。

何もこんな所で咲かなくても…と、クスッと笑ってしまう。

こっちには仲間から離れてポツンと咲いている

お一人様のスイセンやスズランスイセン。

集団が苦手なその気持ち…うん、わかるわかる…と

思わずニヤ~っとしてしまう。

さらにその下にあるベンチの床下から

ひょっこりはん…と顔を出しているのはスイセン。

初めて見つけた3月23日には

何じゃこりゃ…と、思わず二度見をしてしまった。(笑)

その後も気になって庭に出るたびに様子を見ていたが

3月31日には一輪の花が咲き始め…

4月6日にはついに3輪の花が見事に咲き揃った。

奥の方のつぼみももうすぐ開きそうだし…。

この生命力の逞しさには正直驚いた。

あのタイルの割れ目から咲いたど根性チューリップにも

負けず劣らずの良い勝負だ。

いやあ~参った参った…。

 

こうした変わり者の姿を見つけては

驚いたり、笑ったり、喜んだりするのが実に面白い。

それがガーデニングのひとつの楽しみでもある。

でも、こんなことを面白がるなんて…

実は私の方こそ変わり者なのかも知れない。(笑)

 最後にひとつ、これは何?

この時期、こんなものが木によくぶら下がっている。

何かの昆虫のさなぎではないか…と思うけど

ネットの図鑑で調べてみても 

その正体が私には未だにわからない。

まさか、毒蛾じゃないよね~(笑)

もし、そうだったらどうしよう…とドキドキする。

誰か知っている人がいたら教えてほしい。

 

こんな不思議なものを見つけて驚くのも

ナチュラルガーデンならではの楽しみ方なのかも知れない。

だからガーデニングは面白い。

たとえ花粉症が酷くなろうが、虫に刺されようが

こんな喜びや感動が自然の中にある限り

ガーデニングはやめられない。

コメント   この記事についてブログを書く
« 花それぞれにストーリーあり | トップ | モロッコ旅日記9~アイト・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ガーデニング」カテゴリの最新記事