noriba-ba's garden

自然に囲まれたログハウスとナチュラルガーデン&趣味のある豊かな暮らし

クレマチスはつる性の花の女王

2018-05-02 09:44:33 | ガーデニング

八重咲きのクレマチスの大輪の花が

気温の上昇に誘われて一気に咲き出した。

つぼみの時には葉と同じグリーン色だが

開くとうっすら藤色がかった白い花びらが現れる。

名前はおそらく ” ダンシング・キング ” だろうと思うが…

植えてからずいぶんと月日が経っているので

実のところは定かではない。(笑)

ウッドデッキ下の木製のトレリスにつるを伸ばし

いい感じに咲き広がっていて実に壮観だ。

クレマチスはつる性の花の中では女王のランクだと思う。

つるバラも確かに魅力的だが、クレマチスの方が

花の色や大きさ、形も様々で、圧倒的に種類が多い。

おまけに冬の間は枯れ枝だけ残して

殆ど地上から姿を消す。

何という潔さ!

そして春になると枝の節から新葉を芽吹かせ

あれよあれよという間に葉を茂らせ、つぼみを膨らませ

ふと気がつくと見事な花を勝手に咲かせている。

何という早業!

おまけにバラほど手間がかからず病害虫にも強く

ほったらかしでも元気に育つのだ。

何という逞しさ!

こうした資質はまさにトップリーダーそのもの。

だから私はクレマチスを ” つる性の花の女王 ” と呼びたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大奥の古狸…ジャーマンアイリ... | トップ | モッコウバラパワー恐るべし! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ガーデニング」カテゴリの最新記事