noriba-ba's garden

自然に囲まれたログハウスとナチュラルガーデン&趣味のある豊かな暮らし

ノラにゃんこの一大事!

2019-12-08 21:44:26 | ノラにゃんこ物語

先週金曜日、私が山荘に到着するや否や

夫が待ってましたとばかりに話し始めた。

「今朝は大変なことがあったんじゃ!」

聞くと、朝まだ薄暗いうちに近くで猫の激しい鳴き声がしたので

ロフトから階下に急いで下りてきて

テラス側の窓から外を覗いてみたそうだ。

すると、窓の下にメッチャ大きな白い猫が居て

すぐ横の段ボールの中に居たノラにゃんこに

噛みつかんばかりに激しく威嚇していたらしい。


「ノラがやられている!」そう思った夫は

急いで窓を開けると「こらぁ~‼」と怒鳴ったそうだ。

その声に驚いた大きな白い猫は慌てて逃げて行ったのだが

何とノラまでもが一目散に逃げて行ったらしい。

せっかく助けようとしたのに、何のこっちゃない!(笑)

「あの猫はこのあたりの野良猫のボスに違いない❗

だって、めちゃくちゃ大きかったんじゃから❗」と夫。

「あんな大きな猫には、ノラなんか簡単にやられてしまうわ~」

「せっかくボクが用意した段ボールに入ってたのに…」と

ノラのことが心配でたまらない様子。


結局、その後ノラは姿を見せなかった。

夕方暗くなるまで何度も窓の外を覗いては

「やっぱり来んなあ~」とノラを気にしていたオジサン。

「逃げて行ったあと、遠くの方で猫の激しく争う声が聞こえたので

もしかしたらノラと白猫がケンカしていたのかも…」

「ノラは大丈夫だろうか…」

「あんなでっかい猫には敵わないよな~」

「かわいそうに…もう来んかも知れんなあ~」


その日は一日中ノラのことが気になって

私たちは改めてノラの生きているのら猫世界の

厳しい現実に思いを馳せた。

4か月以上経っても人に対して警戒心を解かないのは

こんな厳しい環境で生きているからかも知れない。

のら猫はいつも危険と隣り合わせなのだ。

でも悲しいかな、私たちにはどうすることもできない。

それがのら猫の宿命なのだから…。


「せっかく見つけた食事付きの安全な居場所だったのに

あんなボス猫がやって来るようになったら

もうノラは安心してここには来れんのじゃないかなぁ~」

「でも、お腹が空いたらまた来るかもよ!」などと

期待を込めてひたすらノラを待っていたが…

とうとうその日は来なかった。そして翌日も…。


今までも他のネコがテラスに来たことはあったが

その時はノラが凄い剣幕で追い払っていた。

でも今回は事情が違う。

ノラよりも強そうなメッチャでっかいボス猫なのだ。

いくら最近栄養が足りて太って来たとは言え

あのボス猫にノラは到底敵いっこない。


今頃ノラはどうしているのだろう。

寒空の下できっとお腹を空かせているに違いない。

もうこのまま、姿を見せることは無いのだろうか…?

朝夕ご飯をあげていたオジサンの落胆ぶりは

見ていて気の毒なほどだ。(笑)

いや、笑い事じゃない。

これはノラだけじゃなくオジサンにとっても一大事なのだ。

だって、毎日やって来るノラに会うのが

いつしかオジサンの楽しみになっていたのだ。

たかがノラ猫、されどノラ猫…恐るべし(笑)

ノラちゃ~ん、早く帰っておいで~。

オジサンが寂しがってるよ~。


コメント   この記事についてブログを書く
« 皇帝ダリアが咲き揃った! | トップ | ノラにゃんこのその後 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ノラにゃんこ物語」カテゴリの最新記事