おしょうしな日記 Thanks 101

科学・技術をわかりやすい言葉で解説。「おしょうしな」とは、山形おきたま弁で「ありがとう」の意味。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

米沢藩江戸屋敷&裁判所の色・駅の色

2007-07-22 17:08:31 | 観光グルメ温泉
◆裁判所には色がある。
あまり知られていませんが,裁判所毎に色(カラーリング)が決まっています。
東京高裁は青、知財高裁はオレンジ,東京地裁は緑、法廷は黒、簡易裁判所は黄色などです。

一番最近できた裁判所が,知的財産高等裁判所(平成17年4月設立)で,オレンジにした理由は、その色しかあいていなかったからだそうです。

東京高裁の隣の通称「赤煉瓦」(赤レンガ:旧法務省本館)の立っている法務省の敷地は,江戸時代は米沢藩江戸屋敷(上杉の江戸屋敷)だった。
赤レンガ&米沢藩上杉家江戸屋敷跡地

上杉神社 上杉鷹山 ブログ「深谷ネギ販売所」さん

参考文献:
「1010」,銭湯でもらった雑誌。(米澤藩江戸屋敷)

◆駅の色
京阪電鉄の京都市内地下線にある三条駅(橙)、四条駅(黄)、五条駅(緑)、
七条駅(紫)の駅のカラーリングはいずれも抵抗器のカラーコードと同じである。
設計者の遊び心でこう設定されたという。
京阪電鉄 駅のカーリング
コメント   この記事についてブログを書く
« 山川草木悉皆成仏 Brother E... | トップ | 符号分割記憶・符号分割記録 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

観光グルメ温泉」カテゴリの最新記事