のりピアノ

サラリーマン&ピアノ

家族揃って鑑賞…

2016-07-31 | Weblog

少し余裕が出てきたので、

オカリナ奏者兼ピアノの先生である主催の神鳥しおり先生から

3月にプティ・ポアコンサートのDVDをいただいて

家族揃って初めて鑑賞しました。

ああすればこうすればよかったと反省点いっぱいですが、

懲りずに取り組みたいと思っております。メラメラ☆

コメント

ヤマハCF6 ピアノ選定 掛川工場…

2016-07-29 | Weblog

ピアノを注文してから8ヶ月経ち、ついに選定の日がやってきました。

ヤマハ掛川工場と選定は初めて。



父の介護支援をしながらの長距離運転でしたが、ヤマハアシスタントさん達が出迎え、

車椅子を用意していただき、展示室、選定室へと案内、押してしてもらい助かりました。



人生最初で最後の選定ということで熱を入れました。

まずは、選定室に入ると漆と新品独特のにおいが。。。

特器製作室2人の紹介があり、ピアノ1台1台の違いについて説明。

父母、専属の調律師さん、コンシェルジェさんに聞いてもらい、補聴器やタッチに

受け入れやすいかどうかも含め選定開始。

家にあるマイピアノとは別格の音色と響き。

CFXの弟であるCF6は、職人さんがより腕をかけて最高の技術を注ぎ込んで

作られているので、どれも欠点というのが見当たらないほど選ぶのにとても悩みました。

3台とも持ち帰りたいくらい。。。

1時間かけてじっくりと選定したすべてのピアノは、まさに「素直」でした。

低音から高音まで音域にムラがなく、デュナーミクによる表現の幅がとても広いので、

いつも弾いている曲をいろいろな表現をしたくなる明るく元気なピアノ。

フォルテシモで弾いたときの威厳的で圧倒的なパワーと、

ピアニシモで弾いたとき、石を投げて水面が広がっていく波紋のような響き。

タッチも申し分ない軽さだけどいささか反応もよくて

打鍵のコントロールもしやすく、速いパッセージや繊細した和音の連続など

自由自在に対応出来やすいと感じた。

真ん中がいいなと秘かに決めかかっていたが、父母と、専属の調律師さんと

同意見だったので、仮決定。

譜面台を外してもらい再選定、ぼくの最終兵器であるショパンのエチュード、英雄Pで

仮決定したピアノを本決定にしました。




どれもいいピアノでした。

あとは専属調律師さんが、特器製作室の2人に今後の調律について質疑応答。



工場見学は、手作り工程をじっくりと見に行きたいと思っていたが、

いろいろやることがあるのでパスしました。

お土産にハンマーキーホルダーとお茶をいただき、あとは納入を待つのみとなったが、



コンサートピアノを家でじっくりと弾くのが夢だったので楽しみ。


行きも帰りも初めての新東名でしたが、とても楽しいドライブと選定の一日でした。

コメント

花壇入れ替え…

2016-07-24 | Weblog
5月19日にバネ指を手術して、気がついたら2ヶ月経過しました。



親指の指先を押すとヒリヒリ感の範囲が広かったのが、

いつの間にか狭まるようになり、曲げ時に少し痛みはあるものの、

伸ばし時は全開まで回復出来、普通の生活が出来るようになりました。

手術痕は気にならないくらいですが、コリコリ感がきえるまでにはまだ時間がかかりそう。


オクターブや和音の打鍵時に不安定だった

親指の付け根部分の腱を支える腱を切った部分に力がつくようになり、

少しムラはあるけれど希望が見えてきました。

続けてよかったというより、続けていかないとという危機感を持たないと。

きりり☆✳︎



庭先にぼうぼうと生えている雑草を、久々に指先で恐る恐る草むしりにチャレンジ。

痛みは感じなくなり、花壇の花を母と一緒に植え替えました。

父は日光浴しながら母を少し手伝い。



熱中症に負けないよう、しっかりと栄養バランスをとり暑い夏を乗り切りましょう。



コメント

八丁味噌ソフトくりーむ…

2016-07-16 | Weblog
先日、父の車椅子を準備しますとヤマハ本社から連絡があり、

選定の下見とまでは行かないけれど、

父が遠出に慣れる練習にと三河までプチドライブしてきました。

平日と違って、大型トラックやトレーラーが少なめ。



高速道路が苦手なぼくにとって、神経をすり減らしながらの

安全運転をしました。

刈谷パーキングで休憩。

疲れたというより、こわかった。。。


八丁味噌ソフトに父が大満悦、あまりの美味しさにペロリとたいらげました。



長島スパーランドを通過中に、コースターが急降下の瞬間を母がパチリ。



家族揃ってリフレッシュできたプチドライブを楽しみました。

コメント

半バリアフリー投票…

2016-07-10 | Weblog
家族全員で投票に行ってきました。

投票所に車椅子があったので、使わせてもらいました。

しかし、投票する室内では不便に遭いました。

大きな紙に名簿欄が小さくて読めない父が困り顔。

父のところに援助しようと思ったが、係りの人に車椅子を押してもらったので

任せっきりに なってしまった。

それでも別のところにも大きめの 名簿欄にもあったものの、

読めないのでホワイトボード台ごと記入するところまで

移動してもらいましたが、横しか置けず首も回れず見づらかったので、

政党のみに書いて投票しました。

バリアフリー投票までに不便なところを声を

かけていこうと思った。


コメント

安定しているピアノ…

2016-07-09 | Weblog
シメジメが大キライな補聴器とピアノ、そしてぼく。

梅雨明けのニュースはまだかまだかと首を長くして待っている。

ピアノ部屋では、雨の日など湿度が60パーセント以上とならないよう

気を遣っているが、梅雨時期の真っ盛り、試しに除湿機を止めてみた。

初めての70パーセント越え。

Yピアノの湿度条件は海外と比べ寛容となっているが、音の変化が

少ないように感じとても安定していると思った。



「温度、湿度管理をしなくて問題ない」ように感じた。

Yを何十年以上使い続けているが、Yという音の個性をいまだに

つかみきれないでいる。

もっともわかりやすくて、もっとわかりにくい音と感じているが、

パンチ力もある。

一定の満足を与える力強さをもっていて、手応えや迫力に包まれることが

好きなぼくにとってそれなりの満足感がある。

Yの最大の魅力はなんといってもメイドインジャパン。

確かさを持っている点といえば、設計から品質・耐久性まで、そのすべてが徹底していて、

基本がしっかりしている、品質のばらつきの非常に少ないところ、あらゆる面では

非の打ち所がないと感じた。

それと先月、早いとこ補聴器をメンテしてもらってよかったおかげで、

グランドピアノ特有の響きが補聴器にも良く入るので心身とも心地よい。

補聴器のプログラムチューニングとピアノがマッチしていて運がよく、

ほんとうに苦労した甲斐があった。

今日は時間を忘れてしまうほどたくさん弾いた。

そういえば、タコを食べた。

タウリンが豊富だとテレビで見たので、調子が良く心地よい疲れ。

バネ指の手術後はどうなるのかと心配していたが、本調子にまで戻りつつあるのが

うれしい。


近々の選定と、秋の文化講座に向けて着々と楽しみます。

梅雨にふさわしい曲、ショパンの雨だれ。。。

コメント

梅雨のひと休み…

2016-07-07 | Weblog
今日は有休。

朝から元気で、太陽に負けないほどのギンギラ。

溜まっていた冬物の寝具を洗濯機2台を駆使して早朝から

6枚を洗い、日光浴。

ふかふかの毛布に甘い香りと消えた体臭に誘われてトンボが

ひと休み。


いい香りだのう〜。

家族で警察署に行き、父の運転経歴証明書をもらってきました。

免許証と同じサイズです。


その後、母のメガネが落ちるのでフレーム修正にメガネ店へ。

いっぱい汗をかいている補聴器にもメンテしてもらいました。

内部に汗でいっぱいですねと。

補聴器がないといろんな面で不便が出てくるし、手話通訳もできないので

汗かいたらまたメンテに通います。

コメント