のりピアノ

サラリーマン&ピアノ

ショパン子守歌でソステヌートペダル…

2015-02-27 | Weblog
ショパンの子守歌を弾きたくなった。

弾いているうちに、だいぶ前に読んだことのある

ペダルに関する書籍を思い出した。

そういえば、子守歌をソステヌートペダル使用例を

読み返した。

最低音D♭のキーを音を出さずに準備。

ソステヌートペダルを踏んだ状態がこれ。



弾いてみた。

聞き分けができなかったが、その音以外を止めたら

共鳴音が聞こえてくるのが少しわかった。

効果音について細かいことは説明できないが、父に聞いてもらった。

単音もいいが、もうひとつ増やしてみたらと。

最低音のD♭+A♭で共鳴効果あり。


心地よい響きに眠たくなるどころか、集中力が要求される曲なので

やりがいを感じます。

ソステヌートペダルで、新しい響きに感謝。
コメント

ショパンのフルート&ピアノ新発見…

2015-02-22 | Weblog
フルートとピアノの初デビューから経ちました。

クリスマス、ポピュラーを手がけていましたが、

クラシックにも入れたいと思い、

ブラームスの「眠りの精」にチャレンジしております。

あれよこれよと弾いている内に

楽譜の中にショパンのフルートがないことに気がついた。

ピアノの詩人と言われているショパンは、

その作品のほとんどがピアノ独奏曲ですが、

音楽事典で調べてみると室内楽曲は4曲しか書いていません。

ピアノ以外に楽器がチェロだったと言うのがよく分かります。

しかし、よく見てみると、フルートとピアノがあることを

遅ればせながら新発見。


フルートとピアノのための
「シンデレラ」の主題による変奏曲 ホ長調(遺作)


いつもお世話になっている楽器店に問い合わせてみたら

取り寄せとのこと。

昨年クリスマス前に注文し、今か今かと

待ちわびている間に2ヶ月経とうとしていた。

やっと届いた。



もっと厚いかと思っていたが意外にもピアノピースと変わらない。

たったの5ページ。

気になる値段は、ピースの10倍近くになることにびっくり。

ショパンの作品をすべて読んだので、ページに目をやると

あれ?と思った。

ショパンが書いたの?と思えないくらい書法が違う。

少年期に作曲された楽譜と比較してみたものの、

なぞが多い。

もともとの作曲はロッシーニ。

手に入れた以上は、やはり、シンデレラ物語以上に楽しまないと。

コメント

電気圧力鍋で横についていなくても…

2015-02-15 | Weblog
圧力鍋はガスしかないと固定概念を抱いていた。

ネット新聞記事の広告欄で初めて知った。

電気圧力鍋。

お客さんのレビューを見てほしいと思った。

決め手は

「横についていなくても安心」

練習しながらだとさすがに集中できないので

迷わず買った。



初めて作ったのはぶり大根。



ぶりのあらを細かく解体するのに苦労しました。

今度買うときは魚屋さんにお願いしないと汗。


横についてこなくても、練習できることを実証できた。

時間に余裕が出てきたので、筑前煮も初チャレンジ。


朝から掃除、買い物、練習、お勝手、

練習と調子に乗りすぎてしまい、

あまりの楽しさに休憩を忘れてしまうほどダウンしてしまいました。

扁桃炎の再発…。

電気圧力鍋で横についていなくても便利になったもんだ。
コメント