のりピアノ

サラリーマン&ピアノ

初めての人間ドック…

2010-08-30 | Weblog
ついこの間前までは、まだ若いから大丈夫と安心していた。

だが、気が付いたらもうこのトシ。

早期発見が100%治るのキャッチフレーズに負けて、

自分の身体のためと家族のため、受けることにした。

昨年は脳ドックだったが、脳に異常なしと太鼓判をいただいてからちょうど一年。

人間ドックは人生スタートした。

前日20時以降絶飲食ですを覚悟していたので、今朝起きたときはすごい頭痛が走った。

出発寸前に気分が悪くなり、3回吐いてしまった。が、なにも出てこなかった。

と、少し気分が楽になった。

たぶん寝相から来る眼圧が高かったかも知れない。

いなべ総合病院に到着。

受付で「耳が不自由です 口元がわかるようにはっきりと」と札を見せてお願いした。

ロッカーまで案内してもらった。

着替えて、待合席で待った。

たくさんの看護婦さんと検査技士さんが受診者さんの名前を呼んでいた。

違う名前を同時に呼ぶ時もあった。

けれど全員マスク。

これじゃ無理やと思い、空気で読むことにチャレンジ。

ひとりだけ検査技師さんの何回も呼びかける異変をキャッチ。

僕かもと思い、恥を覚悟して立ち上がった。

あのぉ~、耳が…と説明、カルテに名前を見せてもらったらぼくだった。

よかった。

最初の検査は胸部レントゲン。

無事検査が終わると、待合い席でお待ちくださいと指示に従い、待った。

何度も呼びかける看護婦さんにも異変をキャッチ。

さっきと同じ行動をとった。身長・体重、血圧が終わるとまた待合い席。

別の看護婦さんもまたまた異変をキャッチ。

同じ行動。

ワンパターンを止めるのは自分しかない。

看護婦さんに耳について説明した。

カルテを回覧するときに誰が見てもわかるように、メモシールを貼ってくれた。

別の看護婦さんが、ぼくのところへ寄ってきた。

のりさんですね?

やっと、順番が飛ばされてしまうのではないかという恐怖が解放され、安心した。

いろんな検査があってそれぞれ担当がひとりひとり違うということを

次回に活かす勉強になった。


胃透視の検査の前に、ご一緒に歩いたおじさんから声をかけてきた。

身体の調子はどう?健康そうだねと話しかけてくれてにこやかになった。

毎日30キロサイクリングしてるよと聞いてびっくり。

年齢は55歳と思っていた。

だれが見てもそう思う。

失礼ながらお年はと聞くと、な、なんと75歳。

背筋がぴーーんとまっすぐで歩き方がきれいで、

かっこいいなあと後ろ姿をみていたので、ほんとにびっくりしました。

人間ドックを通い続けて20年になるそうで、おじいさんから元気をいただきました。

すると検査技師さんに呼ばれ、中に入ると、早速白い粉を飲んでと命令。

げっと目を白黒してしまいました。

ゲップをがまんしてねと言われ、ゲップ出る寸前に聞いたのでセーフ。

大きなピンに白いものが…。

バリウムを飲んでくださいと言われるまま、飲む。

おえっぷ…。

一口飲んでと命令。

また一口飲んでと命令。

かんべんして~と叫びたくなるほどの気味悪さに負けじとど根性のり。

ビンの線まで一気に飲んでと言われたときは壊れそうになりました。

機械に乗り、頭が下に向けられると気絶するほどでした。

ぷはあーーーー!!!

なんとか乗り切った。

最後の検査が、診察。

今日の担当は院長先生。

先生に、ぼくの紋所をお見せしたら、口元をわかるように見せて頂いた。

説明がとてもわかりやすかったので助かりました。

検査結果はすべてOK、アルコールを少しは飲んでもいいよって(苦手やわ…)。

肺活量は平均の倍以上にびっくりされ、

定期的に運動しているスポーツは水泳と書いたので、先生がたいへんよいこと、

ずっとつづけてくださいねと無事人間ドックが終了出来ました。

血液検査結果は後日郵送。


受付で会計を済ませ、テーブルで待った。

人間ドック申込者食事付きです。

コーヒー、お茶はタダでおかわり自由です。

定食を持ってきてくれた。

料亭顔負けのすばらしい盛りつけ。

天ぷら(えび2匹、なす、ししとう)、ぶりの照り焼き、

鳥の八幡巻き、サラダ、ごま豆腐、茶そば、漬け物、

みそ汁、フルーツ(メロンとチェリー)、ごはん(おかわり自由)と盛りだくさん。

16時間ぶりの食事をおいしく味わいました。


昼からプール、温泉と半日を満喫できました。

しばらく暑いですが、猛暑に負けない身体作りに乗り切りましょう。

おー!!!

みなさんが健康でありますように。
コメント

要約筆記奉仕員修了…

2010-08-30 | Weblog
時差勤務がきつい一週間でした。

昨日が、市要約筆記奉仕員養成講座の修了式ということで、

起床後、遅れて行った。

会場はいつものところと思っていたが、

ロビーに掲示されている今日の催しを確認したところ、

見慣れない部屋の名前があった。

あれを見なかったら3階へ直行したはず。

初めての展示室。

かなり広い部屋。

恐る恐るドアをそぉ~っと開け、本番さながらのディスカッション最中。

PC受講生にとって1時間は初体験であり、

どうまとめようか、キーボードの打ち間違い、漢字が瞬時に出てこない、

漢字の再変換などいろいろ大変だったと思う。

これはまだまだスタート前にすぎないということ。

修了証を授与してからが本当のスタート。

講師団ひとりずつ、受講生たちにエールを贈った。


打ち上げに全員「紅ほっぺ」へ移動。

テーブルを4つに分かれ、みんなで乾杯。

飲み物を注文、好みがバラバラで20人分をまとめるのが大変だった。

その間に前菜が来た。

次々と料理がフル回転。

おなかいっぱい。

デザートが出てきた。

杏仁豆腐。

これで終わりと思ったら、さらにチャーハンが出てきた。

ちょっと待ってよと言いたくなった。

食べきれなかったものはパックしてもらい、それぞれ持ち帰りました。

杏仁豆腐が一番幸せでした。


要約筆記奉仕員のみなさん、修了おめでとう。

一緒にがんばりましょう。
コメント

PCより格段に速い…

2010-08-21 | Weblog
ipadを使用し始めて、一ヶ月近く経った。

主に、父母が使用している。

僕はソフトウェアの更新とアプリの出し入れ係。

初めからアプリは入っていないので、iTunesを使っている。

MSオフィスをよく使っているが、入っていない。

iworks(マイクロソフトオフィスにあたる)というのを

購入する必要がある。

しかもワードといえばpages、エクセルといえばnumbers、

パワポといえばkeynote。

どれも破格の低価格で、各1200円と安い。

購入する前に、いろいろ調べた。

pagesは魅力だけど、縦書きに対応していない。

他のアプリを調べたら見つけた。

縦書き対応、行番号列番号、総文字数を見やすいようになっている。

また、原稿用紙も対応していたので、これに決めた。

「iText pad」350円だった。

だけど、ワードファイルは未対応なので(文字化けする)、

テキスト保存するとよい。(表と図形はムリ)

このアプリはテキストエディタなので、

小説や作文、講演原稿に十分活用できる。



numbersより先にkeynoteを検討しているところ。

今までに作成してきたファイルの読み込みはできるそう(サイトの説明)。


印刷は、アプリを探している最中です。(wifi環境が必要)

使用しての感想は、PCでウィンドウズを開いて、ワードなど呼びだして

準備完了まで、2分くらいかかっているが、

ipadは3秒以内でスタンバイOKというワープのようでびっくり。

キーボードは画面内で、日本語変換は慣れが必要。

便利な反面、画面はガラスで作られているので落とさないように

気をつけないと。



コメント

今朝は苦しかった…

2010-08-21 | Weblog
ゆうべ38度のぬるま湯で半身浴を

20分かけて、のんびりというより

講演に向けての発声練習をして汗かいた。

今朝、よく眠れたが、いつもの通り起床。

朝食後、突然お腹に締め付けられるような痛みが走った。

トイレに駆け込んだが、あまりの苦しさに、連絡がとれない。


あまりの激痛に、眼から涙が出てしまうほど死ぬかと思った。

30分くらい続いた。

吐き気もないし、大は正常で、熱もない。

携帯を身につけておけばよかったと思うが、

それどころじゃなかった。

簡単にボタンを押せるくらいの方がいいくらい。

しばらく安静にしたが、ちょっとよくなった。

なんでかわからない。

念のため、胃腸薬を飲んだ。

しばらくすると、しかめっ面がたたったのか頭痛になり、

にこにこしにくい顔になってしまった。

いけない。



昼から、桑名市手話奉仕員養成講座に出席した。

街を歩くと、健康の大切さがしみじみ思う。

受講生の中に仲間が見えたので自然と笑顔になった。

講演3時間の講師のお話を聞いて、組織の活動と歴史がよくわかった。

にこやかに語りかける講師の姿を見て、元気をいただいた。



そうぶんからピアノ弾き込みの連絡が来た。

9月30日の午前、中ホールでひさびさの弾き込みなので、全鍵盤と全ペダルを駆使して、

音色を発揮できるように仕込み、スペイン音楽も弾きます。




コメント

アタリバーが出た…

2010-08-20 | Weblog
いつもアイスクリームをたべている

ホームランバー

一箱にアタリが3本も出た。

どれにしようかな。

当たりますように。
コメント

SOSホイッスル…

2010-08-20 | Weblog
会社で震災時支援グッズ配布があった。

聴覚障害者向け。

SOSとは元々は遭難信号であり、「助けて!」を意味します。

ホイッスルの特徴は、

・笛の音が遠くまで届く

・体力があまり必要ない

・少しの息でも音が出る。

子どもから老人まで使えるので身につけたいものです。

地震などで下敷きになったとき、大声で助けを呼ぶと

体力が消耗してしまうから、ホイッスルがあるといざというときに助かる。


試しに、息を大きく吹いて見た。

まわりのみんなが僕に視線集中。

びっくりしたのは音の大きさにまったく聞こえないことでした。

音大きい?

めっちゃ大きいよって。

そっかぁ…。

みなさん、びっくりさせてすいません。



災害があったときご支援よろしくお願いします。
コメント

きれいな夕暮れ…

2010-08-17 | Weblog
ギラギラと照りつけとても暑い一日でした。

青からオレンジ色に変わる空。

この色を見ただけで中学生のころを思い出します。

クラスのみんな、陸上部、運動会で惜しくも敗れたアンカー、恋…。
コメント

ipadで絵本読み聞かせ…

2010-08-17 | Weblog
アプリにたくさんの種類が入っている。

読み聞かせ絵本を見つけた。

とってもかわいいので、ピアノを入れたくなりました。
コメント

ipadアプリは楽しい…

2010-08-17 | Weblog
レシピ1600個入った料理本が無料で、ダウンロード。

フローチャートでわかりやすくなっている。

でも、文字を大きくできないのが見づらい。

悩んだときに、引っ張り出すとひらめくことができるので

うれしい。

コメント

ゴーヤジュース大失敗…

2010-08-14 | Weblog
テレビで、ゴーヤジュースを観た。

アナウンサーがうまいというので、メモせず

うろ覚えで作ってみた。

ゴーヤーは長島町で2本100円と安かったので、

一本を使う。

残り一本は今夜のおかずに決めた。

リンゴと牛乳をミキサーにかけた。

苦みを和らげるため氷も入れた。

できあがった。

鮮やかなグリーン色だが、表面にビールのような泡がたっぷり。

コップに注ぐと、ドロドロ。

一瞬、げっと目を白黒。

飲めるかなとおそるおそる口に運んだ。







まずい!!!

おえっぷを抑えながら、良薬は口に苦しという発想転換で

一滴も残さず飲み干した。

やったぜ。


と思いしや、吐きそうになった。

あかん。

お口直しにあらかじめ作っておいたブラックを飲んだ。

あぶなかったー。

なんでブラックを作ったかというと、

ゴーヤを塩もみして放置するのに10分かかるから、その間に作った。

正解だった。


ゴーヤはやっぱり炒め物に限る。

ということは、アナウンサーがまんしたんかなあ。



というより、一本じゃ多すぎたのが失敗。
コメント

巨峰…

2010-08-13 | Weblog
小学校の次回の読み聞かせ台本を渡しに

読み聞かせボラさんと軽く打ち合わせに木曽岬町へ行ってきた。


帰り際、大きな箱をいただいた。


玉手箱かな?

フタを開けるとジジイに変身しないかと

恐る恐る開けたら、玉がいっぱいついた紫色の果物。

巨峰だった。



とっても甘くて美味しかったです。
コメント

右手が聞こえてこない…

2010-08-13 | Weblog
10月に向けての読み聞かせリハーサル。

小ホールは、お盆休み期間中だいたい空いている。

昨年に続いて今年もリハーサル。

しかも最強のユニット。


デジタルレコーダを舞台でいつも使っているが、

家で練習に使い始めているICレコーダを試しに補聴器につなぎ、聞いてみた。



やっぱり合わない。

サイレントピアノで聞くと音圧が強いのでモーツァルトの高音域を

聞き取ることができて、乗り気が出るのだけれど、

舞台ではまったく音が聞こえてこない。

なんか機械的でキモい音質…。

あかんわ…。

いつものデジレコに戻した。

いつもの通りの音(あいまいな音を今でも引きずっている)だが、

高音域が聞き取れない聞こえない状態での演奏なので、

ほんとうに弾いているのかと不安に駆られながら演奏している。


音符が小さくて読めず五線譜の一行がずれて読譜してしまうことも…汗。

老眼になりたくない。

こうなったら、楽譜を拡大するしかない。


フルコンで弾いて感じたことは、

いつものサイレントで聞いている感覚とは、別世界。

その差を埋めようとしたが、両耳のバランスが悪く精神的に参ってしまった。

また、次の音が浮かんでこないアクシデントになりそうなところが多々あり、

みんなに迷惑かけた。

しっかり反省しないといけない。


きらきら星、家では右手が聞こえてくるのに、

なんでやねんと思いながら第一変奏の右手が止まったりこけてしまった。


サイレントのように聞き取れるようになるまで

マイク位置、補聴器などの組み合わせをいろいろと試行錯誤しないといけない。



今年はじめて、アルコールを飲みました。

ももサワー。

たった3%ですが、さすがに酔っぱらいました。

へろへろと横になり、

しばらく起きあがれず、苦しかったです。

死ぬかと思った。

もう飲みません。

でも、いやなこと忘れました。

がんばります。
コメント

揚げたてのコロッケは熱すぎ…汗

2010-08-10 | Weblog
嵐山にある売店で、とうふコロッケ。

注文したら、お店の人が時間をくださいって。

暑いからこそ少ないだろうなとベンチで待つことに。



揚げたてのコロッケをいただきます。

こりゃ熱いというより熱すぎ。

一枚完食するのに約10分とかかってしまいました。

美味しかったけれど、

めちゃ熱いわ。



リハーサルまであと3日…。

おさらいして寝ようっと。

おやすみなさい。

コメント

京都、嵐山…

2010-08-10 | Weblog
時間があったので、金閣寺を後にして

二条城を通過、

嵐山に着いた。

さっきまでの雨が嘘のように快晴。

日差しが暑いので、帽子を買うことに。

似合わないとわかっていながら買ってしまった。

とうふアイスときなこアイスを食べて涼しくなった。

嵐山をバックにバンザイ。

とてもすてきなところでした。

何回来ても飽きません。

帰りは15キロの渋滞に巻き込まれてしまい、

時間が遅くなってしまいましたが、

無事帰宅することができました。

また、京都、行こう。
コメント

どしゃぶりの中、京都…

2010-08-10 | Weblog
連休始まったばかりなので、

京都へドライブに行ってきた。

前回は方向感覚がマヒしてしまうほど、

ここどこ?わたしだれ?だったが、

今回は見えてきた。

目指すは金閣寺。

現地に着いた頃はゲリラ豪雨。

プリウス内で雨がやむまで待機しようと思ったが、

他に行く予定を考えて、傘をさして出ることにした。

早くも靴がずぶ濡れ。

境内の中にたくさんの観光客が雨宿り。

身体を小さくしながら傘をさすが、さすがに雨漏り。

傘を買い換えなくちゃと思いながら前に進んだ。


ざっざっざっざっ

ぎっしりと敷きしめられた小石を、

靴が沈められていくような参拝道を歩いた。


ぴかっ。

ぴかぴかに光る金色に圧倒されました。

雪、夏晴れを見てきたが、今回は雨の中。

また違った風景を楽しめました。

コメント