のりピアノ

サラリーマン&ピアノ

こんやの曲は…

2010-02-28 | Weblog
よるのおんがくかい♪

   かいじょう ぼくんち

   ピアノ  のり

モーツァルト グルッグのメッカ巡礼の「おろかな民が思うには」による10の変奏曲

シューマン こどもの情景

リスト  愛の夢

ショパン 猫のワルツ
     子犬のワルツ

     エチュード op.10No.1
op.25No.1 エオリアンハープ

グラナドス 演奏会用アレグロ



ふぅ…。

ドビュッシー 月の光


おしまい…。


おやすみなさい。 

    
コメント

ピンクの梅…

2010-02-28 | Weblog
ぼくんちの梅の花が咲き始めた。

いっこめです。

和菓子が恋しくなりました。



コメント

スィーツ的な豆乳…

2010-02-28 | Weblog
ぼくの住んでいる大きなホールが併設されている図書館に行ってきた。

目的はもちろん絵本コーナー。

アカサタナ、がいこくの絵本をわかりやすく区分けしてくれている。

たくさんの書棚から「押すな押すな」と聞こえてきそうな

絵本たちの押しくらまんじゅう。

すべての絵本を読破するのに10年はかかるだろう。

あれ(披露するまでヒミツです)にちなんだ絵本を10分くらいで見つかるだろうと

思っていた。

食い入るように探していたが、結局見つからず軽く1時間も過ぎていた。

帰りに、コンビニへ珍しいものを見つけた。

思わず、え?!!と手が勝手に動いた。

マロンとかストロベリー、きなこを飲んだことあるが、今回はな、なんと「プリン」。

なかなかやりますな。

ちなみにいつ飲もうか予想不可能です。(もったいないから…爆汗)
コメント

桑名恋物語…

2010-02-27 | Weblog
小学校を出て、桑名市民会館へ。

その前にスーパーでお子様弁当を購入。

お腹にちょうどよい。

腹八分目は医者いらずといいましょうか。

13時から開演と思いこんでいたので、現地ではすでに行列。

恥ずかしがり屋のぼくにとって並ぶのは勇気が要る。

入口で張り紙をみると、昼の部に第一部と第二部があり、

「千姫絵巻~桑名恋物語」は14時半から。

1時間半待つことに。

朝早く起床したので車ん中でねんね。

ぐっすり眠れた。

まだ時間がある。

桑名の郊外ショッピングセンターとしてすっかり定着しているアビタで

たこ焼き道頓堀くくるを初めて注文した。

焼きたては美味しいが、あちちち…。

時間が迫ってきたので早速会場入り。

スタッフにチケットを差し出すとなにやら声かけてきたが内容がつかめず、

上の方へとどうぞと手で案内されると同時に1階は満席だと直感。

小ホールと会議室に何度も足を運んでいるが、

大ホールではリニューアルオープンして初めて入った。

あんまり変わらないような感じ…かな。

開演までどんなストーリーなのかを一場から予備知識としてプログラムに

目を通した。

一場がはじまると同時に緊迫した空気が会場全体を包み息をのむほどの恐怖が伝わった。

しかし、肝心のキャストたちの声がまったくつかめない。

ひとりひとりの口の動きを集中して読み取ろうとするが、2階からだと

あまりにも遠くギブアップ。

ストーリーの中からひとつだけ聞き取れたのは「くわな」だけ。

桑名市長が着物姿で登場すると盛り上がりました。

キャストみなさんの迫真の演技に心打たれました。


桑名ですてきな公演が開催できたことがすごくうれしい。

桑名の知名度アップに陰ながらお手伝いしていきたい。



おつかれさまでした。


コメント

学習発表会…

2010-02-27 | Weblog
小学校からお招きいただきました。

いつもはふれあい福祉体験で、横向きにピアノ伴奏しているので、

子どもたちが一生懸命練習してきた手話を最後まで見届けることが

できなかったのが心残り。

今回の学習発表会でのピアノ伴奏は、前回で「聞こえるようになったら」と

質問してくれた女の子が演奏してくれることになり一番前の席を用意してくださった。


子どもたちがいろいろ学んできたことを発表。

全員が整列。

まずは遠くを見つめる前向きな表情に口を大きく動かしハキハキと発声練習。

緊張している雰囲気が伝わってくる。

四字熟語、論語、古文、漢詩、百人一首、英語の発表(ここまでが丸暗記だからすごい)

雪の学校(荘川村の紹介、かんじきについて、冬山の生き物、雪とその結晶の種類、冬の星座)

でのグループ発表。

オオトリである手話コーラス。

最後まで子どもたちが一心不乱に発表してくれたので、盛んに拍手を送りました。

ほんとうに感動しました。



雪の学校で、大人ではようできないいろいろな資料を紹介があったとき、

「なるほど」「すごい」の連発、周囲をあっと言わせるほどの楽しい発表でした。

雪について細かなことを調べたり星座を調べ、博士のようで熱心に聞き入りました。

ピアノ伴奏してくれた女の子をたくさん褒めました。

先生があらかじめ用意してくださった資料と保護者のプチノートテイク。

粋な計らいのおかげで最後まで楽しめることができました。


ほんとうに感謝です。

コメント

きらきら星…

2010-02-26 | Weblog
僕の大の苦手な作曲家は山ほどある。

特にバッハとモーツァルト。

バッハを弾くと、頭がニュルッとするからお手上げ状態。


今日の1曲は、こっそりとモーツァルト作曲、きらきら星変奏曲 K.265。

端整だった頃のクリストフ・エッシェンバッハさんの演奏を

テレビで観たことを懐かしく思い出す。

今から何年前になるかな…。

楽譜の裏に「名前・2年」と記入してあるではないか。

ということは高校2年生に、母に買ってもらい初めて手にした楽譜。

正確な購入日を思い出せないが、記入しておいてよかった。


そんな曲を弾きながらどんなストーリーに仕上げていこうか。

短冊に書いた願い事のように織り交ぜて…。
コメント

創作ホットケーキ?…

2010-02-23 | Weblog
ハチミツを入れてリンゴを煮込んだ。

ミルクの代わりにココア大豆豆乳。

ルンルン♪

フライパンに生地を流した。

ひっくり返した。

しまった…汗。

色がよく似ていて、焼けてるのかさっぱりわからん。

でも、チョコのような香りと甘酸っぱいリンゴよく合って

美味しかった。





コメント

すぐメモる、ポメラ2代目DM20…

2010-02-21 | Weblog
昨年春、ネットのニッケイニュースで新製品情報を見た。

「パッと開いて2秒で起動」というキャッチフレーズの

インパクトが強烈。

どうしようか迷っていた。

例会に参加している難聴協会の会長さんがポメラを入力。

議事禄の記録や筆談ができるので、欲しいと決心。

ヤマダとかエディオンにあるかなと探したがなかった。

インターネット注文しようか迷ったが、踏み切れなかった。

親父の事務用品をよくマルサンへ買い物している。

かゆいところに手が届く商品が所狭しと並んでおり、ぐるぐる回ったら

ガラスショーケース内に、おっ、こんなところにあった。

値札を見たら、あら、ネットより安いじゃんとレジに持って行き

財布を確認したら数千円不足に真っ青と同時に恥ずかしさと情けなさで

赤っ恥をかいた1年前のことをはっきりと覚えている。


半年使用して、突然画面が出なくなり電池を替えてもうんともつんとも言わず、無愛想。

マルサンでおそるおそる説明したら、店長さんがとても親切だったのでよかった。

もちろん保証期間内なので当然タダ。


いつでもどこでもすぐ「メモる」

バックライトはないが、目に優しい。

思いついたときにすぐメモできる。

電池で20時間持つ。(2代目は5時間アップ)

スーツの内ポケットに入る(胸はふくらみますが…汗)

講演資料の作成と仕事のメモ、筆談に重宝しています。

風呂でジッパ付きの野菜保存特大袋に入れ、入力したり校正したり読書したり

している間に自然と汗が出るので半身浴にもなる。

しかし、使用するたびに不便なところが出てきた。

入力できる文字数は8000文字まで。

講演1時間分を作ろうと思うと制限おーばーのため通行止め。

あともう少しだったのにと、文章を見直して不要な部分を要約しているが、

それでも「できません」とポメラ君に拒否される。

仕方なく分割してやっているが、講演の途中で切り替えるわけにいかないし…。

それと、長い文章の途中で電源切るが、再度入れたときのカーソル位置が

最初に戻ってしまう不便さがあった。

どこだっけと迷子になりわからなくなる。


そんなとき、2代目DM20が発表。

昨年と同様桑名警察署の近くにあるビル屋上のかわいらしい特大恐竜が

ひたすら目立つマルサンで購入。

画面が1インチアップ、制限文字数も改善され、講演2時間分もすらすら

書けるようにできるのがうれしい。

また、日付メモができるのが便利になった。

まだある。

QRコードで読み取って携帯電話で見ることができる豊かな発想に脱帽した。
(一部機種によるが…)

まだまだある。

筆談するとき、ポメラ君の向きを変えずテキストデータを相手に見せるときや

口述筆記の内容を確認できるのでびっくり。

他にたくさんの機能がついているので、「キングジム~ポメラ」へ見てくださいね。


今年も講演入った。

僕でいいのかなあ…。

地域に恩返ししよう!!!

11月から続いていた仕事の遅れ分挽回はまだまだ遠いですが、あとひとふんばりです。



写真の左が2代目
コメント

2月なのにチューリップ?!…

2010-02-14 | Weblog
初めて冬咲きチューリップが玄関で

温かく歓迎してくれました。

ぞうさんとくまさんがいらっしゃいと笑顔。

グランドピアノがあり、森のオーケストラみたいです。

春まで待ち遠しいです。



コメント

ナマズカレー?!…

2010-02-14 | Weblog
木曽三川公園へ遊びに行ってきました。

ぼくんちから15分くらいで行けるところですが、

数年前に美味しかったラーメンが食べたいと思い、

寄りました。

メニューを見たら「ない…」

見慣れないメニューを見たらちょっと引っ込みました。

しかし、千載一遇のチャンスなので注文しました。

待ちに待ったカレー。

ミスマッチのようですが、味の方は塩が強めにムニエルで焼き上げた

ナマズを初めて口にしました。

白身魚といっても淡水魚と海水魚の味と食感は断然違う。


うーーーーーーーーーーん、言葉が出てきません…。

ごちそうさまでした。

コメント

ピアノ弾き込みボラコンサート…

2010-02-14 | Weblog
すでに終了していますが、

そうぶんの弾き込みボラによるコンサートリハの模様ブログを

偶然見つけました。

読み聞かせピアノは僕の作品ですが、仕事が多忙のため代理に弾いてくださりました。

三重県総合文化センター
「総文ブログ」
http://blog.center-mie.or.jp/index.php?ID=432



好評だったとメールをいただき、恥ずかしいようなうれしいような…。

弾いてくださったボランティアさんから無事終了できたよと報告を

いただきました。


スタッフ、ボランティアのみなさん、お疲れ様でした。

来てくださったみなさんありがとうございました。


新しい物語にチャレンジします。
コメント

れたすみるく?!…

2010-02-13 | Weblog
仕事で忙しくて新設ラインと悪戦苦闘。

細長い機械ラインに液晶パネルで異常箇所を親切に教えてくれる。

しかし、中身はいろんなセンサ、カメラ、コード、部品など所狭しとぎっしり。

さわっていないつもりなのに汚い手でセンサをさわった感覚に気づかず

自動起動したらブーブーブーとエラー。

爆汗です。

慣れないカタカナ部品名(さっぱり)が出ると似たようでわからん。

いろんな謎を解き明かす楽しさが面白いと同時に品質と安全第一に気を遣う。

仕事が終わるとおおあくび連発。

しかし、おねんねの時間になると神経が高ぶって眠れない今週が辛かった。



母が大事に残してくれた不眠症のしおりを読んでみた。

いろんな方法はあるが、度肝をぬいたのはこれ。

な、なんと「レタスミルク」

すごい取り合わせ。

ミキサーにミルクとレタスをジュースに作ってみた。

気になる味はさすがに「オエっぷ」

だけどひさしぶりにぐっすり眠れた。

ちなみにのりピアノは不眠症ではありませんが…。

今週前半は眠り薬を飲んで危機感を抱いていたから。


レタスに感謝です。
コメント

読み聞かせ…

2010-02-12 | Weblog
僕の代わりに弾いてくださるピアノ弾き込みボランティアさんに

「いよいよ明日ですね、楽しんで」とメールしたら、こんな返事が来ました。

「先ほどまで本番の服と靴を身につけ、ドキドキしながら練習していました。

先週、読み聞かせメンバー全員で「ねずみのよめいり」リハーサルしました。

ストーリーの展開と曲の流れがピッタリなことに全員驚き!

同時に絵もFさん自身とのことで、一同感動しました!

Fさんが伝えたい気持ちになりきって子どもたちに楽しんでもらえるよう弾きますね。

気付いたら亀山から友人知人、今把握しているだけで15人は来てくれるようで、

ありがたいながら緊張してます。」

心が失いそうなくらい落ち込んでいただけに、元気になった。


仕事の休憩中に市役所職員さんからメールが来た。

今年も読み聞かせの講演と講師をお願いできませんかとメールが…。

思わず、喜んでと返事した。


そろそろハノンとツェルニーを少しずつはじめないと。


明日、三重県総合文化センター多目的ホールでコンサート。

僕は出ないけれど、僕の作品がボランティアさんの手で演奏してくれます。


詳しくはサイトへ。
コメント

マスコミ騒ぎすぎじゃないかな?…

2010-02-12 | Weblog
日本の誇りである「トヨタ」がバッシングを浴びている。

昨日までのニュースが「政治のO氏やI氏」から「プリウス」に様変わり。

メディアのトヨタ叩きは、あなた日本人であるのに馬鹿げていないか?

恨みはないが、日本の技術の誇りであるのにもっと冷静に考えてみたらどうだと言いたい。

地球の救世主である未来の乗り物、「プリウス」のブレーキは低速で走行中、

通常のABSが0.4秒で作動のところ、0.46秒かかり、0.06秒長い「空走感」を

感じるという新聞で見た。

テレビでの記者会見の字幕で豊田章男社長も、「抜けた感じ」と認めはした。

0.06秒は、あっという間のタイム。

制動距離は70センチ余分に伸びるらしい。

車間距離を十分にあければなにら問題ないのではないのかな。

ブレーキをもう少し強く踏めば問題はないかな。

プリウスを運転したことがない僕にとって、偉そうなことは言えないが…。

トヨタ各店で車の中のプログラムの変更してもらえるだけで終わり。

30分で済むことなので。

「数値」

たったこれだけの変更のちっっっさなことで

大騒ぎするなんてオーバー過ぎないか。

でも悪いところばかりを取り上げすぎないで欲しい。


ABSについて

アンチロック・ブレーキング・システムで、タイヤをロックさせないシステム。

以前のABSはオプションだったが、いまは安全重視のため僕の知る限り

すべての車が標準装備になった。

ABSのついていない車は、強くブレーキを踏むと、タイヤは止まったまま路面を

滑ることになり、ハンドルがロックされがんばって切っても言うこと聞いてくれません。

と同時に摩擦力を失って制動距離も伸びやすくなり危険であった。

この危険を回避するために開発して生まれたABSは、電子的にブレーキがロック、

スピンしないよう何度も4本のタイヤをバランス良くブレーキを繰り返し、

まっすぐに停止してくれる。

簡単に説明するとポンピングブレーキとして人間の代わりにプログラムが行ってくれる。

先週の週末にドカ雪があり、久しぶりに雪道運転することができた。

急ブレーキやブレーキを強く踏んでみた。

ABSのおかげでまっすぐに停止してくれる。(ただしスタッドレス装着の場合です)


プリウスが発売した頃はほしいと思った。

ブレーキをかけながら発電できるという回生ブレーキが出た頃は、

さすがと地球に優しい車だ。

ガソリン車は油圧ブレーキだが、ハイブリッドは回生と油圧を二つ持つ。

将来の乗り物においてエネルギー節約になるすごい技術なので、

世界で初めて電気半分、ガソリン半分のプリウスを量産したトヨタは

技術大国の日本ではないか。

お客様の要望と意見を取り入れを含めて、いまは3代目。



職場内でのリフトカーは電気モーターだけで、走る時は音がしない。

停止状態からの加速は、いたってスムーズ。

アクセルは足ではなく、押しボタン。

ブレーキはもちろん車と同じ構造。

静かすぎるので、チャイムを鳴らしながら走行している。

なるほど、プリウスの燃費が他の車より群を抜いているのではないか。

ここまで創り上げてきた未来の車を、メディアは自分たちのやっていることが

いかにおかしいか考えてみたら。

ニュース・新聞を見て悔しいが、

日本のためにがんばっている働く人々の苦労をよくよく考えて欲しい。

トヨタだけでなく、あらゆる分野で、我々日本人の誇りではないのかと。


えらそうにいってすみません。
コメント

桑名演劇塾…

2010-02-06 | Weblog
昨年11月に読み聞かせピアノでお世話になったナレーターが、

徳川家康の孫娘「千姫」役で上演すると新聞に載っている。

ナレーターの独特なせりふに息吹が感じるので、

とても幅が広く演技もすばらしい。

27日桑名市民会館昼の部午後1時半と夜の部午後5時半です。

ぜったいおすすめです。


問い合わせは桑名市民会館へ



ナレーターの主宰は演劇集団CーBLENDです。

コメント