のりピアノ

サラリーマン&ピアノ

駅弁?!…ダッシュ…

2009-12-31 | Weblog
今年の干支は丑、つまり牛さん。

のんびり過ごしてくれると思っていたら、そうはいかなかった。

気が付いたら、今日が大晦日。

新聞折り込みのなかにスーパーのチラシ、ちらっと見た。

しばらくして、裏面しか見ていなかったスーパーのチラシの

表を開いたら、駅弁空弁コーナーが…。

カニ、牛肉、いかめし、鱒ずしなど目から鱗の弁当がずらり。

時計に目をやると9時ちょっと過ぎ。

9時から営業と確認し、財布を片手に家を飛び出し直行。

ありますようにと祈りながら大きく書かれた「駅弁コーナー」に到着。

と同時にカニと牛肉類の駅弁は、全滅。

時刻を確認したら、開店したばかりの9時6分…。

しまった、出遅れた。

仕方なく、どれにしようか迷いながらいろんな駅弁をこうてきました。




僕のつまらない日記を読んでいただき

ありがとうございました。


すでに冬将軍が来ています。

あたたかくしてよい年をお迎えください。

みなさんが健康でありますように。
コメント

断じて許せない…

2009-12-30 | Weblog
いつものスーパーへ行った。

なにごともなく店を出て帰宅し、白菜と豚ミンチのミルフィーユを

作った。

ミルフィーユといえば、スイーツに聞こえてきそうですが、

これは立派な夕食のおかず。


調理中になにやら母が漏らした…。


なんて?

スーパーの入り口でいやなもの見てしまった。

なにかあったん?

1歳くらいの子どもが歩いてて、若い父親がその子を蹴飛ばした。

その子が痛そうに倒れ、若い父親の足で踏んだ。

そばで見ていた若い母親が、「そんなことせんときな」というだけで

素知らぬ顔。

その子は泣かなかった。


と母が見たまんまに話をきいて、はらわたが煮えくり返った。

かばうのが普通なのに…。


心ない若夫婦、必ず自分に返ってきます。


どうしてこうなってしまった社会になってしまったのだろうか?
コメント

安永餅…

2009-12-30 | Weblog
桑名生まれだが、僕の好きな名産は

ずばり「安永餅」

若かった頃は、高級品のイメージが強く

なかなか買えなかった。


知人から土産をいただいた安永餅

飛び上がるほどうれしかったが、あれ?と思いながらも

一口一口かみしめて味わった。


あれから長い年月が経った。

忘年会で安永餅について話題があり、市内に店がふたつあるけど

違うって。

違うって味なの?と聞くが、

皮の方。

駅前の古くからある店は皮が薄くてつぶ餡がたっぷり。

国道1号線の店は、皮が厚くて粒あんが少ないと

教えてもらい、いままで知らなかった僕が恥ずかしい。


必ず店の名前を確認して買うようになりました。

これは美味しい。

コメント

恐怖の床屋…

2009-12-30 | Weblog
床屋で理容師さんと話すのが苦手だ。

補聴器を外さなければならず、はさみの音、バリカン、ひげそり、シャンプーなど

床屋でしか味わえない音の空間というのは一度も聞いたことがない。

散髪時はいつも背筋を伸ばし、理容師さんの手の動きに合わせて

顔を自ら動かしている。

20代前半に寮住まいをはじめたころ、初めて床屋に入り何度も話しかけられ、

口の動きを見て合わせようとしたが難聴のこと言いにくかった。

聞こえないことについて通じづらく、えらく困った。

それ以来、できるだけ「話しかけないで」オーラを出す癖がついてしまった。

その代わり、ダンマリの世界になってもう20年以上になる。

その後は、恐怖のひげそり。

あまりのスピード(おそらく音楽のテンポでいうとプレスティシモにあたる)に

切られるのではと悲鳴をあげたくなるほど身体が硬直してしまう。

特に首筋と耳の後ろのところがハラハラする。

無事ひげそりが終わると今度はうつぶせ状態でシャンプーされる。

「洗面台へどうぞ」と言われるまま、顔を洗面台に向け力いっぱい目をつぶる。

そうしないとシャンプーが目に入り、悲鳴を上げること間違いなし。

その際、腹がへこむし洗面台から顔を上げないよう力を抜こうとするが、

目に入らせないことの方が強く、力を抜く方法がわからなくなる。

そこがどうしても力を入れてしまう。

しかし、洗ってもらう時間がやけに長い…。

少しでもまぶたの力がゆるむとやばい。

疲れてきた…やばい…。

はよ終われ、はよ終われと祈りつつ…


そこでシャンプーが終わるとへとへとである。

シャンプー後のマッサージは、こんな風に全身を硬直させてしまった

客へのサービスなのかも知れない。




僕にとって床屋はとてつもなく緊張する場所なのである。
コメント

え?上司がいない…

2009-12-26 | Weblog
ほんとうは昨日で稼働日終了なのですが、

今日は、仕事が大幅に遅れ休日出勤。

しかも早出と残業で半日以上もいた。

夜遅くまでメンバーたちと一緒。

残業中に、さっきまでいた上司がいない…。

メンバーが報告に見えて、え?と…。

先に帰ったらしい。

年末なのに一言ほしかった。

後輩たちがよい年をお迎えください、来年もよろしくお願いしますと…

後輩たちにねぎらいの言葉とよい年をと

明るい笑顔で声をかけました。


疲れたけれど、後輩たちのうれしそうな顔で帰宅できてよかった。



ゆっくり休めるというより、遅れ挽回のため来月に備えて体力をつけなくちゃ。


コメント

子どもたちからの感想文…

2009-12-25 | Weblog
先日、木曽岬小学校の子供たちから

たくさんの感想文が届きました。

とてもカラフルで、かわいらしいお花や動物などの絵を

描いてくれました。

なかには2枚も書いてくれた子も。

うしろからくる車にきをつけてくださんね

と気遣ってくれる優しい女の子に感動しました。





先生から

「子どもたちも楽しい時間を過ごすことができました。

Fさんの努力の様子やふだんの生活の様子を聞いて

子どもたちもいろいろなことにやる気になった子も

多いと思います。

本当にありがとうございました。」

と礼状が添えてくださりました。



そろそろ来年の準備をはじめようか。
コメント

今年最後の活動…

2009-12-10 | Weblog
今朝4時に目が覚めた。

しかもよく眠れた。

しかし、体調が思わしくない。

カレーライスを食べて栄養剤を飲んで再び寝る。

が、しっくり行かないようなので体温計を計ってみると36度4分。

緊張しているのかな不安なのかなといったような不安な気持ち。


木曽岬小学校へ出発。

今までは、ソロコンサートをしていたが、

今回は読み聞かせピアノを、

地元の読み聞かせボランティアさんと町職員と協力で披露することになった。

準備時間はたっぷりとあったのですが、

社協のPCをセットしてもらったら古いバージョンのため、

急遽、手持ちのPCに入れ替えたり、MDのなにかのトラブルがあったらしく、

てんやわんやとあわてているうちに子どもたちが入場するまであと数分

大事なところだけリハをしたが、時間切れ

ぶっつけ本番で挑むことになった。

交流会開始

元気いっぱいの2年生2クラスが入場。

子供たちからの「こんにちは」と元気なあいさつが聞こえず、

ノートティクに教えてもらうと同時に

僕も負けじと元気よくあいさつ

手話を使ってのゲーム2種

どうぶつバスケットで、みんなで輪を作り、それぞれの動物を手話で表すと

入れ替わる(椅子取りゲームに似ている)ゲーム。

僕がだんだんと輪が小さくなるのを見て感動した

みんな仲良しクラスなんだなあと強く感じた。

読み聞かせピアノ

ソロ演奏

ジングルベル

赤鼻のトナカイ

子どもたちからプレゼントはともだちの歌

しかも全員が手話で。

見事、上手に表現してくれました。

曲の中で演奏に一番気を使ったのは、ジングルベル

やっと終わった

次はFさんへの質問コーナー(恐怖といえば恐怖

耳が聞こえないとき、どうやってピアノを弾くのかな

職員が子供たちになぞかけしたら、

女の子が「心で弾く」と

その答えに思わず、すばらしい

拍手を贈りました。

助け合いの大切さの体験コーナーもあり、

子供たちは何のトラブルもなく譲り合っていました。

その気持ちを大切に持ち続けてほしいです

障害をもった人との交流の大切さは前校長先生の趣旨を、

新校長先生も引き継いでくださったので安心できた。

校長室でお茶をすすりながらといろいろなお話を聞くことができた。


帰宅すると同時に、ふっと気力が抜けました。

大根葉っぱを炒めて元気回復です。

いままで弾きたくて弾けず心の片隅にしまっておいた

「エステ荘の噴水」を再開できそう、



…かな。




コメント

職員さんからの感想文…

2009-12-09 | Weblog
先日の職員研修の講義について

いろいろな課の職員さんから感想文が届いた。


すごく反響がよかったと聞いて意外だった。

あのころの文章力が貧弱だったし、コミュニケーション障害が

あったおかげで乗り越えた。

メラビアンの法則を紹介しようか悩んだ。

意外にもみなさん初耳だったようで、窓口での対応に活かしていきたいと

たくさんの声をいただき、うれしかった


付箋を見ると「ご覚悟を」

げっ

海外脱出しよっかな

それとも宇宙へ
コメント

ただものじゃない最中…

2009-12-09 | Weblog
おみやげに最中をいただいた。

ただの最中と固定観念を抱いている。

しかし、予想は見事に外れた。


う、うまい

この最中はただものじゃない。


家族みんな、口をそろえて

「うまい

あまりの美味しさに言葉を失いました。


滋賀県の土産
https://shop.taneya.co.jp/shop/c/c1004/
コメント

職員研修の…

2009-12-04 | Weblog
今日から三連休

先日免許更新手続きを済ませたので、朝からA講習。

前半はOBの講話、後半はビデオ。

一番前の席に座ったので、スタンプを一番早く押してもらいました。

後ろの席へ行くほど待ち時間が長くなります

次回は5年後ですが、初心を大切に、優先意識を持たず、

譲り合いの気持ちを持って安全運転に努めなければと

木曽岬町へ直行

いなべから片道45分かかった。

途中で道路工事に出会い、渋滞に巻き込まれてしまいました。

来週、小学校で読み聞かせピアノの打ち合わせ。

社協の読み聞かせボランティアと職員さんと3名で、ピアノはなかったので

キーボードで流れを説明し、簡単なリハーサルをした

予定よりオーバーし、桑名市へ直行。

外食できる時間がなくコンビニでおむすびをほおばりながら市役所に着いた。

5階の中会議室。

早速PCとアンプ、耳栓など準備。

PC要約筆記と打ち合わせ。

いろんな課からの職員さんたちが集まり、講義開始。

「聴覚障害の多様性とコミュニケーション」

休憩をとる予定でしたが、気がついたら

2時間ちょっとしゃべりつづけてしまいました

みなさん真剣に聞いてくださったので、どうにか伝えることが

できたかなと思いました。

疲れたと言うより、充実できた時間を過ごすことができて感謝です


今夜は、木曽岬町の方にいただいた手作りの大福餅をいただきまーーーす
コメント