熊本から発信です

好きなように楽しく前向きにGO!

11月の写真 ビルの中のクレーン車と雲の中のクレーン車

2018年11月12日 | カメラ

11月の初め、センターでバス停へ行く途中、面白い構図に出会いバッグに入れていたコンデジで撮影

白い雲とのコラボのクレーン車が反対側のビルの壁にきれいに映し出されていた。右を向いたり左を

向いたりしてシャッターをきる。

あっという間に雲の形が変わって景色が一変する。

後日、午前中に所用で同じ場所を通りかかって見上げたらビルの壁の中のクレーン車は

そのままの色、朱色の鮮やかな色で映し出されていた。残念ながらこの日はカメラを持っていなかった。

熊本弁でひとこと

 やっぱ、いつでん、カメラば、持ってさろかにゃんね

 

コメント

八千代座 「坂東玉三郎 映像×舞踊公演」へ

2018年11月04日 | 観劇、ライブ

10月31日八千代座へ。

昨年に続いて玉三郎さんの映像と実演のコラボでの上演。

演目は私の大好きな「藤娘」と「鏡獅子」それに恒例となった「口上」。

「鏡獅子」は10年前に(2008年)に八千代座で全曲とおしで踊られたのが最後だそうで今回は
映像と実舞い。10年前に玉三郎さんの鏡獅子の毛ぶりを観て感動したことを思い出した。

八千代座の公演も再来年が筋目の30年、どんな趣向で楽しませて貰えるか今から楽しみ!

熊本弁でひとこと

 なして、あぎゃん、きれいかっだろかねぇ!

コメント

高齢者の 『きょういく(今日行く)きょうよう(今日用)』

2018年11月04日 | 日常

まさにタイトル通りの一週間だった。

月曜日(29日)から土曜日(3日)まで出ずっぱりの毎日、今日も用事があって今日も外出。
『きょういく(今日行く)きょうよう(今日用)』のフレーズを味方にしてそれでも
ちょっと出すぎかな?とも思いつつの一週間だった。

滅多にないことなので覚えに記録しとこうっと!

  29日(月):手話教室

  30日(火):21期研修会参加 歌声ひろば

  31日(水):山鹿八千代座

  01日(木):ウクレレレッスン日

  02日(金):大学院公開講座 「うつくしいひと サバ?」鑑賞 

         地震で壊れた町の映像に胸が痛んだ。特に熊本城の映像には涙がこぼれた。

  03日(土):「きまぐれ~ず」コンサート 

         あらためて童謡の素晴らしさを感じた。歌詞がきれい~!温かい気持ちになれた
         ひと時だった。

 

 熊本弁でひとこと

  やっぱ、毎日出てさろくてにゃ、きつか~、

 

コメント

映画 「500ページの夢の束」

2018年11月01日 | 映画

久しぶりに街の映画館「デンキカン(電気館)」へ。私はシネコンよりもずっとこの映画館が好きだけど
上映される作品がハリウッド系の作品が少なくついついシネコンが多くなる。でも、シネコンでは上映されない
秀逸な作品がある。

今回の映画は名子役だったダコタ・ファニングの主演とあり、もうひとつは可愛いU^エ^U(ワンコ)も
重要な役割を持っている映画と知ってワクワク。

ストーリーは自閉症の女の子が施設から自作の脚本を届けにハリウッドまで旅するハートフルロードムービー。

旅の途中、様々な出来事があり、その度に成長していく姿が感動的。とにかくワンコが可愛い

どんなに無理と思っても諦めずに前向きに進む勇気が大切と教えられた。

自閉症の症状もわざとらしくなく自然な感じで受け止められた。

何時までも心に残る作品。

熊本弁でひとこと

 むぞらしかった子役が、よか女優さんになって、そぎゃしこ、歳ばとったて言うこったい

コメント

さわ大16期いざよい会日帰り旅行 山鹿温泉「眺山庭」

2018年10月26日 | さわやか大学

秋晴れの25日いざよい会恒例の日帰り旅行へ。

今回は25名の参加者でスタッフ大喜びで準備にあたった。やはり行先がいざよい会としては初めての場所と

いうことも参加者が多かった原因のひとつかなぁと思った。

少しでもたくさん参加者に喜んで貰おうと賞品の品選びや飲み物の準備、会場の「眺山庭」さんとの交渉など

楽しく、美味しく、リーズナブルにをモットーに頑張って今日を迎えた。

グラウンドゴルフ場の天然芝はフカフカして気持ちよく、食事の会場となる部屋からの景色は素晴らしかった。

料理の味も私的にはとても美味しく中でも胡麻豆腐の揚げ出し風の器には感激。

米どころだけあってご飯は抜群だった。

帰りは「道の駅」で買い物、最後は「田原坂西南戦争資料館」へ。

10年来の仲間と一緒の行事参加はいつも楽しく過ごすことができて幸せいっぱいで帰途へ。

熊本弁でひとこと

 やっぱ、出てさろくこつが、年寄りにゃ、いちばんたい!

コメント