のらやま生活向上委員会 suginofarm

自然と時間を、都市と生命を、地域と環境を、家族と生きがいを分かち合うために、農業を楽しめる農家になりたいと考えています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

虫病抑える 回扇車 雨風に動けず

2006年05月09日 | 今年の梨づくり
週間天気予報では明後日から傘マークが連日並んでいます。

さあ、その前に薬剤散布だ、と薬剤散布機(SS)を準備しているのですが、昨日は終日、葉の濡れが乾くことはなく、今朝も濡れたまま。昼ごろには乾いたので夕方から散布したら、今の時間、20時現在、霧雨が葉を濡らしています。明日早朝に別の畑を散布しようと考えていたのですが、困りました……。

どの予報にも レーダーにも写らじ 霧雨は


こう雨天の日が多いと確かに黒星病というナシの病気が気になります。今頃の季節に葉の濡れる時間が長いと病菌が広がります。今回、そのための殺菌剤を散布したかったのですが、雨で流れてしまわなければいいのですが。

        

もうひとつ、幼果をかじるシャクトリムシ対策にBT剤と呼ばれる殺虫剤も散布します。バチルス・チューリンゲンシスという自然界に存在する細菌の作り出す結晶毒素を利用した殺虫剤で、選択的に害虫の殺虫効果を高めた薬剤。

JAS有機農産物でも「生物農薬」として使用が認められています。環境に与える影響は少ないのですが、なにしろ高価。わが家の財布に与える影響は大きい。だから、なおのこと、雨で流れてほしくない……。

シャクトリごときに 高価過ぎるわ BT剤
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 風立ちて やわらかき土湧き... | トップ | 雨後の薬散 オオミズアオ ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Sekizuka)
2006-05-10 17:28:29
>雨で流れてしまわなければいいのですが。



頭の痛いところですね。。。

一般論で言えば、浸透移行性のある剤の方が耐雨性があり、浸透性を高める展着剤を使えばより耐雨性が増すと言われていますが、それでも6時間程は乾いた状態が必要なようです。



http://www.affrc.go.jp/seika/data_kanto/h15/01/15_01_01.html

↑のサイト(そちらの地元なので釈迦に説法かも知れませんが)によれば、黒星病の感染最適温度は18.5℃、必要濡れ時間8時間と言う事ですから、やっぱり治療剤を中心に選択するのが良いんですかね。

(ほとんどの治療剤は浸透移行があるので)
慎重かつ大胆に (suginofarm)
2006-05-10 21:24:49
Sekizukaさま

ご助言、ありがとうございます。



わが家も千葉県農業総合研究センターの指導をいただき減農薬化を進めてきました。今年も前回の散布から3週間程度あけていますが、まだ雨天が続くということでしたので、そろそろ限界かなと判断したわけです。



例年、梅雨前は好天が続き黒星病の春の危険期も過ぎているですが、今年は涼しくまだ黒星病が心配かもしれません。今のところ、黒星の影も見えないので、なんとかなるかなと楽観はしているのですが。



なお、黒星病に関していえば、明らかに薬効を補う展着剤は見つけられなかったという試験結果もあるようです。黒星の治療剤というとEBI剤系でしょうか。千葉県では耐性菌ができないよう多用や安易な使用を慎み、4月と7月の黒星の危険期以外には使用しないよう指導されています。基本的には予防剤を降雨前に散布することのようです。



減農薬化を進めるほど1回ごとの農薬が大事で、散布のタイミングや散布条件を選ばねば。かといって、慎重になりすぎるとどんどん散布回数を増やすことになります。「慎重かつ大胆に」ということでしょうか。
亀レスですが (Sekizuka)
2006-05-15 16:26:47
>黒星の治療剤というとEBI剤系でしょうか。

そうなってしまいますね。

おっしゃる通り、多用するのはまずいですね。

とはいえ、これまた、おっしゃる通り、激発した場合、結局、使用回数が増え、耐性発達にも繋がりかねないのが難しいところです。

私自身は初期防除を徹底した方が、結局、耐性発達を防げるのではないかと思ってはいますが。

コメントを投稿

今年の梨づくり」カテゴリの最新記事