野良サインとそれ以外

本郷三丁目駅のつけたし周辺施設案内サイン

駅の出口付近には、「周辺にある施設の一覧」みたいなものがよく掲示されている。

それ自体は、鉄道会社が決めた「オフィシャルなフォーマットのサイン」であることが多いのだけど、そこに追加情報を入れてみたり、あるいは施設の変更(新設や閉鎖、名称の変更など)に対応するためにシールで上書きしたりする、ということもまた多く見かける。こういう付け足しされた状態のものも「野良サイン」と呼んでいます。

本郷三丁目駅・2008年
シールの数もすごいし、地図だけでも3つもある

サインシステムに基づいて作られた、フォーマットの整ったサインを見るのが好きだったので、このサインに初めて会ったときの第一印象は「あ、営団地下鉄のサインが残ってる。レア〜」というものだった。次の瞬間には、おびただしい量のシールや貼り紙による「つけたし」に視線が移った。あー、せっかくの営団サインを……なんてことを……と思った。当時は。


本郷三丁目駅・2010年
地図と路線図が取り外され、左下の広い余白部分が見えるようになった。

2年後に立ち寄ってみたら、貼り紙(地図)がいくつか取り外されていて、なんだか少しスッキリしていた。
スッキリ……とは言っても、テプラやビーポップでつくられたシールはまだいっぱい貼られているし、本来の営団サインの姿には程遠い。その中途半端な原状復帰のせいか、なんだか賑やかさが失われたような感じがしてしまい、どこか寂しい……。


本郷三丁目駅・2010年
今はもう無いです

見た目の一貫性が全くないし、利用客視点だと困惑すら生みそうなごちゃごちゃ感だけれども、駅員の方が施してきたさまざまな「対処」の積み重ねがこの狭い空間のなかに密集していてそのまま可視化されている、と思うとなんだかすごみが出てくるような気がする。

いま目の前に
  • 「本郷三丁目駅の周辺施設一覧サイン(新品未使用)」
  • 「本郷三丁目駅の周辺施設一覧サイン(駅員による付け足しあり)」
の2つを出され、どちらか1つだけを貰えるとしたら間違いなく後者、もっと言えば2008年時点の状態のものが欲しいですね……。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の「野良サイン」カテゴリーもっと見る