野良猫岡山の糖尿病・奮闘記

糖尿病治療中の36歳です。6年目。糖尿病、糖尿病性神経障害、糖尿病性ケトアシドーシス、高脂血症、慢性膵炎、肝機能障害など

【日立】尿でガン検査

2018年04月16日 | ブログ

日立製作所,尿検体を用いたがん検査に関する実証試験を開始

〜約6ヶ月間の実証試験を行い,尿中代謝物によるがん検査の実用化に向けた研究を加速〜


(株)日立製作所(以下,日立)は,尿検体を用いたがん検査の実用化に向けた,体外診断分野では初となる実証試験を2018年4月より開始する。この実証試験では,臨床情報(がんの有無)付き尿検体の回収から検体搬送時の温度のトレースや時間の管理,液体クロマトグラフ/質量分析計(LC/MS)によるバイオマーカーの定量分析,さらに,がん検査モデルの構築とそれに基づくがんのリスク判別,臨床情報と判別結果との妥当性検討など,一連の解析フローを半年間(繰り返し)実施する。なお,今回の実証試験では,LC/MSによる定量分析についてはシミックファーマサイエンス(株)(以下,シミック)の,解析データの評価については名古屋大学医学部附属病院の協力を得て実施する予定。日立は,今回の実証試験を通して種々のデータを取得して技術課題を洗い出し,尿中代謝物によるがん検査の実用化に向けた研究を加速する。

現在,日本におけるがんの疾病費用(検査,治療費用の直接費用を含む)は間接費を含めると,約10兆円と大きな負担になっている。また厚生労働省は2017年度に閣議決定された「第3期がん対策推進基本計画」に基づき,がんの早期発見・早期治療につながる,がん検査の受診率向上を推進している。そのために,従来の診断法の高精度化だけでなく,がんを早期に発見できる簡便かつ高精度の新しい検査法が求められている。

日立では,尿中代謝物を用いたがん検査の研究を2015年から開始し,2016年6月には尿検体による健常者とがん患者の識別に成功した。しかし,実用化に向けては,健常者の代謝物と比較した際にわずかに存在量が増減するがんに関連するバイオマーカー候補を,効率的に抽出する方法の確立が課題となっていた。

そこで今回,尿中代謝物からバイオマーカー候補を効率的に抽出できる新しいがん検査モデルを開発し,実証試験のスキームを構築した。検査モデルと実証試験に関わる技術のポイントは以下の通り。

1. 尿中代謝物からバイオマーカー候補を効率的に抽出する方法

90%以上が水である尿中にも数千種の物質が存在し,この中でLC/MSを使うことで高精度に測定できる約200種の代謝物に着目した。ここからバイオマーカー候補となり得る物質を,ウィルコクソン順位和検定などの統計的処理とランダムフォレスト法などの機械学習を用いて数十種程度まで絞り込み,さらに診療情報解析や代謝経路解析など生化学的な観点を加味して最終的なバイオマーカー候補となる数個の代謝物を抽出する。

2. 尿検体の採取時間,採取場所,温度帯を管理する実証試験用ITシステム

採取した尿は日立の総合解析センタ(東京都国分寺市)から代謝物の定量解析を行うために,シミックファーマサイエンス(株)西脇ラボ(兵庫県西脇市)にいくつかの温度帯(マイナス温度,2〜8°C,35〜37°Cなど)で送付される。本解析に必要となる各種管理を適切に行うための実証試験用ITシステム(検体管理システム)を開発した。これは,搬送する際の温度管理を行うことができるだけでなく,尿検体の採取時間,採取場所,容器状態も同時に管理するITシステムとなる。将来の尿検体搬送では,検体の漏れ,採取時間,採取場所,搬送温度,搬送時間などの管理が必要になると考え,採取時にスマートフォンで撮影した位置情報付きの検体画像との連携や,GPSと温度情報を送信(1回/1分)する機能を備えた搬送ボックスによる搬送温度のトレーシングを行えるようにしたものである。

なお,がん検査モデルに基づくバイオマーカーの代謝物の定量解析において協力を得るシミックは,薬物動態解析を中心に高度な精度管理が必要となるLC/MSにおける高い技術力を有し,国内有数の解析能力があるGLPに適合した分析ラボを有している。独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)のGLP適合性調査では適合(A評価)を受けており,今回の実証試験のデータ品質を担保することができる。

日立は,今回の実証試験(2018年4月〜2018年9月を予定)を通して,種々のデータを取得して技術課題を洗い出し,尿中代謝物によるがん検査の実用化に向けた研究を加速する。

http://www.innervision.co.jp/products/release/20180601



女性には朗報だと思う。痛い思いをして「乳がん検査」「大腸検査」とか。

内視鏡検査でさえ、しんどいのに。(´・ω・`) おぇっーーーーーって。

しかも「大腸検査」なんぞ!毎年行けるか! (やったことがない大腸検査)


しかも「おしり」は・・・(´;ω;`) 肛門様も激怒しそうだし。「無礼者!控え!控え!」って。




血液1滴、がん13種早期発見…3年めど事業化

 国立がん研究センター(東京都)などは、血液1滴で乳がんなど13種類のがんを早期発見する新しい検査法を開発し、来月から臨床研究を始める。同センターの研究倫理審査委員会が今月中旬、実施を許可した。早ければ3年以内に国に事業化の申請を行う。

 一度に複数の種類のがんを早期発見できる検査法はこれまでなく、人間ドックなどに導入されれば、がんによる死亡を減らせる可能性がある。

 検査法では、細胞から血液中に分泌される、遺伝子の働きを調節する微小物質「マイクロRNA」を活用する。がん細胞と正常な細胞ではマイクロRNAの種類が異なり、一定期間分解されない。

 同センターや検査技術を持つ東レなどは、がん患者ら約4万人の保存血液から、乳房や肺、胃、大腸、食道、肝臓、 膵臓すいぞう など13種類のがんで、それぞれ固有のマイクロRNAを特定した。血液1滴で、がんの「病期(ステージ)」が比較的早い「1期」を含め、すべてのがんで95%以上の確率で診断できた。乳がんは97%だった。

 ただ、保存血液ではマイクロRNAが変質している可能性もある。臨床研究では、患者や健康な人約3000人から提供してもらった新しい血液を使う。

 乳房や胃、肺、大腸などのがんの早期発見では、エックス線や内視鏡などによる検診が有効とされるが、部位ごとに検査を受ける必要がある。

 今回の検査法では、診断の確定に精密検査が必要になるが、同センター研究所の落谷孝広分野長は「いくつものがん検診を受けなくて済む。いずれは、がんのステージや特徴も分かるようになるだろう」と話している。

 黒田雅彦・東京医科大主任教授(分子病理学)の話「欧米でもマイクロRNAを使った病気の早期発見を目指す研究が盛んだが、今回ほど多数の患者で解析した例はなく、非常に有用だ」

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170724-OYTET50018/

 


日立 VS 東レ


(´・ω・`) どっちが実用化に向けて早いのかね?まぁ、今後に期待!


個人でも幾らか解る。血液検査結果で。皆さんもHbA1cの検査に行くでしょ。結果表を見てみて。


 

 

<健常時>

 

LD(LDH)とは、肝臓をはじめ、心臓、腎臓、赤血球などのからだのさまざまな場所でつくられる酵素で、肝臓では通常肝細胞に多く存在し、糖質をエネルギーに変える働きをしています。

 

<異常時>

 

LD(LDH)は何らかの異常で肝細胞が破壊されることにより、はじめて血液中に漏れ出します。
その数値が高いということは、それだけ肝臓が障害を受けているという状態を反映しています。進行したがんや気づかれずにいた転移性肝がんなどで上昇することがあります。

 



今朝の血糖値です。109(mg/dl)です。インスリン薬物中毒患者としては「問題ない」かと。

 


また更新します。皆様もご自愛ください。




 


「お兄ちゃん、昨日、〇〇ちゃんとデートしたでしょ!」「(゚д゚)!なぜに?あっ!喋ったな・・・あれほど・・・」


(´・ω・`)重症糖尿病患者(35歳)と妹の連れ(23歳)と映画を・・・。いかんのか!!!!!!!!?


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« コーヒーは予想以上に代謝に... | トップ | 糖尿病が原因のがんは28万例 »
最近の画像もっと見る

ブログ」カテゴリの最新記事