たすくの空中散歩

七草店主、相沢たすくの農作業や工作や
日々の一喜一憂を記録していきます。

2月の振り返り~人力籾摺り機制作日記ver3.0

2013年05月19日 20時40分23秒 | 一喜一憂

あの人力籾摺り機が、さらにバージョンアップしました!

その人力籾摺り機→http://blog.goo.ne.jp/nora_tasuku/e/444254dc0700af079d55a8bbe9fd5b9f

前回の籾摺り機の弱点は、使っているうちに溝が減ってきて、スベスベになってしまうこと。
というわけで、今回は摩擦面に金属製の網を張ってみました。


金属製の網ならなんでもいいのですが、今回はちょうど使いふるして穴が空いた篩いの網があったので、切り取って使いました。


木枠をつけて、もう片方の摩擦面にはゴムスポンジをつけて…


まずは小麦でトライ!
少ない力で、みるみる殻が取れていきます!


お次はタカキビ。


ゴリゴリやって、風選別すれば…


やったー!大成功!

ちなみに手作業で精白した雑穀は、食べれる部分の皮が綺麗に残っているので、一般的に売られている、機械精白されたものとは別物なんです。

米の籾は強いので、前回の二代目の方が向いていますが、殻の比較的取れやすい麦やタカキビの籾摺りにはこちらの方が効率も耐久性もあって良いです。

夢の万能籾摺り機目指して、探求の旅は続きます。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« きなこーひーをつくってみた | トップ | 3月の畑振り返り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yume)
2018-05-10 02:09:01
初めまして♪
籾摺り機はどうなりましたか?
続きに興味があります!!

人力の籾摺り機を調べていたらここにたどり着きました。素晴らしい日々を送ってますね~♪
Unknown (相澤)
2018-05-10 20:54:51
コメントありがとうございます。
実は、その後、手回し式のもみすり木臼ならぬ、もみすりゴム臼をつくり、まあまあだったのですが、やっぱり手回しでは大変なので、電動化したのですが、やっぱりまあまあ以上のものにはならなくて、一旦研究ストップしているところです。
今後も人生の課題として研究していくと思いますし、記事にもできれば、と思っております。
申し訳ございませんが、気長にお待ち下さいませ。

コメントを投稿

一喜一憂」カテゴリの最新記事