goo

昼食は「うめや」から「たけや」に変更になったのだ。

 影や夕日のどうでもいい報告で、1週間遅れとなってしまったのだが、先週の木曜日のことだ。

 飯坂の帰り、「昼はどごで食うがなあ」と思いながら飯坂街道を南に進んだのだ。「そう言えば南沢又に『うめや』っていう店があるって、誰が言ってだなあ。」ということで、ナビを「うめや」にセットし、南沢又方面へと向かったのだ。楽しみである。

 ところがである。な、なんと「うめや」は定休日だったのだ。しかたない。「うめや」はこの次のお楽しみということで、別の店を考えることにしたのだ。

  「そうだ。お客さんのHさんやJさんが、森合の『たけや』を薦めていだなあ。」

 ということで、「たけや」で食べることにしたのだ。「たけや」は何度もこの前を通ったことがあるので、ナビは設定しない。ただ、車が店の前に来た時に気が付いたのだ。

  「駐車場はどごだ?」

 暫く行くと駐車場の案内が・・・。そして駐車場に行ってみてびっくりだ。

  「あんな、ちゃっこい店なのに駐車スペースが6台もあんだなぁい。」

  「今日の昼は松竹梅で言うと『うめ』から『たけ』になっちまったのだ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夕焼け

 7:15、西町陸橋を東口から三河町方面に車で降りてくると、写真のような綺麗で変わった夕焼けが見えてきたのだ。なんとか写真に収めたいと思ったのだが、運転中なので写真を撮りたくても撮ることが出来ないのだ。

  「何とがして、撮りでなぁ。『ヨークタウンに車停めで、撮るしかねえがなあ』。」

 と、思って運転していると、ヨークタウンの所の信号機が赤に変わったのだ。

  「お、ここで撮っぺ。」

 ということで撮った1枚が、この写真なのだ。それにしても見事な夕焼けだ。

 ところで、私の瞼の傷の件だが、五十辺にある外科に行ってみたのだ。医者の「1週間位かかっかなぁ。とりあえず3日位したら来てみてください。」の一言に、

  「え~、そだに大袈裟な傷なんだあ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏至の影(夕方編)&瞼を切ってしまった

 今日も影の話だ。
 前回のブログでは夏至を実感するために、影の短さを写真に収めたのだが、そのブログで「今度は夕方に影を撮ってみる」と書いた手前、本当に夕方に写真を撮ってみたのだ。写真を撮った時刻は土曜日の4:30だ。

  「4:30でもこのくれ影が長いんだごっちゃ、あど1時間あどだど もっと長ぐなっぺなぁ」

 この考えが甘かったのだ。

 1時間位ゆっくりとくつろいでいると家人が「曇ってきて、影なんか出てないよ。」
慌てて、外に出て自分の影を見たのだが、

  「ありゃあ、影ねえ。」

 と、いつもならここで終わりだが、追加すべき報告事項が昨夜発生したのだ。
 実は、昨夜10時頃、ちょっとした不注意で家具に瞼をぶつけて、瞼をぱっくりと切ってしまったのだ。痛くて、それなりの出血。それで慌てて得意の夜間急病診療所へと行ったのだ。

 「2・3針、縫わねどだめがなぁ」と思っていたのだが、なあに、治療用テープ2枚貼っただけなのだ。大事に至らなくて良かったと思ったと同時に、ちょっと大袈裟にしただけにちょっとかっこう悪かったのだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏至を実感するために・・・

 夏至から2日経ってしまったが、どのくらい太陽が真上に来て、自分の影がどのくらい短いのかを知るために、このような写真を撮ったのだ。長さを比較する為に、ゴルフクラブ(ドライバー)を置いてみたのだ。

 2013年7月15日にも、影を撮ったブログがあるのだが、撮った時期が7/15の夕方ということもあって、影が長くなっていたのだ。なので、同じ条件で比較する為に、今度は夕方に影を撮ってみることにするのだ。

 今日のブログはこれだけなのだ。「夏至だもん、影が短けのはあだりめだべ」っていう批判が聞こえてきそうだが、

  「んだって、影がどのくれ短けぐなっか興味があったんだもの。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

朝方はやっぱし涼しいのだ&月曜の「食皇」は麻婆Dayなのだ

 出勤する時間は結構涼しいのだ。なので、半袖にするか長袖にするかで迷うのだ。それでも日中はそれなりに暑くなるので、いつも半袖を着ていくことにしているのだ。

 午前中は安達町のWさんの所だ。そこに着くや、

  W「回り道さん、半袖で寒ぐねがい。」

と、周りを見回すとそこに勤めている全ての人が長袖や上着を着用しているのだ。うっそーと思いつつ、

  私「ちょっと涼しがも知んにげっちょ、日中は25度くれになるって言ってだがら半袖着てきたんだぁ。」

と言ってはみたものの、半袖では何となく肌寒い。

  W「ところで、回り道さんのブログ見でだげど、回り道さんが高柴山に行った日にうぢの息子も高柴山に行ったっつけな。寒いって言ってだっけな。」
  私「へぇ。息子さんも行ってだんだあ。」

 昼ご飯は以前行ったことのある二本松市の「食皇」だ。月曜日は「マーボーDay」といって、麻婆丼が500円で食べられるのだ。なので、お昼は「食皇」で食べることに決めていたのだ。

  「昼ご飯がワンコインで食べらっち、有難で。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「包龍」でランチ&「ゆかし」という方言

 先週金曜日の午前に、郡山市の「うすい」近辺で用事があったのだ。用事が済んで昼は福島に戻って食べても良かったのだが、折角郡山に来たというともあって、郡山市で昼ご飯を食べることにしたのだ。
 ということで、「包龍」という中華料理店で麻婆豆腐を食べたのだ。どこで食べるかをネットで「郡山市 駅前 ランチ」で調べたら「包龍」が上位に出てきたので、ここに決めたのだ。1時過ぎの入店だったのだが、場所がいいのか、ポツラポツラとお客さんがやってくるのだ。ビックリだ。

 ところで、お客さんの中にかなり高齢の男性Mさんがいるのだが、そのMさんとの会話。

  私「体の調子はどうですか?」
  M「脚の方がぁ、リハビリに行ってんですけど、ゆかしくてぇ。」
  私「そうですかぁ。」

 「ゆかし」なんていう単語を聞くのは久しぶりだ。というかいまだに使う人がいるなんてビックリだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高柴山はすでにツツジが散っていたのだ。

 
 矢大臣山下山後直ぐに、小野町の高柴山へと向かったのだ。高柴山へは2007年の6/2にZ会登山クラブのメンバー8名で行ったことがあるのだ。その時はツツジが満開だったのだ。なので、今回も

  「矢大臣山は散っていでも、高柴山では咲いでっぺえ」

 くらいの安易な考えを抱いていたのだ。

 高柴山駐車場に2時頃到着すると、さすがに高柴山だ。10台くらい車が停まっているのだ。人気のある山なのだ。いざ登ろうとすると、矢大臣山と同じくここでも風が強い。

  「山頂もこんな調子で風が強いのがなあ。」

 山頂に着くと予想的中。強風。しかも、ツツジなんかほぼ咲いていないのだ。

  「ツツジも咲いでねし、風も強いし、さっさど撤退すっぺ。」

 本当は、ここで(レトルトだが)カレーを作って昼ご飯にするつもりでいたのだ。が、ここでは寒くて食べられず、そのまま腹ペコのまま自宅へと辿り着いたのだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

矢大臣山登山

 4日(日)に小野町の矢大臣山と高柴山に登る予定をしていたのだ。二つの山を登るということで、朝7:30に家を出発する予定をしていたのだ。ところがである。前日に飲み過ぎたため、目覚めたのは7:40だ。しかも二日酔いだ。

  「うわー、やっちまったぁ。しかだね、ちっとのんびり出がげっとすっぺ。」

 そんなこともあって、矢大臣山登山口に着いたのは10:30だ。歩き始めてから1時間10分位した頃、妙齢のご婦人3人組が下りてきた。「こんちは~」というと、「こんにちは~、山頂は寒かったです~。」という3人組の返事。11:45、山頂に着くと成程風が強くて寒いのだ。

  「こだに寒いんでは、さっさど下山して、高柴山に行ぐべ。」

 しかも、山頂には「マムシ注意」の看板が・・・。

  「マムシに噛まっち死ぐのはいやだなあ。」

 ということで、おにぎり1個を食べ、そそくさと山を下り始めたのだ。ちなみに、1週間前に矢大臣山のツツジが散り始めたという情報を得ていたのだが、その通りだったのだ。がっかり。
 
 高柴山の報告は次回に・・・。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ふくしま山車祭り

 「ふくしま山車祭り」に行ってきた。ほんとは行きたくなかったのだが、年上の知人Nさんに「俺出っから、見に来て。そんで8時半に終わっから、そのあど一緒に飲んぺ」って誘われたので、仕方なく出掛けたというわけだ。

 ただ、最後の飯坂けんか祭りが山車を引っ張るだけでなく、山車がぶつかり合うので、そのけんか祭りの迫力には感動したのだ。

  「山車祭り見に来ていがったぁ。今度は本場のけんか祭り見でくなったぁ。」

 さて、その後Nさんと飲んだのだが、ちょっと調子ずいてしまい店を出たのは12時を過ぎてしまったのだ。

  「しまったぁ。明日、山に登んだっけ。うっかりしったい。」

 ということで、山登りの話は次のブログで・・・。
 ちなみに、写真は特別参加の盛岡さんさ踊りだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )