goo

「文助」が「小町」に変わっていた

 先週の土曜日にPさんに新町の料理屋「小町」でご馳走になったのだ。「小町」は昔「文助」だった所だ。「文助」には2度程行ったことがある。Pさんによると、「小町」は出来たばっかりの店だそうだ。また、ここの女将は土湯温泉・向滝の娘?だそうだ。そんな先入観があるせいか、

  「出てくる料理、なんだが旅館の料理みでだ。」

 まだ喉の調子が良くないので、ビールがちっとも進まないでいると

  P「遠慮しねで、飲んでくんにゃ。」
  私「遠慮してるわげでねぇげっちょ、喉がいでくて・・・。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

茨城県観光


東横インを後にし、第一の目的地の「偕楽園」へ。8時半に到着したため、駐車場もすいていたのだ。東門からの散策となった。
「いやあ 広くて凄いなぁ。こんじゃ梅畑みでだ。」
9時に好文亭を見学し、売店でお土産に「なっとうせんべい」を購入し、次の目的地の笠間稲荷へ。




日本三大稲荷の「笠間稲荷」。三大稲荷というからにはもう少し広くて大きいのかと思っていたのだが、思いのほかだったのだ。それでも念入りに参拝し、昼食にすることにしたのだ。何処で食べるかは、事前に調べておいた「ワスガゼン」に決めていたのだ。しかも、食べるのも決めていたのだ。それはローズポークソテーのワンプレートだ。茨城に来たのでローズポークだ。
「ローズポークのソテーを昨日も食って、今日もまだ食うのは何だがなぁ。」




観光する目的地の最後は「国営ひたち海浜公園」だ。咲いている花は水仙なのであまり期待していなかったのだ。どうせ行くならゴールデンウィーク時のネモフィラか10月のコキアの時期だ。
「そのじぎになったら いづがまだ来っぺ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

茨城県観光前日

連休を利用し、水戸偕楽園へ観光に行くことを予定していたのだ。とりあえず、19(土)は水戸市のホテルに宿泊し、水戸市内で飲食することにしたのだ。



2時半に福島を出発し、水戸へと向かったのだ。と、その前に、那珂市の「木内酒造」に立寄り、日本酒・ビール・梅酒を購入。梅酒はビールを発行させたものをベースにしたものだという説明。

「珍しごど。これは買うしかねぇべ。」




6時頃、宿泊先の「東横イン」に到着。若干の休憩の後、予約していた「酒趣」へ。なぜ「酒趣」にしたかというと、ここでは「メロンカレー」が食べられるからだ。勿論カウンター席だったのだが、結局、ここに予約して正解だったのだ。すごく落ち着いて飲めたからだ。納豆のかき揚げ・ローズポークのガーリックソテーなど水戸ならではの物を散々食べ、いよいよ目的の「メロンカレー」を注文したのだ。食べてみて、なるほどメロンだ。
そのメロン風味のカレーを食べていると、カウンター内の年配の人が、
「茨城はメロンの消費量が日本一なんですよ。」

「へぇ、知んにがったぁ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

身の危険を感じるくらい辛いカップ麺を食べた

 午前中に伺ったお客さんの所での会話。
  客「回り道さんは、辛いの好きなんですよね。俺~、ファミマで、凄ぐ辛いカップラーメン見つけたんすよ。うる星やつらの『ラムちゃん』のやつなんです。」
  私「へぇ~。」
  客「辛いって言うより、痛いっていう感じなんです。結局食べらんにがったんすよ。」

 そういうやり取りがあったので、それ以後、仕事中ずっと「ファミマ、ラムちゃん」という呪文が頭の中を駆け巡っていたのだ。

 仕事が終わり、直ぐに野田町・高湯街道にある「ファミリーマート」へと向かったのだ。そのラーメンは直ぐに探すことが出来たのだ。エースコックから出ている「シゲキたりてるっちゃ?」というものだ。

  「どのくれ辛いんだべ?」
と楽しみにしていたラーメンを食べてみたのだ。

  「うわー、べろ、しびっちゃ。」

 結局、そのラーメンを1/3食べたところで、食べるのをやめたのだ。というのも、食べる気になれば食べられたのだが、何となく身の危険を感じたからなのだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

金剛水

 我が家にはパナソニックの「アルカリイオン整水器」がある。ある時以来、我が家では飲食に使う水には水道水を使わないのだ。

 そのある時とは、今から20年くらい前だ。あるお客さんのTさんに
  「桑折に金剛水っていうのがあって、癌のあった人がその水を飲んだら、癌がねぐなったんだど。」
と熱心に金剛水の凄さを説明されたのだ。もっとも金剛水を掘り当てた経緯も説明したのだ。
それで、Tさんに金剛水の売っている場所(香村工芸)を聞いて桑折町へと向かったのだ。

 その時は地図を頼りに目的地に着いたのだ。今回はナビを頼りに行ったのだが、なかなか目的地に着かなかったのだ。

  「20年前、よぐ地図だげで来らっちゃごど。」

 多分その時は20リットルで5,000円だったような気がするのだ。あんまり高いので、それ以来、自宅に浄水器をつけるようになったというわけだ。
 ちなみに、母の腸にポリープがあったのだが、金剛水や浄水された水を飲んで以来ポリープが消えたのだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

生存してました

 暫くブログをアップしてなかったので、
  「あいづ 死んだんでねえのが」
と思われた方もいたのでないのか。ところが残念ながら生きていたのだ。

 確かに、2月は忙しく、疲れが取れず、だるくブログを書く気力もなかったのだ。3月になってからは会社を1日半も休んだりしたのだ。

 今の症状は口の中の上部分が痛い程度で、食べるのも少し食べられるようになったのだ。

 なので、また少しずつではあるがブログを書くつもりだ。

 写真は、口の中が痛かった時に行った東中央の「やすた耳鼻咽喉科」だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )