goo

大雪の後は徒歩通勤しています。

 今週の月曜日から歩って、職場まで通勤している。

 事件は土曜日の午前中に起こった。
完全週休2日の我が職場だが、インフルエンザ等で仕事が遅れ気味だったので、その遅れを取り戻そうと、この日は雪の中、朝から職場へと向かったのだ。

 10時頃、仕事をしていると、家族から
「カーポートぼっこっちゃぞぉ。」
との電話。

 私も

  「このゆぎだもの ぼっこっちゃってしょね。それより、車置いでおがねで良がったぁ。車、出さんにぐなっちまうどごだったぁ。」

という事で、自宅に車を置くことができないので、今は車を職場に置いて徒歩で通勤しているのだ。お蔭で体重が1キロくらい減ったのだ。

もっとも、明日カーポートの撤去が行われるので、また来週から車通勤だ。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

瀬上から4号線を南下したが・・・。

 大雪の降る土曜日の午後から瀬上だった。駅の西口にある職場から西道路を通って、何とか30分で瀬上のお客さんの所に着いたのだが、道路状況が凸凹していてひどかったのだ。

 それで、4時にお客さんの所での仕事が終わった時に、

  「4号線の方が通行量が多いがら、道路状況も良いべぇ」

と安易な決断をしたのだ。これが過ちのもとだったのだ。通行量が多い分、渋滞で車が動かないのだ。6時頃どうにかこうにか「讃岐うどん 丸亀製麺」に着た頃、急に尿意をもよおしてきたのだ。そういえば、職場を出かける1時にトイレにいったっきりだったのだ。

  「う~、むぐっちまう。」

という事で、急きょ文化センターで用をたすことにしたのだ。ちなみに、6時半頃だったのだ。

ちなみに、写真はスッキリした気持ちで「さんかく床屋」の所で信号待ちをしている時に取ったのだ。

  「ところで、渋滞している人達はオシッコ方は大丈夫なんだべが。他人の事だが心配だ。」
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

10日の暁まいりより翌日の福男福女

 今年も暁まいりに行ってしまったのだ。

 何年も行ったし、今年から行かないつもりだったのだ。
ところがお客さんが「去年まで毎年行ってで、こどし行がねど、何が悪りごど 起ぎっかもしんによ」と脅しをかけてくるもんだから、今年だけ行くことにしたのだ。
来年からはよっぽどのことがない限り行かないのだ。

 いざ登ってみると、あれ程大雪が降ったのに登山道には雪はないのだ。誰かが雪掃きをしてくれたようなのだ。

 「暁まいりの人のために ボランティアの人がゆぎはぎしてくっちゃのがなぁ。」

 その雪掃きの謎が今日ニュースを見て解けたのだ。今日11日に「福男・福女競争」があるので、その競争のために雪掃きが行われたのだ。
去年からメインが10日の暁まいりではなく「福男・福女競争」になってしまったのか?そんなことを思うと何となく本気で来年から暁まいりに行きたくなくなったのだ。

 「ほんとに来年からは行がねはぁ。」

 ちなみに、写真はFTV東側にある「暁まいりの臨時駐車場」だ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大雪の中飲みに行った。

 土曜日はすごい雪だった。実は、夜にプライベートで飲みに行くことになっていた。ただ、ひどい雪の中なので、プライベートでもあるし、飲みに行くのをやめてもよかったのだ。

  「こだゆぎ降ってる日に 飲みに行ってるやづなんていねべぇ。」

と思い、街に繰り出したのだ。ところがどっこいだ。多分いつもよりは少ないものの、酒飲みはどこにでもいるもんだ。それなりに賑わっている。

 店の中で飲んでいると、外の雪の具合が分からない。2次会はいつも行っているスナックなのだが、12時になる頃ママさんが

  「回り道さん、そろそろ帰っぺ。」

 ママさんもこの雪なので、帰りのタクシーがあるかどうか気になっているらしかったのだ。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

やぶらこうじ

 庭坂(免許センター方面)で仕事だ。八島田街道には雪が無くなっていたのだが、庭坂地域に着くや、一面銀世界だ。道路もそれなりにツルツルで、信号で止まろうとブレーキを踏むとガリガリッとABSが作動している音がする。ABSが作動している音を聞くと何となく焦ってしまうのだ。

  「話には聞いでいだげっちょ、にわさがっちゃ ゆぎが多いどごだない。」

 話は、全く変わるが、「現代のベートーベン」こと佐村河内(さむらごうち)氏が今話題になっている。この「さむらごうち」という名前の響きが、私の心にすんなりと入ってくるのだ。なんでかなぁと、よくよく考えてみると、全国的に馴染み深い名前の「やぶらこうじ」に「さむらごうち」が似ているからだ。

 え、「やぶらこうじ」って、そんなに馴染み深くないですか?もっとも、その続きがあって、「やぶらこうじ の ぶらこうじ。ぱいぽぱいぽ」って続くのだ。

 しばらくは「やぶらこうじ」が頭から離れそうもないのだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )