goo

夕日を見ようと遠回りしたのが裏目に・・・

 新潟観光の続きである。

 「とんかつ太郎」でたれかつ丼を食べた後、「萬代橋」まで歩ってみたのだ。なぜか。当然のことだが、新潟ブルースの歌詞に出てくるからだ。その後、新潟ブルースつながりで「古町通り」をぶらぶらと歩ってみた。思っていた以上に静かだったのには正直、びっくりしたのだ。

 再び車に乗って、「旧斎藤家別邸」に行ったのだ。今回一番行ってみたかった所だ。というのは、紅葉が綺麗だという情報をネットで得たからだ。そのネット情報は期待を裏切らなかった。

  「金もぢの 庭っちゃ すごいなあ。」

 続いて、お決りの「マリンピア日本海」へ。
帰りは、日本海に沈む夕日を見ながら山形経由で帰ろうと北上したのだが、陽はすっかり沈んでしまっていたのだ。
何のことはない、ただ暗闇を遠回りして福島に向かっただけなのだ。

  「俺、何やってんだべ。」

おまけに山形県米沢市の「栗子トンネル」に来た時には、トンネルの天井板撤去工事で30分も待たされたのだ。

  「次の日も休みだげっちょ ちょっと疲れすぎだ。」




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

たれかつ丼

 連休だったので、急遽

 「新潟にでも行って、観光してみっかなあ。」

という思いが湧いてきたのだ。ということで、観光地やグルメなどをネットで調べ始めたのだ。特にグルメでは「たれかつ丼」が名物という事が分かったので、昼食は「とんかつ太郎」のたれかつ丼にすることにした。

 福島を9時半ころ出発し、目的の「とんかつ太郎」に12時チョイ過ぎに到着した時には10人位の行列が出来ていたのだ。

 「こだに並んで いんのがい。30分位待ってなんねなぁ。」

 そうは思いつつ並んだのだが、思いのほか10分位で入店でき「かつ丼」を注文したのだ。思い起こすと、「タレカツ丼」を食べるのはこれで2回目なのだ。前回は昨年の秋、苗場の「越後屋」で食べたのだが、「山本さん」の記憶しか残っていなかったのだ。で、今回はじっくり味わったのだが、会津のソースかつ丼に慣れ親しんでいる人間にとっては、「たれかつ丼」は微妙だ。

 「ご当地の名物を一回食ったがら あどは いいべ。」

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

瀬上近辺でのランチ

 午前中が旧伊達町、午後一で瀬上のお客さんの所に行くことになっていたのだ。ということで前日から

  「昼はどごで 食うがなぁ。」

と優柔不断の私は悩みに悩んでいたのだ。候補として「ロイヤルインドレストラン」、「みそ壱」、「中華さくら」と今まで行ったことがある店を考えたのだ。職場のAさんに候補を挙げてもらったところ「鎌田食堂」はどうかという事だったのだ。

 結局どこで食べるか決まらず、午前の仕事が終わったのだ。

  「どうすっかなあ。もう昼だし、とりあえず『いちい鎌田店』の駐車場に車停めで考えっか。」

と、車を駐車場に止め、車の外に出てみると、眼前に「とらや」の看板が・・・。そういえば、3年前ではあるが「とらや」で食べたことがあるのだ。結局「とらや」でペペロンチーノを食べたのだが、性格的にやっぱり前もって食べる場所を決めておくべきだったのだ。

  「この辺地区でどっか穴場な店、あっかなあ。」


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ほんとに辛かったラーメン店二階堂の「赤そば」

 福島市笹谷にあるラーメン店「二階堂」でお昼になった。2度目の来店だ。前回は支那そば(しょうゆ味)を食べたので、今回は違うものを食べようかという事で、「赤そば」を注文したのだ。というのは「赤そば」だけはメニューに写真が載っていたので、この店のお勧めのメニューが「赤そば」に違いないと思ったからだ。

 注文した後メニューをよく見るとそこには「辛いよ~!」という注意書きが・・・。

  「俺ぇ、辛いの好きだし、辛いったって、たいしたごどねぇべぇ。」

 楽しみにしていた「赤そば」が私の前に運ばれ、一口食べたのだ。

  「う、かれっ。 最後まで食われっぺが。」

 そうは思ったが、辛さを我慢して食べていたのだ。ところがである。そのうち

  「うわぁ~、あだまがら 汗流っちきたぁ。涙も出できたぁ。」

 「赤そば」恐るべしだ。やっとのことで完食して750円を支払い店を出たのだ。

 ほっ。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

新発売の白いカレー

 すごく気になっている店があった。それは上町にあるカレー店「白い部屋」だ。カレー好きの私にとってはこの店の看板メニューである「白いカレー」を是非食べたいと思っていたからだ。

 1時近くに入店したためか、お客さんは私一人だ。何を食べるかはすでに決めていたのだが、とりあえずメニューを眺め、しばらくして「白カレー」を注文したのだ。待っている間周りを見回していると、「新発売 白カレー」「新メニュー オムハヤシ オムカレー」の文字が目に入ったのだ。
 何年か前(開店当初)は新発売、新メニューだったのかもしれないが、今は新発売でも、新メニューでもないはずだ。

  「新発売・新メニューになったのはいづがらなんだべ。」

 最後に、カレーは白くない方がいいかも。ま、たまには変わったものもいいかも。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

初めてバーボンを飲んだ。

 金曜日の5時過ぎに盛岡から知人のTさんがお土産に「かもめのたまご」を持って、職場にやって来た。Tさんは巨漢だ。体重は100キロ以上ある。以前からTさんに

  「福島に来てぇ。うまい餃子食わせっからぁ。」

とラブコールを送っていたのだ。巨漢のTさんに満腹で餃子2皿を食べてほしかったからなのだ。実際、餃子の「満腹」に連れて行ったのだが、ふたりで3皿たいらげたのだ。勿論ビールもそれなりに飲んだのだ。
 その後2次会に行き、3次会に行こうという段取りになったのだ。

  「Tさん、どっか 行ぎでどご あっかい。」

という質問に、Tさんがバーに行きたいと言ってきたのだ。Tさんは盛岡ではよくバーで飲んでいるらしい。ということで置賜町にあるバー「ネグニン(negnin)」に連れて行ったのだ。

 Tさんは「ネグニン(negnin)」につくなり、「バーボンはどんなのありますか?」とマスターに質問し、何かしらのバーボンを飲み始めたのだ。私もバーボン初体験という事で、Tさんお薦めの「フォアローゼス プラチナ」をロックで飲むことになったのだ。

 結局、日が変わるまで飲んでいたのだが、バーボンの効力が効きすぎたのか、次の日は完全に調子が悪かったのだ。

 バーボンのボトルを抱いて~♪ 
 うぃ~。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

念願のサイトウ洋食店で

 土曜の夜はKさんと栄町にある「サイトウ洋食店」で飲んだのだ。「サイトウ洋食店」は行ってみたい店の一つだったのだが、いつも予約が取れなくて行ったことがなかったのだ。
我々は一番奥の席に通され食事をしているうちに、店内はいつの間にか満席になっていたのだ。あらためて、ここが人気店だという事がわかったのだ。

 今回、Kさんとの飲み会をなぜ「サイトウ洋食店」にしたかというと、Kさんが「今まで飲みに行ったことが無いようなジャンルの店で飲みたい」との要望があったからだ。
ところが、飲み進んでいくうちにKさんが自分で要望したことを忘れ、
「回り道さんの好みの店、変わりましたね」と言ってきたので、

  「ほなんだぁ。スペイン料理店とか、メキシコ料理店にも行ぐがんない。こないだの職場の暑気払いもイタリアンの店だったし。」

 次回はインド料理店で飲みますか?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )