goo

東京での宴会

 学生時代にやっていたJクラブの東京支部の集まりが「神楽坂 イカセンター はなれ」であった。もともと東京近郊の人たちの懇親会だったのだが、それ以外の地域の人にも案内を出そうという事になり、福島にいる私の所にも封書で連絡が来たという訳なのだ。

 案内文を見てみると、会場が神楽坂だ。すぐに、「神楽坂はん子」を思い出したのだ。勝手なイメージだが、私にとって神楽坂イコール色街なのだ。

  「これは 行ぐしかねぇなぁ。」

 「神楽坂 イカセンター はなれ」では、20人位の先輩・後輩が初参加の私を手荒く歓迎してくれた。そのお蔭で、会場を出た時にはすっかり出来上がっていたのだ。2次会にも行ったのだが、その後はどこをどうやって、馬喰町にあるホテルまで行ったのか記憶にないのだ。目がさめたら朝だったのだ。やや、二日酔い気味だ。

  「ぐえ 悪り。」
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

道の駅安達 下り線

 旧安達町のお客さんの帰りに、今月初めにオープンした「道の駅安達下り線」に行ってみた。御昼どきだったので、昼食を食べる目的もあったのだ。

  「あだらし 道の駅は どだに なってんだべ。」

 レストランに直行した。「上り線」とは一味違うメニューだ。「いくら丼」もある。ちなみに私は750円の「ソースかつ丼(ロースかつ)」を食べることにした。当然水やお茶もセルフなのだが、「冷たいお茶」もある。

 お昼を食べ、ブログ用の写真を撮っていると、老夫婦がこちらの方に歩いてきたのだ。
 「私たち郡山から来たんですが、郡山に戻るのにはどうやって行ったら良いんですか?」

  「えーと。ん~・・・。とりあえず、福島の方に行って、松川の所を上に上がって、そこを右に曲がって、ぐるっと回って、上り線に出てください。」

 私も初めて来たので、知っている範囲内で答えたのだ。

  「ほんとは どだふに 行ったらいんだべ。」

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

桜を見に大河原に行ってきた

大河原に行ってきた。白石川堤一目千本桜を見るためだ。JR大河原駅で降りて、船岡駅まで歩いて桜を見ようという計画だ。勿論、桜を見た後のビールも楽しもうという計画だ。



大河原駅を出ると、厳しい寒さが待っていた。
「ホッカイロ持って来れば良がったぁ。」



桜まつりの会場に到着すると、数多くの露店が・・・。
「何食っていいが、目うづりするぅ。さっさど、さぐら見で来っぺ。」




歩き始めたのだが、やっぱり寒い。
「寒くて かなわね。」




丁度いいタイミングの所でこのような石が置いてある。このくらい歩ってくると、桜にもそろそろ飽きてくる。船岡まではまだまだだ。しかし、その単調さに疲れ、
「歩ぎっちゃくねぇ。」



船岡駅に着いたのだが、こちら側では桜祭りみたいな会場はない。
「しょんね。大河原まで、歩いで 戻っぺ。」
当然だが、戻りの桜並木の風景は、行きの風景と違う。
「今度来っと時は船岡から大河原まで歩くべ。しかも、日中のあっだげどきに。」




大河原の桜まつりの会場に戻ると、薄暗くなっていた。ここで念願の生ビールを入手。
7キロ歩いた桜鑑賞の後のビールは最高だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ギャラリー梟へ

 先週の土曜日の午後(信夫山で花見をする前)、飯坂にある「ギャラリー梟」に行ってきた。アルミ缶アートを見るためだ。是非見に行ってくださいという知人の言葉に促され、重い腰を上げて行ってきた。

 行ってみて驚いたことがある。
 その一つは、「ギャラリー梟」が広いことだ。それから、それなりに数多くの梟のグッヅが売っていることだ。それに伴って、従業員の数が多くいたことだ。さらに、土曜日だからなのか、次から次へとお客さんがやって来たことだ。

  「結構、人 来んだない~。」

 さて、アルミ缶アートについて。
 鳥・虫・シャチ・テトラポットなどを缶ビールの空き缶で作るのだが、その作品を乗せる台も缶ビールの缶で出来ているのだ。ただ、その台の高さが5センチ位なのだ。

  「こんな ちっちゃこい 缶ビールって 何ミリリットルなんだべ。 こんな ちゃっこい缶ビール 見だごどねぇなぁ。」

 後でわかったのだが、缶を途中から切って、5センチくらいになるように、繋ぎ合わせたものなのだ。

  「だまさっちゃ。」 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

信夫山で夜桜見物

 土曜の夜は数年ぶりに信夫山で家族で花見だった。

 行ってまず驚いた。高校生が大勢夜桜見物をしている。さすがにアルコールは飲んでいないのだが、「信じらんに。」
 それともう一つ。花見茶屋が「どんとこい」のちっちゃこい小屋が1つしかなかったことだ。「信じらんに。」

 ビールやおつまみは、外に出ているテーブルで食べるシステムになっている。それはそれで、楽しい。飲んで楽しく酔えればいいのだ。

  「なんつったって 花より団子だ。」

 ちなみに、我々が来てから帰るまで1時間くらいなのだが、その間仲間が来ず、ずっと場所取りをしていた一人の男性がいたのだ。(ブルーシートの広さから15人くらいのグループと考えられる)
辛い仕事だ。ひょっとして罰ゲーム?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

初めて古川駅に降りた

 仕事で初めて古川市に行った。F社のSさんが駅で待っていてくれた。
 「古川は何にも無いっちゃあ。」と自虐的だったのだが、続けて「せいぜい吉野作造くらいだっちゃ。それと農業試験場があって、そこでササニシキとヒトメボレが誕生したんだっちゃ。」と、ちょっと自慢を入れてくる。

  「そう言えば歴史の教科書に吉野作造なんていう名前が 出でだような気ぃすんなあ。」

 5分位でお客さんの所に着くと、こんどはF社のTさんが「福島市は放射能大丈夫なんですか?」の社交辞令的な質問。私も次のような気楽な答え。

  「山の方は放射線量が高いげっちよ、平地は何でもないですよ。」

 ちなみに、古川駅前には稲を持った少年と母の像があるが、福島駅前には「古関裕而」の像があるのだ。
 もし、古川市の方が見ていたら参考まで。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

サングリアをサンガリアと勘違い

 雨の土曜日、知人Mさんと置賜町パセナカミッセ2Fにあるスペイン料理店「カメレオン」へ飲みに出かけた。初めて行く店で、しかもスペイン料理店なのでどんな料理が出るかちょっと心配だった。

 店は混んでいたので、入口のところの席に案内され、メニューの説明を受けたのだが、そのどんな料理かという心配が的中した。初めて聞く料理名ばかりだったのだ。とりあえず、イベリコ豚の料理は食べたいと思っていたので、イベリコ豚の料理を注文。それにアヒージョ、タパス8点(6点?)盛りなどを適当に注文した。飲み物は90分で1500円なのでこれを注文。

 飲み物はビールだけを飲んでいたのだったが、折角だから違うのも飲んでみたいと思い、ドリンクのメニューを見ると「サングリア」の文字が・・・。

 「『サングリア』といえば、「イチ・ニ・サングリアというコーヒーのコマーシャルがあったんだよ」と知人Mに知ったっかぶりを披露し、「サングリア」を注文したのだ。出てきたのはコーヒーとは縁遠いものだ。
 今ネットで調べてみるとあれは「イチ・ニ・サンガリア」なのだ。

  「知人Mさん。まぢがって 嘘教えで ごめん。」

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

こだどごに うまか亭の建設予定地

 南矢野目地内を運転中、花の膳の看板を発見。花の膳へは特段行って食べたいとは思っていないのだ。なので看板を見ても次のような感想で終わりなのだ。

  「『花の膳』てこだどごにあんだぁ。」

 そう思って間もなく、「花の膳」の隣の空き地に「うまか亭 建設予定地」の看板を発見。

  「こだどごに『うまか亭』でぎんだぁ。」

 「こだどご、こだどご」と南矢野目地区の方には失礼なことを書いてしまったが、メインの道路からちょっと脇に入った所なので、ちょっとびっくりして「こだどご」と思ってしまったのだ。
 お許しを。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )