goo

年末の他愛もない行事(今年のブログは今日で終わり)

 正月の飾りも28日と今日とで無事に終わった。子供の頃から「29日と31日には飾り付けはすんな」と言われてきた。29日は苦が付くから、そして31日は晦日飾りは昔から良くないと言われているからという理由だ。

 ところで、「断捨離」の本が話題になっているが、立ち読みをしてちょっとだけ内容を知っているつもりだ。それで正月を飾り終えた後、普段開けたことのない戸袋や引出にある物の処分をすることにした。しかし、

  「なかなか、思うようになげらんにもんだ。」

 こんなことではやっぱり年明け早々に本を買って、じっくりと読まねばならない。

 写真は午後から雪のちらつく中、西中央にある東邦銀行へ行ったときのものだ。
(東邦銀行で、ちょっとしたアクシデントがあったが、あまりにも格好悪いので今回は割愛する。)

 私のあまりにも日常的すぎる話にお付き合いいただきありがとうございました。
 来年は、もっと面白い話題を提供しますのでよろしくお願いします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

仕事納め・ドジ納め

 今日は、職場の仕事納めだった。
 年内中終わらせなければならない仕事があるし、大掃除の時間も決まっているので、今日は、スケジュールがタイトだ。

 そんな中、川俣町の街内にあるお客さんへ、11時頃あわてて出かけたのだ。というのは、朝からの仕事が予想に反して時間がかかり、約束時間に間に合うように出発したためだ。結果としてこれが悪夢をもたらした。

 昼前にお客さんのところに着くや、
  
  「あれぇぇ。・・・。あ~、忘すっちぁ。」

 そうなのだ。これがないと仕事が出来ない大事なものを机の上に置き忘れてきたのだ。

  「ど~すっぺ。」

 と言っても、答えは1つ。戻るしかない。

 ちなみに、福島に引き返し、再び川俣に行き、仕事を終え、川俣町国道114号線沿いにある「キッチン パパ」という飲食店で昼食をとったのは1時半だったのだ。

 多分、今日が私のドジ納めだと思う。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

職場の忘年会

 昨日、大町にある中華料理店「精華苑」で職場の忘年会があった。開始早々、私がパセオ通りの寂しいイルミネーションの話をすると、Aさん・Bさんがそろって、
 
 「何と比べて寂しいんですか?」
 「何処と比べてですか?」
 「いつと比べてですか?」

などなどの厳しい突込みが続き、私のイルミネーションの話はトーンダウンしてしまったのだ。しかも、Aさんの「始めはすごいと思っていても、毎年見ているとだんだんそれに慣れてきて、大したことないように思えてくるんですよ。」という分析に私は完全にノックアウトされてしまったのだ。

 とりあえず、パセオ通りのイルミネーションの写真を載せておいた。

  「Aさん・Bさん、写真を見だ感想を、聞かせてくんにべが。」
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

寂しい福島市のイルミネーション

 昨夜はパセオ通りにあるイタリア料理店でディナーだった。大満足の料理だった。それはさておき、パセオ通りを歩いていてびっくりしたのだ。何にびっくりしたかというと、イルミネーションの数の少なさにだ。まだらなのである。不景気のせいなのか。

 今回は福島駅前のイルミネーションの写真を掲載したが、いずれこの寂しいパセオ通りのイルミネーションの写真を発表したい。

 ところで、15日に福島ビューホテルで懇親会があったのだが、そのときの会話。

 私 「年末に仙台のイルミネーションを見に行ぐごどにしてるんだ。」
 X氏「なんか、仙台のイルミネーションが何度かぼや騒ぎがあって、光のページェントが中止になっているらしいんですよ。」
 私 「えぇ-!!」

 ここで、提案だ。もし、このブログを仙台の人が見ていたら、

  「是非、福島市のまだらに装飾されている寂しいイルミネーションを見にこらんしょ。ある意味でびっくりすっから。」
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

年賀状の作成

 八島田街道野田町地内で、写真に写っているポストを発見した。

  「いづのまにが、こんなどごに、ポスト出来だんだなぁ」

と職場のBさんに話すと、

  「最近出来たみたいですね。ポストの色が朱色でなく、妙に赤いので置物かと思っていました。」
  「最近って? 1週間前くらい?」
  「いえ、3ヶ月は経ちますね。」

 よくここを通っているのに、今までポストに気付かなかった自分がちょっちだけ格好悪かった。

 ところで、連日忘年会が続いていたが、今日は忘年会もなく仕事も休みだったので、午後から年賀状の作成をしていた。そして、その作業を今終えたところだ。

 昔はプリントゴッコを使って一枚一枚刷って年賀状を作成していたが、今はパソコンという便利なものがある。

 「今は、年賀状の作成なんて、ぞうさねぐなったもんだ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラーメン店「めんくい」での温かい言葉

 佐倉下地内、キャノンの近くにあるラーメン店「めんくい」に行ってきた。ここの店の一押しメニューは何と言っても「会津ラーメン」だ。何度か食べに来たことがあるが、いつも駐車場がぎっちりになるほど混んでいる。

 店に入ると珍しくすいていたが、出入り口のテーブルのところに席を陣取った。店の人の「お客さんが入ってくる時、戸を開けると寒いですから、中のほうに座ったほうがいいですよ」という親切で心温まる言葉に促され、席を移動した。

 ラーメンが出来るまでの間、そしてラーメンを食べている間、どんどんと次から次へとお客さんがやって来た。さすがは人気店だ。

 ただ、戸を開け閉めするたびに、寒い風が外から中に「ス~。」

  「結局、寒いどきには、どごさ座っても同じだ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

郡山での忘年会

 昨日は郡山で「S社50周年×××の会」とかいうのがあって、その懇親会に行ってきた。前日まで、

  「場所はビューホテルだべぇ」

 くらいの調子でいたが、当日になって案内状を確認してみると、なんと会場は「ホテルプリシード」になっているではないか。危うく違う会場に行くところだった。
(以前も会場を確認しないで、思い込みだけで全く違う懇親会場や研修会場に行ったことが何度もあるのだ。けっして自慢できたことではないが、性格的に直らない。そういえば、今年も「一の坊」騒動があった。)

 今月は忘年会が続くので、いつもより控えめに飲んでいたのが功を奏して、帰りの足取りがしっかりしている。駅に着いて時刻表を見ると、あと20分待たねばならない。ちょっと長いなぁ、なんて思って待合室にいると、S社のIさんが「回り道さん1本取ってください」と、親切にも350mlの缶ビールを差し出してくれたのだ。
新幹線に乗るまでの10分間に一気に飲んだ缶ビールが功を奏して(?)自宅に着いたときにはいい加減に酔っていたのだ。

 写真は郡山駅前のイルミネーションだ。福島と比べるとかなり綺麗だ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

X’masケーキを注文

 4号線沿い入江町(日赤の北側)にある「TayoRi cafe」に行ってきた。なぜか。それはクリスマスイブに食べるケーキを注文するためにだ。

 「TayoRi cafe」はいつも4号線を北上するたびに気になっていた。というのはピンクの建物と看板が目立ち、どんな店だろうと思っていたからだ。今まではガードレールの切れ目が狭く、

  「車入れづれな」

 と思っていた。ところが今日通ってみると、その切れ目が広がっていたのだ。これは入るしかない。

 念願かなって店に入って、どのX’masケーキにするか迷っていると、「これは、お酒にも合いますよ。」という店の人のアドバイスで、「ラム・ショコラ」を注文したのだ。「ラム・ショコラ」の説明を受けたが「ショコラ」自体食べたことがないので、よくわからなかったのだ。兎に角、どんなケーキかクリスマスイブが来るのが今から楽しみだ。

 ちなみに、営業は金・土・日だけ?だとか。

  「今度は、パフェでも食いに来っか」
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

たわいもない、ついていない出来事

 土曜日はうどん屋で飲み会だった。最近は1次会はここのうどん屋でやることが多いのだ。リーズナブルだからだ。このうどん屋については、いずれ紹介することにする。

 2次会を終えたのが、10:20頃だった。

  「まだ腹すかねがら、この後何にも食べねでコーヒーでも飲んで帰っか。」

 という事になり、12時まで営業している福島駅東口のミスドへ。行ってみて驚いた。さすがは土曜の夜だ。店内はあふれんばかりの人がいて、行列を作っていたのだ。ここでコーヒーを飲むのは無理だ。「ついでねぇ~。」
 
  「西口にもミスドあっからいってみっか。」

 と、気を取り直し西口へ。ヨーカ堂隣のミスドに行くと、店内はすいている。ラッキーと思い、店のガラスドアを開けようとすると、そのドアには11時閉店の文字が。閉店まで10分しかない。勿論コーヒーなど飲めるわけがない。「ついでねぇ~。」

 結局、消化不良のまま帰宅することになった。ただ、自宅に着いたときには、1次会で食べたものが完全に消化されていたのだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ガソリンスタンド減少の理由

 今回のブログはいつも以上に堅苦しい。
 ここ数年ガソリンスタンドの件数が減ってきている。多分、原油高とか利益率の低下とか燃費のよくなった自動車が増えてきたとか様々な理由で減っているのかなぁ、なんて思っていた。
 写真に写っているのは115号線沿い、大森地内の空き地だ。かつて、ここにもガソリンスタンドがあったのだ。
 
 「ガソリンスタンド、まだ潰っちゃんだな。」

 ところが、最近のニュースでガソリンスタンドが潰れる原因がわかったのだ。それは、6月に消防法が改正されて、25年2月までにガソリンスタンドの地下貯蔵タンクの油漏れの規制が厳しくなり、そのために数百万円単位で改修費がかかるという事なのだ。
スタンド経営者にとって、「油売ってやばせ」なんて呑気なことは言っていられない。それにしても、このような理由でスタンドが潰れていくなんて、

 「話っちゃ聞いでみねど、わがんねもんだ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )