goo

駅中飲食店

 日曜の午前、中合に買い物に出かけた。7階のお歳暮売り場を覗いてみると、ごった返すような賑わいだ。

  「盆暮れは百貨店の書き入れ時だ。混んでいんのはしょうがない。」

 買い物を終えお昼になったので、S-PALにある「大晃」で「上マグロ丼」を食べた。「大晃」という屋号からすると多分、卸町市場にある「大晃」の姉妹店だと推測される。2/2のブログでも書いたように、新鮮でしかも安い。お奨めだ。

 ところで、いつも思うのであるが、福島駅中の飲食店は小規模でしかもその数が少ないような気がする。現にこの日もお昼だったせいもあり、次から次とお客さんがやって来て、ゆっくりと食休みも出来ず、食べ終えて直ぐに店を出るような感じだったのだ。

  「新鮮で、安い店だ。お昼時だし、混んでいんのはしょうがない。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

飲み会は自転車

 昨日の職場での会話。

私  「今日は机とプリンターの往復だげで2000歩も歩って疲っちゃあ。」

Aさん 「最近は自転車でも来ないし、歩っても来ないがら丁度いいんでないんですか」と、いつもながら厳しい一言

私  「ほんじゃ、明日は自転車で来っかなあ。」

Bさん 「明日は、方木田に行くんですよね。大丈夫ですか」というとどめの一言で、結局今日は車で出勤することになったのだ。

 実は、飲み会があるときは自転車か歩いて会場に行くことにしている。OB会の時も、そして昨日も自転車で街まで行ったのだ。
 ただ自転車に乗って飲みに行くには一つ問題がある。それは、街に行くときには下り坂で、しかも夕方なのでライトを点灯しなくてもよいが、帰りは、登り傾斜の高湯街道をライトを点灯して自転車をこがなくてはならないので速度が上がらず、行きより10分くらい余計に時間がかかって自宅へ戻ることになるのだ。

 写真は午前0時頃の高湯街道だ。寒いなか一所懸命自転車をこいでやっとの思いで自宅へ戻ると、鼻水がたらぁ~。
 昨日一緒に飲んだ友人は信夫山トンネルを抜けて南矢野目まで1時間くらいかけて歩いて帰ると言っていたが、無事帰還したのだろうか。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

OB会はついつい飲みすぎて・・・

 市内のホテルで学生時代のクラブのOB会が土曜日に行われた。私にとってOB会は年に一度の楽しみなイベントだ。『朋有り、遠方より来る。亦楽しからずや。』
 
 先輩から「回り道君、元気にやってるか?」という問いかけに、

  「年のせいか、疲れがとんにぐて、わがんねんだぁ。」

 この返答にすかさず、「そんな事いったら、おれはどうなんだ」と一喝。
 もっともOB会に出てこれるということは、元気だから出てこれるのだ。なので、先輩が元気なのは当然なのだ。

 一次会で、ぎっちりと体内にアルコールを注入した後、毎年二次会は新町にある「鳥政」に行くことに決まっているのだ。ホルモン焼きとか餃子を眼前にし、飲んで・食って・話しての大盛り上がりの第2ラウンドが始まるのである。
 第2ラウンドが始まったかと思うと、まだまだ話したりない中あっという間にお開きとなり1年後の再会を約束するのだ。

 本当はこのブログを昨日書く予定だったのだが、

  「年のせいか、疲れがとんにぐて、昨日はブログを書がんにがったのだ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あずま総合運動公園のイチョウ並木

 びっくりするような快晴だった。
 佐原にある「あずま総合運動公園」へ紅葉している銀杏並木を見るためにお客さんからの帰り道に立ち寄った。落葉し始めていたため、所々葉のない銀杏の木もあった。しかし、木の根元は黄色い絨毯と化し、それはそれで綺麗であった。

ところで、実は13日の土曜日にもわざわざここにやってきたのだ。というのはライトアップされた銀杏並木を見るためにだ。

 「この銀杏、何本あんだべ」

と話していると、近くにいた人が真偽の程は分からないが133本だと教えてくれた。

 本来であれば綺麗なライトアップされた銀杏の写真を載せるべきであるが、私のデジカメは一眼レフではないので綺麗に撮れないのだ。残念ながらブログ掲載不可能なのだ。悪しからず。

 今日のブログには落ちがない。というのは、私のブログの落ちの前に、すでに銀杏の葉が落ちてしまっていたからだ。再び悪しからず。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

4袋1,000円。5袋でも1,000円。

 成川にあるガーデンプラザ華へプランターに入れる土を買いに出かけた。着くや否や真っすぐ土の特売のコーナーへ。
 「培養土 1袋 12ℓ入れ250円。  5袋 1,000円」という値札を見つけ、何袋買うか考えていると、一人のおじさんがダダーと私の立っている土のコーナーのところに来て、

  「1袋の土をたんがいでいったのだ。」

  「つぢ、買い忘っちゃのがなぁ。」

 結局1袋の土を持ってレジのところに行くと、そのおじさんが会計をしているところだった。

 そして、そのおじさんが急いで土を1袋持って行った理由が分かったのだ。
というのは、レジの所にはすでに買ってあった4袋の土と、追加した1袋の土が置かれていたのだ。多分、4袋買って1,000円の支払いをしようとしたところ、レジの人に5袋で1,000円ですよ、とでも言われ、慌てて1袋追加したのだろうと推測される。

 4袋でも5袋でも1,000円という値段のつけ方は何となく変だ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

岩瀬書店(ベニマル西店)

 南沢又のヨークベニマル西店に博向堂書店があったが、自己破産したため岩瀬書店がテナントとして入った。

 岩瀬書店になってしばらく経つが、入店するのは初めてだ。ビジネス書を買いたいと思い入ってみると、当然のことだが本棚の列の向きとかが違っていて何か新鮮な感じがした。
今までの博向堂が左側にビジネス書コーナーがあったせいか、あるいは人間の本能なのか、それとも私の癖なのか、はたまた店のレイアウトのせいなのか分からないが、左の方から本を探し始めたのだ。しかし、ビジネス書コーナーがないのだ。時間の経過と伴に焦る自分がいた。それでもう一度入り口に戻り、全体を見渡すと何のことはない、中央部右寄りにそのコーナーがあったのだ。

 ところで、先日、五月町に住んでいた時の近所の人に次のようなことを言われ焦ったことがある。
  
  「回り道さん、この間ベニマルで本屋の写真撮ってだない。本屋が潰っちゃがら、記念に撮ってだのがい。」

 7/18のブログで博向堂が倒産したことを書いたが、そのブログに載せるための写真を撮っているところを見られたようだ。

  「誰に見らっちっかわがんねがら、気ぃ付けなんねな。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

紅葉・絶景・霊山登山

 日曜日は最高の登山日和になった。
 駐車場が満車で止められなくなるのがいやだったので、早めに家を出て8時30分頃霊山に到着した。ところがどっこい、すでに満車になっていて係りの人に路駐を促されたのだ。



 8時45分いよいよ登山開始。



 長い坂を登ると最初の見所の「宝寿台」に到着。ドクターへリポートが見える。



 その後「国司沢」、「天狗の相撲場」、「親不知・子不知」、「護摩壇」などのスポットを通って、10時10分昼食予定地の「霊山城跡」に着くとものすごい人が・・・。よく観察すると、団体の登山者が2組いたからなのだ。
ここで、土曜日に準備しておいた「アサリ汁とカレー」を食べ、十分な休息をとり、いざ出発となったが、

  「腹くっちくて、動ぎっちゃぐねぇなぁ。」




 やっと重い腰を上げ、緩やかな上り坂を登っていくと最高峰の「東物見岩」に到着。もっと天気がいいと相馬港が見えるのだが、残念ながら見ることは出来なかったのだ。




 「蟻の戸渡り」、「望洋台」、「五百羅漢」、「弘法の突貫岩」を通って、12時に「弁天岩」に到着。「弁天岩」に行くには、急な岩場と梯子があり、しかも狭いので行って戻ってくるだけでも混雑していて大変だ。ただ、大変なだけあって、眺めは絶景だ。



 10分弱山の中腹を歩くと「日暮岩」に到着だ。ここからは写真右部分に「弁天岩」が見える。「弁天岩」に立っている人が手を振って「おぉーい」と声を掛けたので、こちらも同じく手を振って「おぉーい」と声を掛けたのだ。お互いまるで子供だ。



 綺麗な紅葉が見れて大満足した後は、お決まりのアイスクリーム屋へ。ただ、ここでちょっと疑問。

 「こごのアイスクリーム屋、冬もやってんたべが。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油

 明日、日曜日は霊山登山に行ってくる予定だ。なので、食料(味噌汁・レトルトカレー・おやつetc.)などを買いに南沢又のヨークベニマル西店に出かけた。店内をぐるぐるしていると、な、なんと「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」を見つけたのだ。しかも3個もあるではないか。

 桃屋のラー油が話題となってから、なかなか手に入らない状況が続いていたのだが、いつの間にかいとも簡単に買える状況になっているとは知らなかった。食べるラー油も各社から出されたせいもあってか、それとも桃屋のラー油のブームが去ったのかは分からないが、やっと買いたい人が普通に買えるようになったようだ。

 勿論、私も買い求め、早速シャジですくって食べてみた。これは、そのまま食べて酒の肴にもなるし、ラーメンの具としても合うなと思った。
 桃屋のラー油を目の前にして、

 「こだがな買って喜ごんでるなんて、よっぽど物好きだ」と自戒。

 なお、冒頭に霊山に登山に行くと書いたが、明日は疲れているので報告は月曜だ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

45年ぶりの再会

 散歩がてら街中広場でやっているイベント、「グルメサミット」に行ってみた。途中、ジャグリングや30m走などが行なわれていた。特に、30m走では福大陸上部の川本監督が面白い解説をやっていた。

 写真に写っているようにイベント会場に着いて人の多さにたまげていると、
  「回り道君かい?」
  「・・・」
  「俺、Nだげど」
 私が気がつかなかったのも無理もない。実は、N君との再会は45年ぶりだからだ。しかも、面影が全然ない。子供の頃お互い五月町に住んでいたのだが、途中でN君が矢剣町に引っ越して「一小」から「清明小」に転校したため、会う事はなかったからなのだ。
 「どごに住んでんの? どごに勤めでんの?」などなど、情報交換した後、
 
 「今度飲んぺない」

とこれもお決まりの挨拶をした後別れたのだ。
と、いつものブログならここで終わりだが、蛇足に一つ。

 分かれた後、駅のほうに歩いていると、若い女性が右から左へと私の前を横切ったのだ。その時、彼女の靴のつま先がちょっとした段差に引っかかったのが見えたのだ。その瞬間、彼女の姿が私の視界から急に消えたのだ。直ぐに左の方を見ると、彼女の体は45度位に傾いていた。あっと思う間もなく、2m先にバタッと倒れた姿を見ることになった。そして、私の足元には、彼女の左足のハイヒールが残されいてた。あんな感じで人がスローモーションのように倒れていくんだなぁと思いつつ、その場を後にした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ワイパーとEXILEのダンス

 写真は東中央と南中央の間を走る道路にある紅葉が綺麗な街路樹だ。夏にあまり雨が降らなかった分、最近やたらと雨が多い。昨夜は風もすごかった。
 多分これからのブログも紅葉報告がメインになるかも・・・。

 ところで、雨の日が続いているといったが、国道4号線を黒岩から鳥谷野まで北上して運転しているときのことだった。前の車がうんと気になった。というのは、その車は後ろにもワイパーが着いていて、ずうーとフロントのワイパーと後ろのワイパーを一緒に動かして走っていたからだ。しかも、前と後ろのワイパーの動きが微妙にずれていて、前が右から左に行くと、後ろが左から右にいくのだ。後ろから見ていると、昔風だと「千手観音」、今風だとEXILEの「Choo Choo Train」の一列に並んでくるくる回るダンスみたいなのだ。それが、前と後ろのワイパーの往復する時間が違うので、時々一緒になって右左に動くのだ。 それが、また気になって気になって・・・。とても、集中して運転するどころではなかったのだ。

  「前の車の運転手は、後ろのワイパーが動いでいんの、わがんねのがなぁ。」

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )