goo

安達駅近くの「蕎麦音」で大盛蕎麦を食べた

 話は飯野町の花やしき公園に行った後のことについてだ。午前中に安達町に行った時には月曜日だったら二本松市の「食皇(シーホワン)」なのだが、その日は月曜でなかったので、安達駅近くの「蕎麦音」で食べることにしたのだ。

  蕎麦を食べるときには必ず大盛蕎麦にしているのだ。なので今回も。ところがメニューを見てびっくりだ。大盛といえば通常は1.5人前だと勝手に思っていたのだが、大盛が2人前なのだ。しかも、大盛の料金が500円増しなのだ。

  「二人前がぁ。厳しなあ。500円増しがぁ。厳しなあ。」

 それでも、蕎麦は大盛蕎麦と決めているので、大盛蕎麦を食べたのだ。

  「蕎麦の時期もそろそろ終わり(個人的見解)だし、今シーズンの食べ納めにすっぺ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 観音寺川の桜... 芳水での飲み会 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。