goo

「おまかせメニュー」が無難

 前々から行ってみたいと思っていたN社Sさん推薦の「飲み屋」に行ってきた。念願がかなった。

 初めて行く店なので、ドキドキしながら店に入ると、カウンター席のみ10席あって、すでに先客2名が女将さんらしき人と談笑していた。席に着き、メニューを見て何を注文したらいいか迷っているうちに、更に心臓の鼓動がドキドキしてきたのだ。(初めてのところは緊張する)そうだ、とりあえずビールを注文し、お通しを食べながら考えようという作戦をとった。しかし、なかなか決まらない。メニューの上を目が泳ぎだした。それで一旦メニューを閉じ、再び開いてみると「本日のおまかせメニュー」という文字が目に止まったのだ。

  「おまかせでお願いします。」

 やっと、落ち着けいつもの自分のペースを取り戻したのだ。

 ところで、この「飲み屋」は置賜町にある「おでん ふた夜の月」だ。Sさんからは「13号線を駅のほうにちょっと入ったところのおでん屋でわかりづらい所の2階」という情報しか得ていなかった。そのため、この曖昧な情報を得て以来13号線を通るたびに駅のほうにちょっと入った所を何度もウロウロしたのだ。

 まずは写真を見ていただこう。看板もないのだ。

  「とにかぐ、このあだりの2がいだ。」

 ちなみに、『ロ万』というお酒も飲んでみた。甘口だ。
      ↑
   ロマンと読むのだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )