goo

またまた「車座」で…・クリームシチュー・「伊達屋」に並んでいる人

今日のブログは短編3本立てだ。

 先週末、またまた偶然にも置賜町の「車座」で20人位の宴会があったのだ。料理は前回と同じく刺身、天婦羅と続けて出てきたのだ。
  「今日は人数が多いがら、お通しが出ねのがなあ」
と思っていると、暫くしてお通しが出てきたのだ。
  「料理の途中で、お通しが出でくんのは、おがしなあ。」

日曜日はちょっと遠い親戚の3回忌だ。法要の場所(ちなみに松浪町「竹林亭」)までバスで送り迎えしてくれるのだ。その送迎バスの中での話。私の前に座っている若者二人(故人の孫)の会話。
  A「俺、クリームシチュー好きなんだぁ。」
    (クリームシチュー好きなんて、珍しな。俺はなんたって、カレーライスだ。)
  B「オールナイトニッポン・・・、アリタ・・・。」
    (あ、そうがあ。クリームシチューって、上田・有田のかあ。)

 今日の午後、仕事で飯坂街道を通って、飯坂へと向かったのだ。1:30頃、南沢又のラーメン店「伊達屋」を通過すると、見覚えのある人が並んでいたではないか・・・。
  「この辺に住んでるようなんだげっちょ、人違いがなあ。まさがなあ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

先週「エルティ」で宴会があったのだ&笹谷の「銀次郎」で食べたのだ

 土曜日は笹谷のラーメン店「銀次郎」で昼食だ。以前のブログで何度か書いたが、イオン近辺で食べるときは、イオンの中にある「はなまる」でうどんを食べることが多いのだ。

  「いっつも『はなまる』ばっかしで、少し飽ぎできたし、今回はべづなどごで食うがなあ。」

と いうことで、「銀次郎」で食べることにしたのだ。ここは「外山」⇒「萬福」⇒「銀次郎」と店がコロコロと変わってるのだ。「銀次郎」になってからは初めてだ。

 ところで、先週の木曜日は野田町の「エルティ」でちょっとした宴会があったのだ。その宴会も無事終わり、5名で2次会に行くことになったのだ。場所は置賜町の「マリアージュ」だ。

  私「俺~、歩ってんがら。」
  ●「え~、20分位かかりますよ。」
  私「そんなことないでしょう。ここを出で、東口に廻って直ぐだがらぁ。」
  ★「ここは『エルティ』ですよ。」
  私「あ、『セレクトン』だど思ったあ。」

 たまに集まる時は「セレクトン」が多いので、てっきり「セレクトン」で宴会をやっているのだと勘違いしたのだ。

 「こういうのを天然って言うんだべな。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スマホを買いに出かけたのだが・・・

スマホを買ったのだ。今までは普通の携帯電話(フィーチャーフォン)だったので初めてのスマホになるのだ。

  「バッテリーが直ぐにねぐなるし、スマホだど色々調べらっち便利だがら、スマホに交換すっか」

 という話になり、9日の午前中にauショップへとスマホを買いに出かけたのだ。
 今の携帯電話に替えたのは2011年の震災直後だ。「今だと無料で携帯電話を交換してくれるんですよ」という情報を得て、ヨークベニマル西店の道路向いのauショップで携帯電話を交換したのだ。

 それ以来8年が過ぎ、今回も前回と同じauショップへと向かったのだが、そこにはauショップが無いのだ。

  「あれ?何でねえんだぁ。」

 と、西道路の方を見ると、auの看板が・・・。

  「あ~、店、うづったんだあ。年がら年中西道路通ってんのに、気が付かねがったなあ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

久しぶりに洗車

 3月になったのだ。
 特段予定もなかったので、西中央にあるコイン洗車場で我が愛車?を12月上旬以来3か月ぶりに洗車をしたのだ。なにせ我が愛車は何処に停めても一発でわかる位汚れているのだ。

  「冬は直ぐに車が汚ねぐなっから、春まで洗わんともいいよな。」

 というのが信条だ。

 ここの洗車場にある洗車機は
  水➔洗剤➔休憩(料金により3分又は4分)➔水  

 という順序になっていて、途中で車を手拭いで拭くことが出来るのだ。すごく便利。
ガソリンも無くなったので、ピカピカになったばかりの我が愛車で、セルフのガソリンスタンドに行くと、店員さんが暇そうにしていたのだ。
 いざ、給油をはじめようとすると、

  店員「時間があったら、洗車していきませんか?」
  私 「今、洗車してきたばっかしなんだげっちょ。」

 どうやら、あまりにも暇だったので、誰にでも洗車を勧めているらしい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

節分・豆まき・柊

 節分だ。豆まきだ。
 子供の頃から毎年、「鬼はぁ~外ぉ~。福はぁ~内ぃ~」と言いながら豆をまいていたのだ。勿論、今年もなのだ。

 「鬼はぁ~外ぉ~」の声は自宅の中から道路に向かって声を出すので、豆をまく時に、大きな声を出すのは近所の手前、恥ずかしいのだ。なので、その声はちょっと小さくなるのだ。
(朝起きると、豆が道路に散らばっている。)
 「福はぁ~内ぃ~」の時は自宅の中で声を発するので、大きな声を出して豆をまくのだ。

 まく豆は子供の頃から落花生だ。子供の頃、親に「自分の歳だけしか食ってなんねぞ」って言われて、その少なさにがっかりしていたのだが、
 今は、自分の歳だけ食べるのには量が多すぎて、

  「年の数なんて食わんに。腹いでぐなっちまう。」


 写真は、節分になると我が家の玄関に飾る「枝豆の枯れた物と柊とほうどし(鰯)の頭」だ。野田町のヨークタウンで購入したのだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヨークベニマルで手に入らなかって柚子がいちいで・・・。

 今年最後のブログだ。

 つきたて餅を買うために、10時頃八島田のヨークベニマルに向かったのだ。朝早いのに駐車場は混んでいる。直ぐにつきたて餅が売っている売り場へ。その後、雑煮へ入れる柚子を買おうと思って野菜売り場へと向かったのだが、売っていないのだ。完売か?

  「どうすっかなあ。ダメ元で『いちい』にまわってみっか。」

 ということで近くにある八島田の『いちい』へと向かったのだ。
行くと店内は意外とガラガラだ。
で、柚子をさがすと、ありました柚子が。

  「こだにいっぱい柚子あんだない。『いちい』にまわっていがったあ。」

 ということで、明日は美味しいお雑煮が食べられそうだ。

 今年もあまりにもくだらない私のブログにお付き合いいただきまして有難うございました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「木の幡」でのし餅を買ったのだ 

 今日も大雪だ。そんな中、南沢又の「もち処 木の幡」へお正月に食べる餅(のし餅)を買いに出かけたのだ。「木の幡」に行くと、期待していたような「のし餅」が無いのだ。あったのはつきたて餅ではなく、つきたて餅を冷凍したものなのだ。

  「え~、冷凍しかねえのがい。」

 それでも、話を聞くと室温で3時間くらいで柔らかくなるとのこと。しかも、解凍後ちょっとお湯につけるとつきたて餅になるとのこと。
すごい。

  「冷凍だったら、いづでも食われっから、ベニマルでのし餅買って、それがねぐなってがら、『木の幡』のもぢ食うが。」

 ということで、大晦日にベニマルでのし餅を買うことにしたのだ。
 なお、「木の幡」の冷凍餅の感想は後日報告するかも・・・。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

叔母と吉芳でランチ&足におもりを着けている先輩

 郡山市から叔母2名がお昼近くにやって来ることになっていたのだ。ともに80代だ。

  「どごで昼ごっつおうすっかなあ。」

 結局、落ち着いて食事できるということから西中央の「吉芳」に決めたのだ。

 食事する所は決まったのだが、叔母たちが帰る時に渡すお土産となると・・・

  「やっぱし『紅葉漬』がなあ。それに『いがにんじん』でもくっつげでやっかなあ。」

 前にも書いたが、福島市のお土産というと・・・?
 ちなみに、御菓子類では最近は「いもくり佐太郎」だ。

 ところで、先週の土曜日は学生時代の部活(体育会系)のOB会だったのだ。ちなみに、そのOBの中にM先輩がいるのだが、そのM先輩が両足に1Kgのおもりを着けていたのだ。M先輩曰く。

  「学生時代からづっと3Kgのおもりを着けてんだ。」

  「普段から足におもり着けでんのは三浦雄一郎しかいねど思ったげど・・・。今度、俺もおもり着けで、生活してみっかなあ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハシドラッグで「うまから唐辛子」というおかしを買って食べてみた

 先日、ハシドラッグで薬とかお茶を買い、レジに向かおうとすると、何やら興味を引くコーナーがあったのだ。そのコーナーには激辛のおかしが集めてあるのだ。その中に「うまから唐辛子」というのがあったのだ。それには、「唐辛子の美味しさをそのままフライ」というサブタイトルがついているのだ。

  「なんぼ辛いって言ったって、食わんに程辛ぐはねぇべぇ。」

 ということで、お酒を飲むときのつまみに一袋購入したのだ。

 で、酒のつまみに楽しみにしていた「うまから唐辛子」を食べましたよ。初めはなんともなかったのだが、

  「うわー辛れぇ~!! こんな食わんにの何で売ってんだべ。今度辛いもの好きな保原のiさんに持って行ってやっぺ。」

 ちなみに、今日「麻辣ピーナッツ」というのがあったので、購入してみたのだ。
 「クセになるしびれ!! 麻辣油のコクと花椒の刺激」というサブタイトルがついている。
 今度お酒を飲む時に食べてみるのだが、楽しみだ。報告は後日だ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鉄山登山

報告が遅くなったが、実は9/16に鉄山に登って来たのだ。登山ルートは野地温泉から鬼面山、箕輪山を通って鉄山への往復だ。帰りに、野地温泉に入って来る予定だ。野地温泉に問い合わせると、2時まで入館すれば日帰り温泉は可能だとのこと。ということで、逆算して6:30に登山開始すれば大丈夫だ。



「野地温泉からの登山口ってどごだあ?」
車をもう少し走らせると、「新野地温泉からの登り口」があるのだ。
「こっから登ったって、だいじょぶだべぇ。」
と20分遅れの6:50登山開始。



7:55、鬼面山到着。まあまあのぺーすだ。


9:20、箕輪山到着。アップダウンがきつくて、登るのが嫌になっちゃうのだ。というか、登山道がグッチャで、更に嫌になっちゃうのだ。


10:30、鉄山の山頂だ。ここで昼食。沼ノ平から来る人、野地温泉から来る人が鉄山の山頂へ来ては、写真を撮って降りて行くのだ。
「こごで昼を食う人はいねのがあ。」
11:40、下山開始。ちょっとのんびりしすぎたのだ。



帰りは、新野地温泉でなく、野地温泉の登山口へ降りたのだ。時計を見ると、2:03だ。
「2時過ぎっちまったあ。日帰り温泉入れっかなあ。5分くれ遅ぐっちも、大丈夫がなあ。」
そんな淡い期待を持って野地温泉に行くと、「日帰り温泉 終了」の文字が。
「出発すんの20分遅ぐっちゃのが駄目だったんだな。それど、鉄山でのんびりしすぎだがなあ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

他愛もない話、3題。

 ①笹谷地区で食事をしていたら、駐車場にこのような張り紙があったので、写真を撮ってみたのだ。
  「コシアブラの枝を折って持ち去られた方へ 何故その様な・・・警察署の方へ被害届けを・・・」

  「コシアブラって、山にはえでんのがど思ったげど、こんな庭みでなどごにもはえでんだない。」

 ②先日、私の8/25の「なんだぁ、かんだぁ」のブログを見たお客さんがやって来て一言。
  「おらほでは、『なんだぁ、かんだぁ、べろかんだぁ』っ言うなあ。」

  「こういうのって、地域性があんだなあ!」

 ③今日、スポーツ好きな95歳のお客さんとの会話。
  客「ニッポリ、すごいですねぇ。」
  私「ニッポリ?」
  客「今日、準決勝でジョコビッチとやんですよね。」
  私「あ~、ニシコリですね。」

  客「山縣はスタートが良いんですよ。」
  私「そうなんですかぁ。」
  客「私も尋常小学の4年と6年の時 はねくら の選手だったんですよ。」

  『久しぶりに「はねくら」という単語を聞いたのだ。』
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

人気ラーメン店でエアコンが故障していたのだ

 エアコンが故障して、死者を出した病院がニュースになっていたが、私が8/25(土)に行った南矢野目の人気ラーメン店でもエアコンが故障していたのだ。店に着くと、次のような張り紙が・・・。
 「エアコン故障中!!  涼しくないです ごめんなさい!!」

  「エアコン壊っちんではラーメン食ったら、汗びっしょりだよなぁ。 どうすっかなあ。」

 結局、ラーメンでなく、つけ麺を食べれば、そんなに暑く感じないんではないかという結論に達したのだ。ただ、食べ終えた人が皆、汗をびっしょりかいて店から出てくるのだ。

  「つけ麺でも汗かぐがなあ。」

 で、注文したのは「スパイスィー」というつけ麺の「冷やもり」だ。「ひやもり」のつけ麺にしたため、それ程汗をかかないですんだのだ。

 ということがあって、昨日再びこのラーメン店を訪れたのだ。エアコンが直っていたのだ。

  「あの病院も早ぐ対応してれば、死者を出さなくて良かったのになぁ。」

 ちなみに、昨日食べたのは前回食べた「スパイスィー」というつけ麺の「冷やもり」だ。

  「あづいがら、つけ麺食ったげど、涼しぐなったらラーメン食うごどにすっぺ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

流しそうめん

 5日の日曜日は佐原にある「吾妻庵」で流しそうめんを食べてきたのだ。

 流しそうめんを食べるに当たり、色々な人に事前調査を2週間前から開始したのだ。直近では前日の土曜日のPさんの誕生会。Pさん曰く。「30年前くらいに行ったけど、普通のそうめんですよ。」
 8/1に行ったA君の行きつけのスナック。ママ曰く。「私も、5日に行ぐんだあ。流しそうめんは私の知っている人がやってから、『ママの紹介で来たっ』て言うど、天婦羅くらいサービスしてくれっかもしんによ。」
 先月末に行ったお客さん(Hさん)。Hさん曰く。「上流にいるやづで、自分だぢだげ食べで、下に流がさねやづいんだ。」
 結構、みんな流しそうめんに行っているのだ。それでみんなが口をそろえて言っていることがあるのだ。それは、「涼しよ。寒いよ。」

  「長袖着てがねどだめがなあ。」

とはいうものの半袖で、行きましたよ。着いたのは12時チョイ前。写真のような行列ができていたのだ。

  「暑い。誰だあ、涼しなんて言ったのは。」

 ちなみに、45分位待って食べることが出来たのだ。
 ちなみに、席は一番上流だったのだ。勿論大人の対応(下流の人への配慮)をしたのだ。
 ちなみに、私のブログでは味のコメントはしないので・・・。

 最後に。すごく面白かったのだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

路駐禁止の雄国沼へ


7月1日は北塩原村の雄国沼へ行くことに決めていたのだ。勿論ニッコウキスゲを見にだ。いつも、のんびりと家を出発していたのだが、登り口がある雄子沢(おしざわ)に遅い時間に到着すると、車から登り口まで10分位歩かなければならないので、今回は早めに家を出発したのだ。

その甲斐があって、雄子沢に到着したのが7:30だ。で、車を停めようとするとちょっと様子がおかしいのだ。いつもは、路駐の車でいっぱいなのだが、今年は路駐の車は1台もないのだ。係りのオジサンに聞くと、今年から路駐禁止で、車はラビスパか道の駅に停めるようにとのこと。

とはいえ、そんな遠くに車を停めるのは嫌だったので、路肩が広くなっている所を見つけ、そこに停めて、そこから登り口まで歩いたのだ。

「いゃぁ、歩ったぁ。25分かがったあ。登る前がら疲っちゃあ。」

そう思いながらも、だらだらと歩き始めたのだ。すると、向こうから下って来る人がいたのだ。
「何時頃駐車場に着いたんですか?」
「2時です。御来光を見るために早めに来たんです。それでも2番目でした。」
さらに歩くと、また人が下りてきたのだ。
「何時頃着いたんですか?」
「4時です。」

「4時があ。そだ早ぐには来らんにもんなあ。」



ちなみに、ニッコウキスゲはいつもながら綺麗だったのだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

芳水での飲み会

 置賜町の「芳水」で飲んだのだ。メンバーはKさんとIさんと私の3人だ。KさんとIさんは学生の時の友人だ。KさんとIさんは社会人になってから初めて会うらしい。私は彼らとは仕事の付き合いで知っている。
  私「KさんとIさんは高校がどっかで同級生だったの?」
  K「Iさんとは小学校がら知ってっけど、一回も同級生になったごどねぇんだぁ。」
  私「んじぁ、何で知ってんの?」
  I「Kとは、子供の頃がら近所だったんですよ。」
  私「幼馴染ってぇわげがぁ。」

 そんなような会話で飲み会がスタート。ちなみに、彼らは子供の頃は北沢又に住んでいたのだ。

  私「きたさわまだ っていうど、40年くらい前に桜の名所があって、そごで花見したごどあんだぁ。」
  K「あ~あ、嶽駒神社の『馬場の桜』ですね。」
  私「そうそう。そごでゴザ敷いでコンロ持って行って、ジンギスカンやったごどあんだあ。」

 私好みの清酒が揃っていたので、ついつい飲み過ぎてしまったのだ。なので、2次会はKさんの知っているバーに連れていかれたのだが、「天井がなんとなく高かった」という記憶しかないのだ。

  「何ていうバーだべ?」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ