goo

山の日に磐梯山に登ってきたのだ。暑かったあ。

 さすがは山の日だ。磐梯山登山。

 昨日10日の山の日に、八方台登山口から磐梯山に登ってきたのだ。
 駐車場に着くと満車だ。仕方ないのでちょっと離れた駐車場に行ってみたのだが、そこも満車。「どうすっぺ」と、もたもたしていると運よく1台の車が出たので、そのスペースに駐車。ラッキーだ。

  「こごでこだに混んでんでは、山頂はなにほど混んでっぺ。」

 と、登山開始。この日はすごく暑く、歩いていて、汗がぼたぼたと落ちてくるのだ。1時間半で弘法清水に着いたのだが、

  「あんましあづくて、バデだあ。」

 10分の休憩の後、山頂へと出発したのだ。が、しかし暑さで疲労感が半端でないのだ。標準タイムを大幅にオーバーしたが、どうにかこうにか32分で山頂へ。

  「やっと着いだあ。いっぱい人いるう。山頂もあづい~。めずらしぐ猪苗代湖見えだあ。」

 ちなみに写真は弘法清水で水を汲んでいる多くの人々。私もいつもここで空いたペットボトルに水を汲んで下山するのだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

天辺でP氏の誕生会

 土曜日はいつもお世話になっているP氏の誕生会だったのだ。会場は早稲町の中華料理店「天辺」だ。吾々仲間の誕生会の会場で、中華料理屋さんでやるのは初めてだ。
 乾杯の飲み物はとりあえずビールだ。青島ビールもあったのだが、無難にアサヒスーパードライの中瓶で乾杯だ。

  P「青島ってどごにあんでしょうかね?スーパードライ飲み終わったら、青島ビールにしますか?」
  私「ほんとですね。青島ってどごだべ。中国の南の方ですかねえ?」

 今調べてみたのだが、私が思っていた所とは全然違っていたのだ。いい加減だ。上海と北京の間だ。
 その後、

  私「紹興酒、杏露酒もありますね。青島ビール飲み終わったら、飲みますか?」
  P「紹興酒、杏露酒って何で出来てるんですかね?」
  私「そういえばどうやってつくってんですかねえ?」

 今調べてみたのだが、杏露酒って日本で作られているお酒のようだ。紹興酒は蒸留酒ではなく、醸造酒のようだ。



 こうして、無事誕生会も終わり、栄町で軽く2次会となったのだ。平和通りを超え駅前通りに行くと、

  私「なんだあ、あのわらじは?」
  M「わらじ祭りでないの。」

 ちなみに、駅前通りに露店が出ていて、飲食用のテーブルが並べられていたのだ。その中に、木幡福島市長も飲食していたのだ。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

平田小学校学区散歩

 平田小学校学区を散歩したのだ。平田小学校の近くに平石小学校と大森小学校があり、どこまでが平田小学校の学区なのか自信が無いのだが、とりあえず「陽林寺」から出発だ。
 「陽林寺」は2016年11/1のブログに登場していたのだ。紅葉を見に行ったと書いてある。4年ぶりの訪問だが、昨日のように記憶が新鮮だ。

  「なんだが懐かしなあ。」




 この寺の坂を下り道なりに真っ直ぐ行くと「鹿島神社」があるのだ。拝んでいこうと鳥居の所に行くと、夏越し祓の茅の輪があったのだ。

  「こどしはくぐんのまだだったがら、くぐってんぺ。」

と、左・右・左とくぐって本殿へ。

  「思わずくぐらっち、良がったあ。」

 今回はちょっと短い散歩コースだったが、何となく良かったのだ。ちなみに、近くに鳩を飼っている家があったのだ。
 ちなみに、「鹿島神社」の所に濁川が通っているのだが、以前2013年2/27のブログで杉小の前の川のことを書いて、その川の名が濁川であることが判明したのだ。
ちなみに、濁川はこの「鹿島神社」から杉小前を通り鳥谷野の阿武隈川へと合流するようだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大久保小学校学区散歩

 飯野町にある大久保小学校学区を散歩したのだ。飯野町には大久保・飯野・青木と3つの小学校があるのだが、以前は4つあったのだ。25年位前に飯野小学校と明治小学校が統合して一つになったので、4つから3つに減ったのだ。

 さて、本題。大久保小学校を福島市役所飯野支所の方に行くと「大桂寺」という立派なお寺があるのだ。更にその裏道を行くと「カフェ 普門an」という蕎麦屋があるのだ。まさに、車ではなく散歩しないとわからないような店だ。
 
  「普通の家みでだなあ。」



 境川の橋を渡り県道39号線の裏道を歩くことにしたのだ。ここには「丸進」・「丸本」という2つの機屋(はたや)があるのだ。私が社会人になった頃、先輩にこの2つの機業場はすごくおっきい機屋だ、と聞かされたのだ。その「丸本」をちょっと行くと「村社 住吉神社」の石柱が。

  「せっかぐだがら行ってみっぺえ。」

 と、簡単に思っていったのだが、神社がちょっと高いところにあるので登るのに少し大変。大久保村?の頃の神社?。

  「狛犬なんかあって、ながなが立派な神社なんだなあ。」
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

一切経山登山~凄い人だったのだ。

  「4連休だし、山に登ってくっかあ。どごの山にすっかなあ。」

 結局、足慣らしを兼ね「一切経山」に登ることにしたのだ。
 浄土平駐車場に到着すると結構な車と人が・・・。9:10に登山開始したのだが、その時には既に多くの人が登山をしていたのだ。ものすごい数の人だ。

  「go toキャンペーンで人が多いのがなあ。一切経でこのくれ多いんだがら、西吾妻なんてもっと凄いごどになってんだべなあ。」

 確かに、車は県外ナンバーが多かったし、登山者も県外からの人が多いように感じられたのだ。山頂も今までにはないくらいの登山者で溢れかえっていたのだ。

  「今日は最高の登山日和だあ。昨日噴火口が明るくなった現象があったどが言ってだげど、なんでもなくて良がったあ。それにしても紅葉の時期は別だどしても、この時期に県外からこんなに人が来るなんて、GO TOキャンペーン恐るべしだ。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ