テレオロジカルな行為。

結果に関わらず、それ自体から充足感が得られる行為。
by ポール・マッケンナ

サマーキャンプの落とし穴・・・・・(^^;

2017-04-10 22:27:14 | 小学生50人とサマーキャンプに行ってみた。

これは今のキャンプが始まるよりも
もっと前の別の子どもキャンプの話です。


私は子どもたちのバスに乗用車で随伴する担当でした。
(とある保護者のお母さんKさんと一緒に・・)


そのお母さん、朝、バスの出発する公園で、
見送りのお母さんたちと談笑しています。


保護者に愛想してくれるのはいいんですが、
子どもたちを乗せたバスはもう出発してしまいました。(^^;


私は横着してて、ルートを頭に入れておらず、
バスに着いてゆく段取りだったのに・・第1の(##゚Д゚)イラッ


案の定、バスは名神高速へ進んだが、
私たちの乗用車は間違って、中国自動車道へ・・(^^;
「ゆわんこっちゃないやろっ」第2の(##゚Д゚)イラッ


携帯電話でバスに連絡、間違いを知ってルート修正。
バスに追いついたと思いきや、今度は高速の降り口を
行き過ぎてしまう・・第3の(##゚Д゚)イラッ


(同乗者のお母さん、しゃべってばっかりおらんと、
地図ぐらい見て協力しろやっ!みたいな・・)


バスよりかなり遅れてキャンプ場に到着、子どもたちは
私たちの乗用車に積んでいた弁当待ち・・(^^;
キャンプのスタートから大ポカです。(ノД`)


まぁしかし、ボランティアで参加してる私たちに
リーダーは寛容の心でミスを許してくれました。


「あ~ほんまに散々なスタートやったなぁ~」
スタッフ用のロッジで一人遅い弁当を食べる私。


そうだ、同乗のKさん、私の好物と知って、
ゆで卵を持ってきてくれてました、
「そういうとこは良く気がつくなぁ・・(^0^)」
私はそのゆで卵をむきました、


そのゆで卵、カンカン照り車のダッシュボードに
置いてたんで、中身が熱でグチャグチャ(・□・)
「ゆで卵もこれか~~~~~いっ!!!」


第④の(##゚Д゚)イライラで、
とうとうブチギレた私でした。

コメント

サマーキャンプに、久々の大物登場!!Σ(゚д゚lll)

2017-04-09 13:18:54 | 小学生50人とサマーキャンプに行ってみた。

何年か前のサマーキャンプでのこと、
とある新1年生の男の子、A君が参加してました。

A君が同級生の男の子とフリスビーをしています。

A君は同級生の子にエラそうに命令口調でさしずしています。
私はずいぶんと乱暴な感じの子やなぁ~
ぐらいで見てました。

そのうち、A君は同じキャンプ場に来ていたヨソの子どもにちょっかいをかけ始めます。
A君が全然知らないヨソの子の手をつかみ、
「おいっ!おいっ!びびっとる、びびっとる!」

私「・・・・・・」(・□・)

私がA君に「おいっ!今の子、ヨソの子やろ!」と怒るが、まったく意に介してない。
あまりの大胆な展開に一瞬、私は目が点になりました。(^^;

そうこうしてるうちにおフロの時間。
A君はタオルしか持っていません、

私「おいっ、お前、着替えは?」

A君「男はタオル一本でええんじゃっ!」

私「・・・・」(゚д゚lll)


大物や、大物、久しぶりの大物の登場に
私はワクワク感と笑いをこらえるのに必死でした。

(≧∇≦)

コメント

子ども会のサマーキャンプも、今年でな、な、なんと、8回目~!!(゚д゚lll)

2017-04-08 07:37:17 | 小学生50人とサマーキャンプに行ってみた。

「地域の子どもサマーキャンプも今年で8回目!」

とリーダーが言うので、

私が冗談で、
「オレも8回中、7回も参加してるんやから、勲章ぐらいちょーだいやっ!」と言いました(笑)


子ども会のキャンプというのは、

戦争と祭りが同時に来たみたいに大変なんですね。
(その分、めちゃめちゃ楽しいんですが)


思い起こせば私のキャンプ初参加で、
子ども達の川遊びの時でした、


私は優雅に自分の海パンを荷物から取り出し
川遊びの準備をしてたんですが、
リーダーのスピード感は全然違いました。


自分の海パンなんてはいてる時間もないんですね

忙し過ぎて・・(^^;

 

リーダーいわく、

「子ども達を川に連れて行って、川に放り込んでから、川沿いでスキをみてはくんねん・・」

すさまじいスピード感・・(゚д゚lll)


これが子持ちのスピード感かと思いいました。

子どものいない人って、比較的、自分に時間をかけれますからねぇ・・

これはひとつのカルチャーショックでした。

 

コメント

キャンプも有意義だったけど、本当は夏は涼しい部屋で本読むのが一番好きです。

2016-08-07 06:39:31 | 小学生50人とサマーキャンプに行ってみた。

↑これだけの人数の子どもに、自分のサイズのライフジャケット配るだけでもひと仕事でした。

みんなそれぞれサイズが違いますし、体格もまちまちですんで・・・(^^;

川でアユつかみをする前の写真です。

 

↑小学生時代にキャンプに参加してた子どもが、中学生になるとスタッフで参加してくれます。

頼もしいですね!背も高く、体格もがっちりしてスポーツマンはすばらしい。

キャンプほど体力とタフさが求められる場所もありません・・

 

↑なんと言っても、大人なボランティアスタッフの献身的な活躍なくしてキャンプはできません。

暑い中、自分たちは一度も川にも入らずに、準備に片づけに、影の存在に徹してくれます。

子どものお父さんや、その他、キャンプの趣旨に賛同して来てくれた方、

外国人留学生で日本語を学んでる方や、子どもが好きな方、

リーダーの人望で、毎年、たくさんの頼もしいスタッフが参加してくれます。

 

 

 ↑結局、何してたんやろ・・?なんせ、楽しそうにワイワイしてました。(^0^)

 

 

キャンプと言えば、カレー。

キャンプの雰囲気が、食欲をそそります・・

班ごとに、おそろいの色のスカーフを巻いています。

 

 

 

コメント

許せないことも、すべて飲み込めるぐらい強くなりたい・・・

2016-01-12 20:55:44 | 小学生50人とサマーキャンプに行ってみた。

去年のサマーキャンプの写真ですが、

結局オレは、1回も川遊びできず、

裏方仕事に忙殺され、あげくにケガした子どもを連れて

病院へお供・・・(´×ω×`)

コメント

お盆SP⑧「カマド番長、大健闘!」/暑い中で、火をたき、熱い豚汁を食うと・・・汗が吹き出すよ。(;´Д`

2015-08-16 12:42:26 | 小学生50人とサマーキャンプに行ってみた。

今回のキャンプ場、かまどが足りなくて、

沖リーダー、かまどを自前でつくったようです。

(5班あるので、このかまどを5つ)

 

今回、初参加の奥谷さん、

かまどでの作業で大活躍していただきました。

(^▽^)

 

キャンプでは、かまどでの作業が多いんですね。

 

私も少しだけ、かまど付近で作業しましたが、

ただでさえ暑いのに、かまどのそばに行くと汗が吹き出てきます!!(^_^;)

 

暑い中で、サウナに入ってるような感じ・・・?

このかまど担当をしていただいた奥谷さん、

今回のスタッフの中でも、とても目立つご活躍でした。

大きな声出して、カラダもよく動かして、気も回して、

すごい・・・・〔゜Д゜〕

 

かまど担当と、

キャンプファイヤーのファイヤーキーパーが

とっても暑くてツラいんです。

 

ほんで、暑い中、メニューが豚汁だったりすると、

豚汁を食べるとカラダの中も暑くなり、(;´Д`

私は思わず、スタッフ用のロッジに戻り、

横になりました・・・・(≧∇≦)

 

まぁ、作る段取りから言うと、豚汁とかは

作りやすいんですが、子どもでも。

キホン、切って、ナベにほり込んだらええだけやから・・・

 

コメント

お盆SP⑦「キャンプ場ではいつもシャワーが足りない!」そこで、簡易シャワー室をつくりました・・?

2015-08-16 12:20:45 | 小学生50人とサマーキャンプに行ってみた。

キャンプ場のシャワー室といえば、

100円を投入して浴びる、コイン式の簡易シャワールームのような感じで、

 

今年の滋賀県近江市の●●キャンプ場でも2ヶ所しかありませんでした。

100円で1人5分・・・・

子ども男子だけで25人ぐらい居ます。

1人で5分もシャワーしてたら、いくら時間があっても足りません。(^^;

(しかの他のお客さんとシャワー室は兼用)

 

そこで沖リーダーなにやら思いついたようで、

タープにブルーシート取り付けて、外から中が見えないようにして、

キッチンのシンクの水道からホースを引っ張ってきて、

子どもの男子用に簡易シャワールームをつくってくれました。

 

さて、その子ども男子用のシャワールームの様子をのぞいてみると・・・

 

脱衣用の机の上には、川遊びでビチョビチョの衣類が山積み・・・・

しかも、シャワー室内にいる子どもに聞いても誰のモノかわからないとのこと。

・・・・・・・・(つд⊂)

 

とりあえず、シャワーを浴びているのは夜ですから、

ビチョビチョの衣類はまとめて外に。

まず乾いてからでないと、持ち主も探せません・・

 

みんな、家に帰ったらお母さんに怒られるんやろなぁ~

「あんた、くつした片一方ないでっ!」

「水中メガネ、どこやったんっ!(`Д´)」

 

 

コメント

お盆SP⑥「キャンプ出発の朝は大変なんで、気おくれしないように・・・毎年(^^;」

2015-08-16 11:42:44 | 小学生50人とサマーキャンプに行ってみた。

今回がキャンプ主催6回目の沖健二リーダー(46歳、中1の息子と小3の娘も参加)。

今年はスタッフ専用の行程表(しおり)も作成し、事前に全スタッフ宅へ郵送と、準備は万全。

出発の朝、子どもたちが来る前に、スタッフを集めて、キャンプのしおりを読み合わせと、

やや余裕の感も。(・∀・)

 

キャンプ場の手配から、子どもの募集、学校や親への周知、準備と、

出発をむかえるまで、ここに至るだけでも、すごい量の労力がかかっています。

 

それをほぼ孤軍奮闘で沖リーダーはこなしてきました。

そのひとり孤独で進めてきたところに迎えた出発の朝、

およそ20人ものスタッフが顔をそろえてくれるわけですから、

沖リーダーとしても、うれしくて、頼もしいに違いありません。

なんだかすごく、うれしそうにスタッフを前に打ち合わせを始めました・・

 

キャンプにスタッフとして何回か参加しているスタッフは慣れているんですが、

どうしても、初めて参加のスタッフの方などは、

その出発の朝の人の多さと、ドタバタ感と、緊張感と、期待感と、ワクワク感と、高揚感など、

いろんな感じが入り混じった、独特の雰囲気の中で

「少し気おくれ」するようです・・・

 

今回も初参加のスタッフの方が1人、

自分の乗っていくクルマがわからず、道路で困っていたので、

私がクルマに乗せて、バスの発車場所まで連れていきました。

(スタッフも親も、子どもたちのバスを見送る)

一緒に行くパートナーが声をかけないのもいけないですが・・(○`ε´○)

 

こういう時は、参加経験の多いスタッフがフォローしてあげないと

いけませんよ!

(・∀・)

↑ なんせ、この人だかりですから・・・・子どももコーフンします。

 

 

コメント

お盆SP⑤「トラロープが吹っ飛んだ・・(^^;」/ あまく危険な香り 山下達郎

2015-08-16 08:59:59 | 小学生50人とサマーキャンプに行ってみた。

 

 

コメント

お盆SP!④「スタッフは召し使いではありません・・・!自分で考えて行動する訓練を。」

2015-08-15 09:35:32 | 小学生50人とサマーキャンプに行ってみた。

やはり、例年のキャンプでは、

キャンプの計画・準備・実施・ほぼ全てをひとりで仕切っている

リーダーの沖 健二さんに子どもやスタッフの質問が集中します・・・

 

子ども「ねぇ~沖さん、はしが1本足れへ~ん!」

 

さすがの沖さんも質問攻めに少々げんなり・・

 

高学年の見込んでいる子には、

もう少ししっかりして欲しい。という思いも込めての

お説教です・・・・・・

(^^;

 

コメント