野の花ガーデンblog

野バラが大好きのんのんです。江戸時代に咲いていたような古いバラに興味を持っています。

アクリル毛糸のハマナス

2010-02-15 19:16:48 | 編み花
アクリル毛糸で野の花を思いつくまま編んでいますが、
やっぱりバラを編めるようになりたいです。
野生のバラとなると、細部にわたってこだわりがありすぎて
なかなかうまくいきません。
アクリル毛糸では色数も少ないし、糸も太いので無理な話ですよね。
でもそこをがんばって、感じが出せたらうれしいです。

今日はハマナスに挑戦してみました。


アクリル毛糸のハマナス完成!
何かいい使い道が見つかればいいなと思います。


一番苦労したのがしべの部分です。
バラの区別はこのしべの違いもすごく重要なのです。
どうでしょう、キナモメア節の感じがでているでしょうか。
花の色は紫赤にしました。
少々暗い気がしますが、この色しかないので仕方ないです。
今度はピンクや白でも試してみたいものです。


うまくいったかなと思うのはつぼみの部分。
花びらがガク片の隙間からのぞいているところが気に入っています。
開きかけの花も作ったりして、楽しみました。

どんな編み方をすればそのバラの特徴が表現できるか、
いろいろ試してみるのは楽しいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ミモザのつぼみたち | トップ | カザンリクが発芽 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キナモメア節の蕊 (ぴぴん)
2010-02-16 20:28:46
こう、まんなかにこんもりとした雌蕊があって、
雄蕊があまり散らばらずにぐるりと輪になっている感じですね。

のんのんさんの日頃の観察が、
しっかり現れることに感服します。

蕾もかわいいです!
微妙な違い (のんのん)
2010-02-17 18:45:47
ぴぴんさん、そうなんですよ~、わかってもらえてすごくうれしいです。
コメントありがとうございます。
編み物なのでそんな微妙な区別はつけられないのですが、なんとなく、そんな感じに見えたらいいなと思いながら編んでいます。

コメントを投稿

編み花」カテゴリの最新記事