のんのつれづれなるままに

  ~ 上原正敏さん勝手にふぁん倶楽部 ~

自戒

2017年03月31日 | ぼやき・諸々
たいして努力もしていないくせに、早く上手になりたいと思う。
みんなが私よりも優れた人に思えて、卑屈にならないように必死に立っている感じ。

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

・・・と思う人に、わたしはなりたい。
コメント (2)

昭和…幼き日の想ひ出

2017年03月30日 | コンサート

板室温泉にある大黒屋旅館では、毎月26日に「音を楽しむ会」という催しものがあって・・・

年に1度、上様の演奏会が開かれます。

確か2005年からだったと記憶しているので、今年でもう10回以上になるのでしょうか?

私ももう6度目になりました。

宿泊費(演奏会費を含)は、私のような薄月給の者にはお高めなのですが、

毎回毎回、「あぁ、来て良かったな」って 本当に心から思えるステージです。

今年のテーマは「昭和~幼き日の想ひ出~」

上様が?昭和歌謡を歌うの?!

何の歌を歌ってくださるのか、ワクワクしすぎてとっても待ち遠しかった!!!

大黒屋さんは、相変わらず静寂の中にあって・・・

冷たい雨が降っておりましたが、床暖房が心地良くポカポカ迎えてくださいました。

 

黄昏時から始まった演奏会。

オープニングはティリンデッリ作曲「O primavera!」・・・「春よ!」

そしてチマーラ作曲の「Nostalgia(ノスタルジア)」と「Fiocca la neve(雪が降ります)」
 
今日は「昭和の時代」に活躍した・流行った歌を集めて下さったそうです
 
おぉ!「昭和=日本の歌」だと思い込んでいた私・・・世界がちいちゃいw
 
さすが!上様!グローバルです
 
それから「さくら横丁」
 
からたちの花。etc...
 
大黒屋さんのブログに演奏会の様子がUP されていましたので、ぜひご覧ください!
 
 
本日のピアニストは北様こと北村晶子さん。
 
雪が舞う音色、さくらの花びらが舞い散る音色・・・うっとりと聞き入りました。
 

そして最後にオペラ「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」

なんと、トゥーランドットが初演されたのは「昭和元年」なんだそうです!

思わず「へぇ~!」って声を出してしまいましたw

2006年2月、トリノオリンピックで荒川静香さんが金メダルを取って、イナバウアーと共に大流行したこの曲。

初めて上様のネッスンドルマを聞いた日の感動は、今でも忘れられません。

 

演奏会が終わって部屋に戻るとき、廊下に沈丁花が飾ってあったので一枝頂いて 枕元に飾って眠りました♪

最高に贅沢な時間・・・。感謝!

 

そして・・・雨は夜更け過ぎに、雪へと変わり・・・

朝、一面の銀世界!笑笑

上様が「Fiocca la neve (雪が降ります)」を歌ってくださったから・・・雪が降っちゃいました

さすが!上様!「嵐を呼ぶ男」です

コメント