のんのつれづれなるままに

  ~ 上原正敏さん勝手にふぁん倶楽部 ~

最高だぜぃ~!

2013年01月31日 | コンサート

すっごく楽しかった~ パイレーツ・オブ・ブルーローズ6

前回も、前々回も「抱腹絶倒もうこれ以上、楽しい演奏会なんてムリ!

・・・って思っていたのに~!

またしても、やって下さいました~! 楽しかったよぉぉぉx


面白いアイディアが、次から次へと出てきて、まるで、オペラ界の吉本新喜劇!

大爆笑していたら、ステージの上から 上様から「そんなに?(笑うの)!」ってツッコミが入っちゃいました~(笑)

この笑顔!見てください

最高のステージだったって、わかるでしょ?

お見逃しになった方、大丈夫です!

速報!次回、2013年6月18日(火)19:00~


 手帳に書いておかなくっちゃ!

今日の演奏会は、常連さんが多くて・・・ファンクラブの集いのようでした。

私たちの間では上原さんのことを「上様」・・・ってお呼びしているのですが、

ちがうグループの方たちは「王子様」・・・って呼んでいらっしゃるそうです 

↑ こちらは、上様&北様への愛が込められたチョコレート

私も、お裾分けをいただきました~ありがとうございます~幸せ!

今回は、Pちゃんが行かれなかったので・・・頑張ってレポート書きます^^;

ちょっと待っててネ! ~ See You ~ 

コメント (2)

木漏れ日に

2013年01月29日 | ぼやき・諸々

Sコンサートの中で、ショパンの「別れの曲」に歌詞をつけた歌が歌われました。

そういえば・・・

私も22年前 大切な人と別れた時、この曲に詩を付けました。

当時、ドラマ「101回目のプロポーズ」が放送中。そのドラマの中で、何度も流れていたメロディでした。

柔らかな光が 優しく 我を抱(いだ)く

緑の梢に さえぎられた 遠い空よ。

 

ひとすじの光が 眩しく道を拓(ひら)き

神影(みかげ)に護(まも)られ 微笑むあなたの吐息が私のこころに。

 

嗚呼、静かに 時は過ぎ

いつの日か 再び 逢う日を・・・夢見て・・・

 

*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜

平成3年、夏の暑い日でした。

我が家には、大きな栗の木があって・・・

青々と茂った木々の葉から、木漏れ日がキラキラと差していました。

さわさわと揺れる木々。その風が、私の濡れた頬にも届きます。

私から見れば、木漏れ日だけど・・・

天国から見れば、木陰に隠れているのは 私の方かも知れないね。(笑

神様に抱かれて、私が泣いている姿を見て笑っているはず!

いつか、逢える日を信じて・・・私は今日も生きていきます。

 

*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜

気に入ってくださった方、適当に直して 歌って下さいネ♪ 

著作権フリーです。(笑)

 

でも、今でも・・・木漏れ日を見ると 条件反射のように 涙があふれて来ます。

可笑しいねw

(写真提供:liuringさん ありがとう!)

コメント (6)

ご紹介に預かり・・・by Pちゃん

2013年01月28日 | コンサート

早速、Pちゃんからレポートが届きましたのでUP致します。

以下、お楽しみ下さいませ

========

行ってきましたぁ~!1月27日(日)厚木市文化会館小ホール『Sコンサート』~みんなのはじめてクラシック~

 もう何度も足を運ばせていただいているこのコンサート

 当然一昨年の夏にも楽しませていただいて、アクシデントも体験済み・・・(笑)

 ホール入口に『前回コンサートの様子』の写真がディスプレイされていて、「そう、そう!ねっ!いい記念ね・・・!(笑)」

 会場は、「満席ですので、おつめ下さい。」「荷物を置かないで下さい。」と係りの方々の必死な様子。・・・そうですよね、座れない方がいらしては大変ですもの・・・。

 なんとか収まり、周りを見渡すと本当に満席!すごい!

 さあ!いよいよ開演!ん?あれ?ステージ真っ暗?えっ?デジャブ?(そうなんです。そのアクシデントとは、ステージで最後の歌が歌い終わったとたん、停電になるという、大変間のいい(?)演出のような出来事でした。詳しくは、nonさんのブログ2011,8,28をご覧ください!)

 ううん、イスの非常灯つかないし・・・

 間もなく、懐中電灯で照らしながらピアノ伴奏の大須賀さんと、上原さん(以降『うえさま』で・・・)がスタンバイ。

 前奏が鳴り、歌の直前でポッと点くライト…。

 「さすが・・・。」と呟くnon さん。・・・ホントに!

 1曲目の『アニュス・デイ』は1曲目なのになんて力強い歌声なのでしょう…
 以前に冬の満席のホールでの1曲目は響きにくいとお話されていましたが、うえさまの声、スーパーボールみたいに跳ね返ってくる・・・

 あ~(泣)・・・やっぱり来て良かった

 うえさまの、「ようこそ!Sコンサートへ!」の気持ちがたっぷりたっぷりこもった1曲でした

 そしてマイクを手に取り、「前回最後で停電になったでしょ?だからその続きから始めてみました。」とのコメント。(笑)

 『ステージおもてなし術』があるとしたら、うえさま免許皆伝ですね。『料亭の気配り女将』ならぬ『ステージの気配り上さま(かみさま)』です

 厚木市文化会館応援アーティスト2期生になられた、ピアノの加藤未奈さん。『ため息』という曲は初めて拝聴しましたが、ロマンチックで川のせせらぎの中に、ポタン、ポタンと滴が落ちているような美しいメロディーと演奏でした

 次の寺本和真さんは、こういう言い方をすると失礼になるかもしれませんが、お人柄を表すようなお声と歌で優しい気持ちになりました
 特に2曲目の『ぞうさん』は感動的な選曲でした
 小さいころ、お父さんと見に行った動物園のぞうさんが、目の前に現れたようでした。

 会場にはお子様の姿もあったので、この1曲は心に響いたのではないでしょうか・・・

 続いて、中山明美さんの『夜の女王のアリア』ですが、勉強不足の私は、聴き覚えのあるメロディーが、女王様のお怒りの曲だとは知りませんでした

 素人の私でも何となくわかる難しい音(高くて跳ぶ音)を穏やかな笑みをたたえながら歌ってしまう中山さんビックリです

 次の森口賢二さんは、まさに闘牛士!出で立ちもさることながら、その歌声は、自信に満ち溢れていて、暴れ牛をもひらり!とかわしてしまいそうでした

 そして、一部最後の曲、うえさまと中山さんの『リゴレット』の二重唱従順な箱入り娘の
御嬢さんが、プレイボーイに出会ってとまどいながら心を許していく様子に、歌はもちろんお二人の動きでぐいぐいと引き込まれていきました
 
 今回のサブタイトル、~みんなのはじめてクラシック~にぴったりのオペラの楽しさがしっかり伝わる1曲でした
 やっぱり、ラブシーンは外せませんよね

 休憩をはさんで、第2部は『これぞプロの仕事!』密度の濃いステージでした。

 初めは中山さん『あんたが大好き』『からたちの花』そしてアンコールの曲と、3曲それぞれ違うイメージのもので、中山さんの歌の幅の広さを感じました

 森口さんの『彼女に告げてよ』は、曲の説明をいただき、ご説どうりの情熱的な歌声を聴かせていただきました。

 『宵待草』は、儚い歌だと思っていましたが、こんな風に男性の声で歌っていただくのも新鮮でよいなーと思いました。
 アンコール曲では、学生のころを思い出し、なつかしい気持ちになりました

 そして、うえさまの『勿忘草』と『カタリカタリ』。どちらもフラれちゃう歌だけど、メロディーがきれいで、声も甘くて、ステキステキ
 立ち去りかけた彼女も、戻ってきちゃうんじゃないかしら…(笑)

 お話の流れが変わっちゃいますよね

 アンコールの曲は、日本の昔を思い出させる曲…。
 私ね、油断していたんですよ。今日は~はじめてクラシック~だから…と思ってハンカチ握ってるの忘れてたんです(いつもうえさまの歌を聴くときは持っておくんですよなぜだかわかりますよね
!)

 このアンコール曲でやられちゃいましたね。不覚!涙したことより、涙すると思ってなかったことが…です。

 でもたぶんたくさんいたと思いますよ。私の仲間・・・。

 そしてプログラム最後は、『セリビアの理髪師』の二重唱。
 森口さんの理髪師は、ホントにこんな方いそう!っていうくらいの雰囲気で、お金持ち役のうえさまとの掛け合いやコイントスとキャッチ。早口言葉みたいな歌
どれをとっても楽しいことだらけです

 そしてアンコールでは、3人でのワルツの二重唱・・・?

 そうです。一人淑女(中山さん)をめぐって、二人の殿方(森口さんとうえさま)が入れ代わり立ち代わり歌うのです。

 歌っているときのパフォーマンスはもちろんのこと、歌っていないときの演技(アドリブですよね)も見ごたえありました

やっぱりこれは、あの瞬間、あの客席に座っていた300人だけが味わうことのできる、あの時だけのもの・・・。

 新雪で作った『雪うさぎ』です。

 『Sコンサート』~みんなのはじめてクラシック~本当に初めてな方も、そうでない方も「また行こう!クラシックってオペラって楽しい!」と思えたSweet memory Concert でした。
 スタッフの皆様、幸せな時間をありがとうございました。

 厚木っていいですね!


 P、S  うえさまのハッピ姿良かったです。
      拝見出来てハッピー・・・なんちゃって 

コメント (5)

Sコンサート

2013年01月28日 | コンサート

「“ふるさと”っていいな~」・・・って思うコンサートでした。

~みんなのはじめてクラシック~

地域のための、地域の演奏家によるコンサート。

初めてクラシック(声楽)の演奏会に来たお客様が1割くらい。

「初めての演奏会が、Sコンサートで良かったですね!」って思いました

 

最近、パソコンデビュ~した Pちゃんが、きっと丁寧なコンサートレポを書いて下さると思いますので、私は端折りますが・・・(笑)

満ち足りた、幸せな気持ちの中にいます

 

今回、私は用事があって、最後までいられなかったので・・・

Pちゃんに上様の写真を撮って頂きました

上様・・・歌が素晴らしいのは当然!ですが、司会業も凄いなぁ。

今までは、「上様のようになりたい!」って思って必死に追いかけていたけれど・・・

凄すぎて、溜息しか出ないわ!

でも、すごくパワーを貰った=

“ぞうさん”すごく良かった!

“宵待草”も良かった!

“ムゼッタ”も良かった~!

若きピアニストも、恵里さまの全てを包み込む愛に満ちた演奏も、良かった~

お客様も、スタッフの皆さんも・・・「あったかい」

 

前回、アンコールの時に停電になったので・・・今回は懐中電灯の明かりでのスタートだった。

休憩や開始の合図ベル(電子音)は鳴らさずに、「じゃあ、これから20分間の休憩です。 帰らないでねっ♪」って喋る。

随所に、上様のアイディア・優しさが込められていました

 

さて!次は・・・1月30日(水)19:00~紀尾井ホール

上様の笑顔、撮れるかなっ? お楽しみに~

コメント (5)

申し込んじゃった♪

2013年01月25日 | ぼやき・諸々

4月27日(土)杜のはしもとホール 「ヘンゼルとグレーテル」

申し込みました~ 詳細はこちら

上様(上原正敏さん)は、おばあさん役です♪

もう、既に残りわずかだって~

【曲目】
オペラ『ヘンゼルとグレーテル』より
「お菓子の家」、「ホークス、ポークス、魔法だぞ」
童謡「森のくまさん」、「アイスクリームの歌」
「ゆりかごの歌」、「あたまかたひざポン」 ほか

楽しみ~

コメント (6)

のんびりと・・・

2013年01月21日 | ぼやき・諸々

長男が小学校を卒業する時に、着せてあげようと思って買った白い毛糸。

編みかけのまんま…8年過ぎた(笑)

150cmだった息子も、175cmを超え・・・立派に成人の日を迎えました

「3次会まで盛り上がった~!写真撮りまくった~!」っと大喜びで帰ってきた息子に、

「写真見せてよ」って言ったら、「俺のカメラじゃね~もん」・・・とのこと。

な~んだ見れないじゃん。

 

がっかりしていたら、沢山見せてくれた

最近の子供たちはfacebook・mixi・ラインで繋がっているので、そこで見せ合うのだ。

そこには懐かしい顔がたくさんあって、リアルで逢わなくても同窓会が出来る。

犯罪やら詐欺やらと・・・ネットの怖さばかりが先に立ってしまう私に比べて、なんと自由で開放的なんだろう。

「大丈夫なの?」っと聞くのは野暮なこと。

「セキュリティーはバッチリ!判っているから大丈夫!」だそうだ。

もう私には付いていけない域だな^^; 脱帽!

 

そう思ったら、急にマニュアルなことがしたくなって・・・

編みかけのセーターを解いて、娘のポンチョを編み始めました。

編み図は頭の中。

やらなきゃいけないことが山積しているのに・・・(笑)

のんびり過ごしています♪

どんなのが出来るのか・・・お楽しみ~☆

コメント (6)

普通自動二輪(AT限)免GET!

2013年01月16日 | ぼやき・諸々

AT車限定ではありますが、400ccバイクに乗れるようになりました

「46歳のおばさんがバイク教習に通うなんて!」って思っていたのですが、意外と女性受講者が多かったです。

1~2割は女性。 しかも、その半数は30代後半~40代でした

入校テストでは、倒したバイクを起こすことと、センタースタンドを掛けられるかどうかのチェック。

車体に初めて近付いた時には、小型(125cc)に変更しようかと思ったくらい でかい!

それでも、意地で持ち上げましたけど・・・正直言って、怖かった~(笑

 

28年前、車の免許を取る時の教習所は・・・「いつも煙草の煙が充満していて、キャンセル待ちの人が大勢いて、教官は怖い」っていうイメージだったのですが、現在は「分煙!モバイル&パソコンで予約・キャンセルOK!待合室が清潔!」でした。

教官の怖さは・・・今も昔も変わってないなw

私の年齢が教官たちに近かったので、すぐに親しくなれましたけれど・・・

 

さて、費用ですが・・・教習所の規定で上がれば(学科免除なので)13時間の教習のみ。

(キャンペーン期間中のため、7万円弱)

クランクと1本橋に手間取り・・・プラス5時間(プラス1.5万円強)掛ってしまいました

でも、1段階でたっぷり時間を掛けて練習出来たお陰で、卒検では15人中トップ合格!(笑

無事に免許をGET出来ました 嬉しい~w

 

・・・でも、MTで取れば良かったかな、ってちょっと後悔!

そしたら、挫折していたかな?笑

コメント (8)

こっぱやんもや~

2013年01月14日 | 自主企画

2月の子育て支援活動の中で「鬼のパンツ」を歌うことになった。

※ご存知ない方のために図解入り~(笑)

手遊びでは、よく使う曲だから 何度も歌っているけれど~

鬼のパンツ・・・原曲は「フニクリ フニクラ」

・・・う~ん。

この曲は、ソプラノではなくテノールの声で聴かせてあげたいなぁ・・・

どういう構成で子供たちに聞かせようかな~?

「日本語 or イタリア語」って悩んで、いろいろ調べてみたら・・・この曲、ナポリターナなんですね♪

登山電車のCMソング(世界初のCMソングなんだって

 

「履こう!履こう!おに~のパンツ~!」の部分は・・・

「行こう!行こう!さぁ、行こう~!(Jammo,Jammo,ncoppa Jammo ja)」

「ヤンモ、ヤンモ、コッパヤンモ ヤー」・・・っとなります(細かい発音は置いておいてネ^^)

これ・・・原語で子供たち(&お母さんたち)に教えるのも 面白いかも!

「原語で歌える喜び」を感じるのって、私だけじゃないですよね!?

 

ヤンモ、ヤンモ、コッパヤンモ ヤー  

ヤンモ、ヤンモ、コッパヤンモ ヤー  

フニクリフニクラ  フニクリフニクラ~  

コッパヤンモヤ、フニクリフニクラ 

・・・ちゃんと 曲に収まりましたか?

最後の1行は、「コッパヤンモヤ、フニ/クリフニクラ~」って歌わないと収まらないよ~!(笑)

コメント (6)

元気ウェ~ブ♪

2013年01月13日 | 講座・講演会ほか

上原正敏さん(通称:上様)の歌声と、子供達の真剣な眼差し&笑顔が「あつぎ元気WAVE」(厚木伊勢原ケーブルテレビ)にて放送中だそうです~

あつぎ元気WAVE ~厚木市文化会館 応援アーティスト~

2013年1月11日(金)~20日(日)

1日3回 / 12:00~、19:30~、22:45~ (各15分放送)

「出前コンサート」とは・・・「生きた演奏を子供たちに聴かせたい」という上原先生の熱意により実現した事業で、厚木市にゆかりのある音楽家達が厚木市内の小中学校にて、出張(出前)で開催されるコンサートのことだそうです。

この日は厚木第二小学校6年生の子どもたちの前で上原正敏先生と、ピアニストの大須賀恵里さん、一般公募で選ばれた市民音楽家(厚木市文化会館応援アーティスト)の寺本和真さん、加藤未奈さんらが、童謡やオペラの名曲などを披露しました。

 

1月27日(日)14:00~開演

Sコンサート~みんなのはじめてクラシック~

チケット、残りわずかなようです。お早めに=

コメント

躊躇逡巡

2013年01月09日 | ぼやき・諸々

久しぶりに、茅ケ崎の海あたりを散歩した。

ふと掲示板を見ると、「茅ケ崎オペラを作ろう!」というポスターだった。

演目は「椿姫」

合唱団員募集だって・・・。

以前の私なら、速攻で電話しているはず・・・。

だけど、躊躇した。

今年は6月と8月に演奏会の企画を予定しているし、娘の学校役員も受けている。

今の私には、これだけでもう 「いっぱい いっぱい」なのだ。

「躊躇(決心できないこと ・ ためらい)」ではなく 「逡巡(決断できないこと。 しりごみ)」の方である。

昨年体験した「発病」の恐怖・・・。

気力だけではどうにもならない現実があった。

今は、一歩づつ足元を見ながら進んで行こうと思う。

パパに「弱気な自分」を相談したら・・・「去年病気になってなかったら、今頃死んでたね!」と笑われた。

弱気な自分・・・で、良いのかな?

ごめんね。

コメント (6)