のんのつれづれなるままに

  ~ 上原正敏さん勝手にふぁん倶楽部 ~

オペラ「金閣寺」

2011年07月28日 | オペラ

ずっと探していたCDを見つけました

若かりし頃の上様の歌声が入っている、貴重なCDです。

(たぶん、20代半ば?)

今と変わらぬ、堂々とした美しいお声でした

黛敏郎氏がベルリン・ドイツ・オペラに委嘱されて作られた作品の、日本初演版。

この舞台は、斜舞台(八百屋舞台っていうのかな?)になっているんだそうです。

しかも 背景は全面鏡になっていて舞台が全部映し出されて見えるとか!・・・

贅沢な舞台~!!

裏面は、若い男役の上様が溝口の母親と絡むシーン。

横たわる上様が、上着をビリビリと剥ぎ取られるシーン・・・らしいです。

ずーっと以前、TVで放送されたのですが 日中だったためにこのシーンはカットされたとか!

映像が無い分、想像力たくましい私の妄想は~・・・

母親の狂喜(狂悦)したソプラノのコロラトゥーラ・高らかな笑い声が見事過ぎて、妖艶で不気味な・・・怖さを感じるシーンでした。

添付解説に、上様のプロフィールが掲載されておりました。

まだ海外で活躍される前の、若かりし頃のプロフィールです

「国立音楽大学および同大学院に学ぶ。1984年NHK新人洋楽オーディションに合格。1987年文化庁国内研修員。国立音大大学院オペラ『コシ・ファン・トゥッテ』のフェンランドでオペラデビューし、注目を集める。以後、『こうもり』のアイゼンシュタイン、『椿姫』のアルフレード、『チャールダッシュの女王』のエドウィン等に出演。コンサートでは『第九』等のソリストとしても活躍している。声質はリリコ・レッジェーロできめ細やかな瑞々しい歌唱には定評があり、将来が期待されているスケールの大きな声楽家である。二期会会員」

将来が期待されているスケールの大きな声楽家・・・当たってる

コメント (4)

2011年07月24日 | 声楽レッスン

グランドキャニオンのお土産に笛を頂きました。

札には“Kokopelli Flute”(ココペリ フルート)

ココペリとは、豊作・子宝・幸運などをもたらす精霊なんだって♪

可愛いので吹いてみたけれど、ドレミファソラシドが吹けないw

西洋音楽に当てはめて考える私がいけないのかな?(笑

でも、いっぱい幸せが来るように~!音階の指使いを探してみますネ

さて・・・

昨日は友人の演奏会にお招きいただき、拙い歌を歌って参りました♪

マスカーニの「花占い」と、啄木の「初恋」と「ふるさとの」の3曲。

お客様に喜んで頂けるのは嬉しいことです。

お友達も10人来て下さって、「すご~い!上手ね~!!」って、たくさん褒めていただきました

・・・でも・・・甘あまのアマチュアだから・・・ですよ~(笑

ちゃんと心得ております!

プロになったら、重箱の隅を突っつかれるようになるんでしょうね・・・

プロは大変ですね。。。

お客様をお誘いするのも大変なこと・・・。

今回のチケット代は、ケーキセット付きで1500円。

何人か、お誘いしたけれど・・・「行けたら行くね」と言う。

そう言った人は、誰も来なかったよ~(笑

お金を払ってでも、私の歌を聴きたいという人が・・・現れる日が来るといいなぁ~

そして・・・
早く、上様をご招待出来るくらい上手に歌えるようになりたいなぁ・・・

コメント (6)

梅雨明け~

2011年07月11日 | 家族

3月下旬に・・・

お気に入りだったピアノスペースと、2畳分の増築+納戸3つ+階段下スペースを利用して、

四畳半の(娘の)お部屋を作りました!

ピンクのハートの壁紙に、ピンクのハートのボーダーテープ

小さいけれど、居心地が良くて大満足!

ところが、行き場を失った「納戸3つ分+天袋1畳分の荷物」・・・

これが収まってくれないと・・・歌えない~

主婦の性なのか、私の性分なのか・・・

ひとつひとつ終わらせていかないと、次の課題に進めない・・・。

困ったものですx x x

再来週、友人の演奏会で歌わせていただくことになりました。

片付けも、終わりが見えて来ました♪ 

震災の余波は、私の生活の中でまだまだ続きそうだけれど、
梅雨も明けたし!頑張らねば・・・!!

コメント (2)