のんのつれづれなるままに

  ~ 上原正敏さん勝手にふぁん倶楽部 ~

レッスン10回目

2008年10月30日 | 声楽レッスン
とうとう10回目です~・・・と言うことは・・・

を叶えるためには、投資も必要です
さぁ、頑張って働こう~っと

今日は、初めてお目に掛かる教本でした。
"ボカリーゼ(vocalise)"の練習。
母音(aiueo)のアルペジオが続く。
イタリアでは、ポピュラな教本だそうです^^ 無知な私・・・

前回から「声帯を鍛える歌い方」を主に練習しています。
自分では、叫んでいるような・・・怒鳴っているような感じがするのですが、
きっと続けていれば見えてくる未来もあるもでしょう
地道な作業ではありますが、これが一番の早道だと思って頑張ります♪
レッスン自体は とっても楽しくて、あっという間の1時間。

・・・そういえば、もうすぐ11月。1年経つのが早すぎます
最近、急に老いを感じるようになりました。
手摺につかまらないと階段が降りられなくなり...老眼が進み...体の変化は顕著です...。

よしっ!
小野小町に負けないくらい、素敵な恋をいっぱいしよ~っと
上原さんの記事、発見 (注:Adobeです)



つくば行きまで、あと4日  --
コメント (2)

オペラ「小町百年の恋」2

2008年10月25日 | オペラ
待ちに待った“国民文化祭・いばらき2008”が迫って参りました



そこで上演されるオペラ「小町百年の恋」~筑波山愛ものがたり~に、上原正敏さんがご出演なさいます
(このオペラは、国文祭のために書かれた新作オペラなので 世界初公演w)
チケットは既に完売だそうです

上原さんは、小野小町&およしが恋する深草少将&高橋虫麻呂役。(1人2役)
小町役の腰越満美さんと“愛の二重唱”があるんだとか・・・
う~んたのしみです~w

先日のオペラ「源氏物語」の帰路・・・
上原さん、小町のオペラのスコアに向かっていらっしゃいました。
スコアの白い表紙は、読み込まれた重みのある色に染まり、中は鉛筆とマーカーペンで いろいろ書き込みがしてあって・・・。
見えない部分で、常にたゆまぬ努力をなさっていらっしゃるのですね。
黙々とスコアと向かい合っているお姿を拝見し、頭の下がる想いで居りました。



更に・・・
(私は伺えなかったのですが)今月11日に行われた 津田ホールでのコンサートでは、普段のレパートリーには無い曲を選ばれたんだそうです。
何故?
それは“自分に負荷を掛けるため”・・・だそうです
常に切磋琢磨。
その真摯なプロ魂が、私達を感動させてくれるのでしょうね・・・。
私も頑張らねば!!
コメント (4)

ドレスが届きました!

2008年10月21日 | ぼやき・諸々


ネットで発表会用のドレスを購入しました
開封一番 “うわっ、デカイ”
・・・て思ったのですが・・・
着てみたら、キツイじゃん(爆!
私って・・・どんだけデブなのよぉ~

・・・痩せなくちゃ
コメント (5)

Hello ! Win !

2008年10月19日 | 家族

    (娘作・去年のランタン)

長男が新人戦(個人種目)で優勝しました~♪
 ※神奈川新聞に小さくフルネームで出ています興味のある方は見て下さい~☆

18日が予選(1位通過)で、19日が本戦。
4月下旬に大きな事故をしてからずっと苦戦していたのですが、ようやく報われました。
これで3月に小倉で行われる"全国高校選抜大会"に神奈川県代表で行きます

来週は、次男の新人戦(バレーボール)予選w
このチームは“力”というより“チームワーク”で勝ち進むタイプ。
兄のような華やかさはないけれど、コツコツと真面目に努力する次男はセッター。
昨年(中1年)は、先輩達のお陰で“県大会出場”が出来たんだけど・・・
今年は?どうかな???

「私だってシュート決まったんだから~」っと、娘に叱られました^^
「お兄ちゃんばっかりじゃなくて、私の試合も見に来てよ~!」

・・・はい
この時期、身体がいくつあっても足りません

衣替えもまだ途中だし、秋祭りは今週土曜日。。。
祭りの準備と小中学校の授業参観、娘のハロウィンパーティも今週だ~

楽譜とゆっくり向き合いたいのにな・・・
来月にはピアニストとの音あわせ。

お友達の日記に“ハロウィン=ハロー・ウィン(win=勝利)”って発見
秋にピッタリの良い言葉~w
私も勝利目指して頑張ろ~っと
コメント (5)

Birthday

2008年10月13日 | ぼやき・諸々


先月メいっぱい働いたので、今月分で調節しないと103万超えちゃう
休みが増えるのは嬉しいけど、仕事は貯まっていくし学費は掛かるし・・・総合すると嬉しくない

今日は、引っ越してから「開かずの箱」だった パパの荷物の整理!
あらら~出るわ、出るわ・・・お宝?いっぱい!
古銭・切手・Nゲージに混じって、クーポン券やら会員証・・・な、なんとクレジットカードまで入ってる
それが今まで5年間、鍵の掛からない外の物置に放置されていたんだから・・・驚き!
そこに混じって・・・探していた絵を発見
言わずと知れた“シャガール”の名画“Birthday”(もちろん複製^^)

「自分の誕生日に、恋人(妻)が花とケーキで祝ってくれた。
僕は嬉しくて、(心が)飛んでいってキスをした」・・・っていう絵

シャガールのピュアな気持ちと、驚いたような奥さんの表情が好きw
・・・いつ見ても幸せな気持ちにさせてくれる

いつもトキメキを忘れない、そんな毎日を送りたいな
上原さんw だーいすき!(Σおいっ!)
コメント (4)

ねぇ、どうして?

2008年10月11日 | ぼやき・諸々


久しぶりに上原さんの夢を見ました。

上原さんは、社交界の真ん中で輝いていました
私は・・・それをドアの外から眺めて居りました

・・・ねぇ、夢なんだからさ~・・・
せめて会場の中にくらい、入ろうよ~
コメント (3)

オペラ「源氏物語」ハイライトコンサート

2008年10月08日 | オペラ
今年は源氏物語が執筆されてから千年・・・の年に当たるんだそうです
各地で“源氏物語千年紀”を祝うイベントがあって、その中でも「源氏物語がオペラになっている!」というのを知り・・・興味津々

題して源氏物語千年紀つるおか・三木稔作曲『オペラ源氏物語』ハイライトコンサート


頭中将(とうのちゅうじょう)役で上原さんがご出演
鶴岡(山形県)は…さすがに往復10時間以上掛かってしまうので断念
川越(埼玉県)の方を楽しんで参りました


会場の、東邦音楽大学内・グランツザール。
ここはドラマ「のだめカンタービレ」のロケで使われていた所
(のだめファンのアンちゃんと一緒に行きたかったわぁ
とても天井が高くて、響きの良いホールでした!

このオペラ!
題材が「源氏物語」なのにも関わらず、日本語じゃなくて英語で公演されていたんだそうで、日本語版は今回が初演!
そんな歴史の1ページに立ち会うことが出来て、光栄です♪

今回、作曲者三木稔さんの「残響の良いホールだと歌詞が正しく伝わらないのではないか」との配慮から、事前に歌詞冊子が配られました。(本当は字幕を入れたかったそうです)
オペラ「源氏物語」は、当に三木さんから産まれた子供!
作品に対する深い愛情を感じました。

合唱団とオーケストラに加えて、お琴と中国琵琶の演奏。
オペラの始まりは、まるで雅楽を思わせるような和音階。
そこに講談師が名調子で講釈を入れてくれる格好。
曲は現代っぽい作りで・・・全体を通して妖艶な、平安時代の雰囲気が漂う。
日本語(しかも口語調)なので、1000年前に描かれた恋愛とは思えない程 リアルな光源氏像を見た。
特に、六条の君は怖いくらい!見事な物の怪でした。。。

学生の頃、読みふけった漫画・大和和紀先生の『あさきゆめみし』
も一度読みなおそうかな・・・w

今回、残念ながら衣装や演技は無く、歌の掛け合いのみのハイライトコンサートだったのですが・・・あっという間の1時間半でした。
「演技は無く」
とは言っても・・・何故か上原さんは、自然に身体が動いてしまうのでしょうねw
身振り・手振りのアドリブが混じり・・・
あ~ ハイライトでは無くて、完成された全てが見たいです

終演後・・・
偶然(ちょっと故意?)に、上原さんと駅までご一緒させて頂きました
歩道の道幅が狭かったのと、話しかけたら質問攻めをしてしまいそうだったので・・・終始無言。
ただ後ろに付いて歩いていただけでしたがHAPPYでした
・・・金木犀の花香る、素敵な思い出が出来ました

写真・・・最近、頻繁に撮らせて頂いているので お願い出来なかったのですが、やっぱり楽しみにしていらっしゃるファンの方たちの為に、撮らせて頂けば良かったですね
次回、11月3日の小野小町はバッチリ撮って来ますね
待っていて下さいw
コメント (2)

レッスン9回目

2008年10月07日 | 声楽レッスン
毎年の事だけど、秋は本当に忙しい
夏休みが終わる直前から始まる“宿題地獄”
その後、毎週土日に繰り広げられる運動会・体育祭・文化祭・試合・大会etc...
その合間に職場で大きな仕事を任され~、秋祭りの準備が始まり~、超多忙

今年は 声楽に専念したかったから、役員は極力減らして2つだけにしたのに…。
知らないうちに4つに増えてた・・・
そんな多忙でも上原さんのステージ(全部じゃないけど)観に行かれるんだから、神様と家族に感謝しなくては

そんな中での「声楽レッスン9回目」

12月の発表会に向けて、モーツァルトのオペラ・魔笛より「パパパの二重唱」と、プッチーニのオペラ・トスカより「歌に生き恋に生き」の練習中

パパパはドイツ語。
全くドイツ語が読めない私は・・・ここの独和辞典を頼りにルビを振っているのですが^^ 
現代の読み方と、ドイツ古典時代の読み方は違うらしく・・・ 簡単には行きませんネ
トスカの方は、更に難題で・・・私の弱点が浮き彫りになりました
指揮者がいないと歌えない・自分で曲を引っ張って行けない!
伴奏に合わせて歌う「カラオケ」に慣れすぎて、ピアノの音を探して出遅れてしまう。
今まで、何度も聴いて一緒に歌って覚えていたハズの曲なのに・・・歌えない

歌は…ホントに 歌ってみないと難しさが判りません=3
あと2ヶ月で、克服出来る様に頑張ります!

それから・・・
これまた ショックな事ですが、「今まで長年歌ってきた割には、声帯が鍛えられていない」とのご指摘を受けました。
「声帯に負担を掛けない歌い方が癖になっている」んだそうで、これでは声量が増えて行かないんだそうです^^;
更に「年齢的に(声帯の)回復力が衰えている」との事。

でも「良い方向に向かっている」と仰って下さっているので・・・信じて頑張りますw
だって、上原さんと二重唱歌いたいも~ん 頑張るっ
コメント (2)