のんのつれづれなるままに

  ~ 上原正敏さん勝手にふぁん倶楽部 ~

レッスン5回目

2008年05月28日 | 声楽レッスン

 
 紫陽花が色付き始めました。
私は、この時期の紫陽花がイチバン好きです。
もちろん色付いてからは、今よりも格段に美しいですけど・・・♪
この青臭い・・・ピュアな感じが好きなんです

今回のレッスンも バッチリ上手く行きました!
「失敗のイメージは忘れて、上手く行った事だけを頭に描く事!」
を、忠実に守り・・・グ~ッ

練習曲は「アマリッリ」(好きな女の人の名前です
「美しいアマリッリ! 僕の愛を信じて下さい」っていう内容
も・ち・ろ・ん♪ 愛しの上様をイメージしながら歌いました
だけど・・・
想いは沢山あるのに、表現力に乏しい!

この歌が作られた1600年代は、“家柄”や“身分”によって 好きな人に「好き」と伝えられなかった時代だったそうです。
愛しい人を慕いながら歌う、思いの丈は如何ばかりだったでしょう・・・。
コメント (4)

あなたの笑顔が見たいから♪

2008年05月25日 | ぼやき・諸々
  

朝から大荒れの天気でしたが、小田原に来ています♪

昨夜は1年振りに羽目を外して、夜中の2時まで友達と遊び呆けて参りました。
私は、全くの下戸なんですけどね・・・ コーラ5杯は飲んだかな
マナーモードになっていた携帯 には、パパからのお怒りのメールとメッセージがわんさか入っておりました

でも、久しぶりに楽しかったぁ~!
女が4人集まって、話す事と言えば「好きな人」の話
旦那様や元彼・今彼???までw
やっぱり、私の活力源は・・・上原さんへの愛なんだなっ
(思いっきり片思いだけどさっ)
“絶対に相手にされない”という安心感~
この気持ちって、主婦にしか理解出来ないかも知れませんねw

「あなたの笑顔が見たいから♪」
私は、まだまだ頑張れる 見守っていて下さいネ
Tirami su! -☆
コメント (2)

完売!

2008年05月23日 | コンサート
0さいからのクラシックコンサート

0さいから”だから、小さなお子さん~おじいちゃん・おばあちゃんまで、誰でも聴きに行って良いコンサートなんだそうです
つまり、これって「バリアフリーのクラシックコンサート
これって、とっても素敵だと思いませんか?

もちろん「小さい子供と一緒の所で聴くのは嫌!」って思われる方もいると思うけど、そういう人たちは「小さい子供達が来ないコンサート」へ行けば良いだけで・・・。
私は、このコンサートを企画して下さった方達&協賛される方達は素晴らしいなーって思います。
そして、演奏なさる方たちも・・・。

小さな子供達は、大人の考えの及ばないところで凄いコトをしますから・・・。
つまらなかったら平気であくびをするでしょうし、演奏に関係なく泣くし・笑うし・叫ぶし・・・。
そんな中での演奏は、想像出来ないくらい大変な事だと思います。

上原さんご出演のコンサート、東京HAKUJU HALL と旧東京音楽学校 奏楽堂は既に完売みたいです
それだけ、皆さんが切望しているコンサートだって事ですよね♪
これからも、どんどん バリアフリーのコンサートが増えてくれたら良いナーって思います。
コメント (2)

ミント風呂

2008年05月17日 | ハーブ・入浴剤
     
久しぶりに庭の手入れをしました
スペアミントが大きく育っていたので、今日はゆっくりとハーブ湯 に浸かることにします
抱える程摘んだので、玄関とキッチンにも飾って…眼にも嬉しい

ミント湯の効能は、
・清涼感(メントール成分により、ス~っとします)・血行促進・保温など
・夏バテの疲労回復・冷房などによる冷え性などに最適です♪

・・・でも、他に使い道を知らないんです
あとは、バニラアイスに添えるくらいかなぁ?
どなたか、良い利用法を教えて下さい
コメント (2)

今日の失敗は、明日の糧!

2008年05月16日 | ぼやき・諸々
デッドな会場・しかも心にゆとりがないと、
普段練習している“頭声区の響き”なんてものをすっかり忘れて大声で歌い切ってしまう
お腹の支えも、息の流し方も全然ダメじゃん・・・

日々気をつけて一つ一つ丁寧に習慣付けていないと、ポロッと癖で出てしまう。
ポジティブに行こう!! “今日の失敗は、明日の糧!”

そしてまた高級物置に閉じこもり~
せっせと歌いまくるのでありました~
コメント (2)

レッスン4回目

2008年05月13日 | 声楽レッスン
今日の声楽のレッスンも、バッチリ上手く行きました
すべて恩師の助言と、音楽療法のお陰です

二十数年振りに歌ったコンコーネ
「きれいに歌おうと思わないで、楽しんで歌おう!」
先生のアドバイス1つで、私のモチベーションが変わるから不思議

そして“カロミオベン”
「今のあなた(non)なら、この位で良しとしましょう。」だそうですw
無理はしない 背伸びはしない
今は、練習出来る事が幸せ
コメント

起雲閣サロンオペラコンサートbyPちゃん

2008年05月12日 | コンサート
Pちゃんからレポートが届きましたぁ~
以下、お楽しみ下さい♪


行って来ましたぁ~!5月11日の「起雲閣サロンオペラコンサート第6弾」。
私の大好きな「愛の妙薬」とプッチーニのアリアということで、楽しみで楽しみで…。
私ごとですが、「誕生日プレゼントも母の日のプレゼントもいらないから、気持ちよく行かせて!」と家族に頼んでOKをもらったのです。

全体の印象を一言でいうならば…「さすがは熱海!『心の療養コンサート』!?」でしょうか? (庶民的でゴメンナサイ…。)
とても暖かく、痛いところや、辛いところが立ち所に治って、心がピッカピカになれた最高のコンサートでした。

 上原さんが大好きな私ですが、今日は岡さんの魅力にも心を奪われた感じです。やはり歌というのは、技術や才能も大切でしょうが、人柄や真心、そして相手の方や伴奏の方とのチームワークも大切なのだと感じました。         

内容については、大好きなネモリーノ様のアリアは言うまでもなく……いえ言わせてください!…不思議です。
もう何度か聴かせていただいているのに、聴かせていただくたびに違うネモリーノ様なのです。
今日のネモ様は気弱な中にも頼りがいのある、ちょっとやんちゃな感じかな?
同じ演技(歌も…)をなさらない、リピーターをびっくりさせる「上原マジック」です。
特にアディーナのアリアや二重唱の演技良かったです。
紙の受け取り方、突っ返し方、ドキドキしました
二人が近寄ったり、離れたりするのをみながら、うっとりしていました。  

二部のプッチーニ編は、それはもう大好きな歌のオンパレードでした。
歌もさることながら、解説の見事なこと…。
上原さんの解説は落語の真打ちのようでした。
話して、歌って、と大変だろうなと思っていたところ、さすがチームワークですよね。
岡さんが、トゥーランドットの解説をきっちりこなし、上原さんにバトンタッチ。そして「誰も寝てはならぬ」の素晴らしい歌が会場を揺らしました。
お互いを気遣う思いやりが生み出した「連携プレーの勝利」です。

アンコールで飛び出した「オーソレミオ」ではこの連携プレーがピアノの出田さんと上原さんでかもし出されました。
「リハーサルで一回合わせただけ」と話されていましたがあんな「オーソレミオ」を聴いたのははじめてです。
ロマンチックなのにパワフル。
あんな変化球を投げているのにちゃんと掴んでいる、出田さん拍手です。
すごいです!最後の二重唱はピアノ出田さんも含め、みんなお互いの呼吸を聞いて、心をひとつにしての暖かいものでした。
  
相手を気遣う、思いやる、今日は何度も書いてしまいました。
私にとって、一番必要だったのです。
…元気でました。
気持ちが前にでました。そして食欲もでました。
…エヘヘ。ありがとうございました。 

P.S.家に帰ったら、娘がカーネションを持って現れました。ビックリ!。
幸せな幸せな一日を本当にありがとう…。         by Pちゃん
コメント

熱海起雲閣サロンオペラコンサート

2008年05月12日 | コンサート
「熱海起雲閣サロンオペラコンサート」に行って参りました

     

朝から小雨降る、とても寒い1日でした。
一緒に行くメンバーは、勝手にふぁん倶楽部のメンバー4人。

開場30分前に起雲閣に付くと、清楚で可愛らしいお嬢さんと凛々しい青年がお出迎えw
思えば、ここ(受付)から「岡ワールド」が広がっていたんですね

ゆったりとした、優しい時間・・・。ドア越しにリハーサルの声が小さく聞こえる。
ドアの向こうには、大好きな上原さんがいる・・・

会場はこじんまりとしていて、美しい庭園を背景に温かい雰囲気。

   

中央にグランドピアノがあって、その上には反響盤?も付いている♪
音の響きがとても良いw

今日の出演は、岡 範子さん(sop)と、上原正敏さん(ten)と、出田晶子さん(piano)
岡さんは、笑顔の素敵な とてもチャーミングな方
上原さんは、相変わらずダンディでカッコいい~

第1部は、私の大好きな「愛の妙薬」から“Quanto è bella”
何度聴いても、吸い込まれるような甘~い歌声です
ネモリーノ様・・・
そして、ラララ・・・の二重唱
私は上原さんのネモリーノにお逢いするのは4度目ですが、やっぱり良いんだ!コレが
子供達向けに上演して欲しいなぁ~。出来れば日本語版で
「親子ファミリーオペラ」みたいな、ダイジェスト版・ピアノ伴奏でいいから…。
自分に、企画の才能があれば・・・と、つくづく思います

岡さんの美しいアディーナとの抱擁シーンもとてもきれいでした♪絵になる二人
岡さんの声・・・とっても美しかった~
「高音を細く当てて歌う」・・・っていうのは、こういう事なんですね

いつも思うんですけど、上原さんの抱擁シーンって すごく美しい。
(足まで上げて、笑わせて下さるんですけどね

その後、15分間の休憩
ラウンジにコーヒーを飲みに行ったのですが・・・w
自販機の前で お金が詰まって困っていらした女性がいらっしゃったので、お声をかけてお話しをていると、近くでコーヒーをお飲みになっていた男性がお話しに交わって下さり、近くにいた若い女性の方お二人も交わり・・・
ちょっとしたサロンに早変わり
温かい心って、伝染するんですよね~
岡さんと上原さんの温かい心遣いが、皆に幸せを下さいました

第二部は、プッチーニ生誕150周年に因んで
・「ラ・ボエーム」
・「トスカ」
・「トゥーランドット」
・「蝶々夫人」

・・・ 今まで、気にしなかったけど・・・
ドニゼッティとプッチーニって、こんなにも違うんだぁ
同じ作曲家のオペラをダイジェストで立て続けに4本観た感じ


     (上原正敏さん・出田晶子さん・岡 範子さん)

どの曲も素晴らしかったけど、上原さんの歌う“Nessun dorma(誰も寝てはならぬ)”は、トリプルアクセル以上でした
“国際コンクール優勝”・・・ホントに完璧でした。。。

そして、ピアニストの出田晶子さん 素晴らしかった!!
リハーサル1度しか合わせていないのに、歌い手の息づかいを完璧に読んで伴奏を併せることの出来る方。
私が今まで聴いた上原さんの“オーソレミオ”の中で一番アレンジが難しく、聴き応えのある、素晴らしい演奏でした

最後にお二人で、メリーウイドーのワルツ♪
寄り添う二人がまた美しい
「岡さんと上原さんの覚えていた歌詞が違う」という事に、リハーサルで気がついたそうですが、違和感無く良かったです
上原さんの方は、いつもと歌詞が違ったので…包容力のある温かい方だなぁ~♪っと、惚れ直しました

アンコールで、岡さんが歌ってくださった“トスティ”の・・・何という曲だったのかしら
トスティって、素敵ですね♪
オペラアリアとはまた違った魅力。。。

ホントに来て良かった♪
“音楽療法”の効果ばっちり
元気になりました「Vincerò~! Vincerò~!」って感じで=good!
コメント