のんのつれづれなるままに

  ~ 上原正敏さん勝手にふぁん倶楽部 ~

「オペラ・アンサンブル・ヴォーチェ」

2008年01月16日 | コンサート
「オペラ・アンサンブル・ヴォーチェ」 第1回公演に行って参りました

「敷居が高いオペラやクラシックがあって良いと思う。でも、もっと大衆に訴え掛けられるオペラやクラシックを作っていきたいんだ・・・。」

以前、私がコンサートのスタイルを称賛した時、上原さんが 語って下さいました。
「オペラやクラシックの品格を落とすって、かなりキツイお叱りを頂いた事もあるのよ。」

今回のアンサンブルも然り、「一般的に敷居が高いイメージの強いオペラやクラシック音楽を、今までの枠を超えて、より身近に感じていただきたい!」との思いで、結成されたんだそうです

第1曲目は、上原さんのソロから始まる「フニクリ・フニクラ」
9人がステージに並んで、とてもリラックスした面持ちでのアンサンブル

        

“世界で一番・・・な歌”声楽の限界にチャレンジ!のコーナーでは、

世界で一番高い声の歌(魔笛・第2幕・ザラストロのアリア)を、大澤建さん

世界で一番低い声の歌(魔笛・第2幕・夜の女王のアリア)を、横山美奈さん

世界で一番早口な歌(セビリアの理髪師・第1幕・バルトロのアリア)を、大久保光哉さん

世界で一番慌ただしい歌(魔王)を、星野淳さん

世界で一番危険な歌(連隊の娘・トニオのアリア)を、上原正敏さんが歌って下さいました♪

「歌い手には、凄いプレッシャーの企画」でしたが、一人の脱落者も出ず
これだけでも、2時間掛けて行った甲斐がありました --

上原さんの“high-C 9回”ご自身で仰っている程、大変そうに見えないんですよね~
パヴァロッティ亡き後・・・「キング・オブ・ハイC」の称号は、上原さんで決まりだなっ=

その後、休憩を挟んで「セビリアの理髪師・1幕・ハイライト」
大幅なダイジェスト版で、ちょっぴり残念
時間の都合・・・仕方ないですよね
でも 芳賀惠さんの見事なナレーションで、とっても解りやすかったです
私は「重唱」好きなので・・・次回はロングバージョンでお願いします
もちろん!北村晶子さんのピアノ伴奏で・・・

公演終了後、ステージ上で写真撮影がありました♪
最後まで残ったお客さん達も、携帯電話で写メ
ちょっとした撮影会になりました





北村さんの事務所のHPリンク許可をいただきました
やったぁ

<出演>
星野 淳さん(フィガロ・Br)
上原正敏さん(アルマヴィーヴァ伯爵・T)
加納悦子さん(ロジーナ・Ms)
横山美奈さん(ベルタ・S)
大久保光哉さん(バルトロ・ Br)
大澤 建さん(バジリオ・ Bs)
黒田大介さん(隊長・T)
鈴木光子さん(Ms)
芳賀 惠さん(S)
北村晶子さん(piano)
コメント (2)

高い買い物

2008年01月10日 | ぼやき・諸々
サラ・ブライトマンさんが歌ってる「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」
(コン・テ・パルティロ)の楽譜買っちゃいました

ピースの楽譜は無かったので、13曲入りのピアノ弾き語り版を購入=
楽譜って・・・お高いのよねぇ~ ¥1700円でした♪
「よしっ これで練習できるぞ~」って思って外に出たら…
車のフロントガラスに何やら黄色い張り紙・・・

たった、たった数分間の出来事よぉぉぉぉぉ~~~???
・・・ハイ
罰金¥15000円+減点2
高いお買い物になってしまいました~

でも、ポジティブに 頑張ります
コメント (3)

オペラ 初笑い (!?) コンサート

2008年01月08日 | コンサート
「オペラ・アンサンブル・ヴォーチェ」・・・昨年行った新橋のレストラン“アルテリーベ”で「セヴィリアの理髪師」を演じて下さったメンバーで結成された、豪華アンサンブル第1回公演が、今月13日に板橋区立文化会館の大ホールで開かれるんだって!
あの感動を再びって思うだけで、神様に感謝します

だって、ホントに凄いんですから~♪
「今回のメンバーは、ヨーロッパ各地で活躍した筋金入りばかり新国立歌劇場公演『セビリアの理髪師』に於いて、2005年と2006年の2回に渡り、外国人のカヴァー歌手を務めた超実力派の面々が中心。日本におけるロッシーニのスペシャリストが一同に会する夢の競演です。」って・・・

これだけだって十分楽しいのに“世界で一番・・・な歌 コーナー”声楽の限界にチャレンジ!って・・・

世界で一番高い声の歌 / 世界で一番低い声の歌 / 世界で一番早口な歌 /

世界で一番慌ただしい歌 / 世界で一番危険な歌 
すっごいワクワクしちゃいます~
(きっと上原さんは、high-Cをバリバリ聴かせてくださることでしょう
きゃっきゃっ 考えただけで、眠れない~

仲良しのメンバーで結成されたアンサンブル…っていうだけあって、出演者の皆さんの表情がGood
ステージを楽しんでる~~~っていうのが伝わってきて、こっちまで幸せな気持ちになっちゃいます

絶対お勧め 
「オペラ・声楽初めて~」って人には、ぜひ!見てほしい
イチオシです=

出演は、星野 淳さん(フィガロ・Br)、上原正敏さん(アルマヴィーヴァ伯爵・T)、加納悦子さん(ロジーナ・Ms)、横山美奈さん(ベルタ・S)、大久保光哉さん(バルトロ・ Br)、大澤 建さん(バジリオ・ Bs)、黒田大介さん(隊長・T)、鈴木光子さん(Ms)、芳賀 惠さん(S)
そして、ピアニストの北村晶子さん
コメント (2)   トラックバック (1)

☆Birthday☆

2008年01月01日 | ぼやき・諸々
今日で41歳になりました~
誕生日・・・今更嬉しい歳でも無いんですけどね
昨年の紅白・さだまさしさんの「Birthday」を聴いていたら、なんだかとっても自分の誕生日が有難くて・・・

「幸せをありがとう・・・生まれてきてよかった。誕生祝いをありがとう。忘れずにいてくれてありがとう・・・誰かがわたしの生まれ日のこと憶えていてくれると、独りきりではないと とても勇気が湧いてくるのです。・・・生まれてきてよかった」(さだまさし/Birthdayより抜粋)

元旦のどさくさに紛れて、自分ですら忘れちゃう誕生日ですが、
やっぱり・・・この世の中に生まれて来て良かったです
そう思えるのも、上原さんとパパと皆さんのお陰ありがとう~
コメント (8)