のんのつれづれなるままに

  ~ 上原正敏さん勝手にふぁん倶楽部 ~

オペラブーフ「エトワール」

2009年06月27日 | オペラあらすじ
東京オペラ・プロデュース 定期公演の、エマニュエル・シャブリエ作曲の喜歌劇「エトワール (星占い)」のあらすじ、UPしました~
読んで 、一緒に楽しんでくれたら嬉しいです

   

この喜歌劇(オペレッタ)は、歌はフランス語、台詞は日本語の上演なので、オペラビギナーには、ぜひお勧めです♪
しかも、本格舞台日本初演・・・という事で、オペラ通の皆様にもぜひ!
なんて おこがましいコメントなんでしょ ごめんなさい
上原さんは、10月24日(土)にウーフ1世(王様)役でご出演です


   オペラブーフ「エトワール (星占い)」

 ==== ☆ ==== あらすじ ==== ☆ ====

          ~~~第1幕~~~

 明日は、上原さん演じる王様(ウーフ1世)の お誕生日

毎年、王様の誕生日には「 悪人串刺しの刑 」という 世にも恐ろし~い「 show 」を開催します。

ウーフ王は、悪人探しのために、変装して街に来ています。

           ~~~☆~~~

 そこへやって来たのは、エリソン大使と妻のアロエス&秘書のタピオカとラウラ王女の4人。

エリソン大使らは「ウーフ1世とラウラ王女を結婚させる!」という任務を負っていますが、ラウラ王女本人は その事実を知りません。
(極秘任務遂行のため、エリソン大使の妻と ラウラ王女は、入れ替わっています。)

ところが!
人妻に扮したラウラ王女は、行商人ラズリと出会って 恋に落ちてしまうのです~。
(※ 行商人ラズリ役は ソプラノです ケルビーノみたいな美少年のイメージ

ラズリはラウラ王女が人妻だと思い込み・・・傷心


悲しむラズリに(身分を隠した)ウーフ王が 声を掛けると・・・
不機嫌なラズリは なんと!王様の頬をひっぱたいてしまったのです

これはしめた!
「串刺しの処刑衆」を探していたウーフ王は、ラズリに死刑を言い渡します

ところが、大変な事実が発覚

王様の占星術師 シロコによると、
「ウーフ王 と ラズリは 運命共同体で、どちらか一方が死ぬと24時間以内にもう一方も死ぬ」
と言うのです。
驚いた王様は、即刻「串刺しの刑」を中止し、ラズリを VIP待遇で宮殿に招きます。


          ~~~第2幕~~~

 贅沢三昧な日々の中でも ラズリはラウラのことが忘れられず、ラウラの夫との決闘を決意します。

「お前が死んだら、私も死んじゃうじゃ~ないかぁ!

驚いたウーフ王は ラウラの夫(エリソン大使)を監禁し、ラズリとラウラを逃亡させます。

 ところが、「ラウラは 人妻ではなく 王女だった!」という事実が発覚。

しかも、エリソン大使は監禁される前に「もし 王女の身に何かあったら、犯人を射殺しろ!」と衛兵に指示を出していたから、さあ大変!

・・・そこへ 銃声が響きます・・・

          ~~~第3幕~~~

 ラズリの帽子とマントが湖面から発見され、ラズリ生存は絶望的。

「私の命も、あと1日か・・・」と、ウーフ王は落胆。

さて・・・一体、どうなっちゃうのでしょう~?
国王ウーフ様の行く末は、如何に~~~?help!

          ~~~おしまい!~~~

※さて、問題です!
ラズリの歌う「くしゃみのクプレ」は、一体どこに出てくるのでしょう?

この歌、とってもたのし~いですね 
私のくしゃみも、こんな感じだよん~☆ ぜひ聞いてみて下さい♪

              参考ブログ:「オペラ・オペレッタ訳詞家の書斎
『東京都』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 限りない資源 | トップ | アッチョンブリケ! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブッファの醍醐味 (liuring)
2009-06-28 10:59:51
このオペラは知りませんでしたが、読ませていただいて・・・
ストーリー的には椿姫の最後の場面を思い浮かべました。
ウーフ王もラズリも・・・??? 
よくある悲劇的末路じゃなければいいのですが。。。(笑

クシャミの歌は楽しめましたよ。夜の女王のようにコロコロと、難しいですね。
やはり3点F辺りをなんなく歌いこなしていますね。すごい。
<クシャミ>のときの声帯って、思いっきり開いているんだろうね!?
発声法に結びつくものか異なものなのか?一度先生にお尋ねになってみてください。
・・・答えが知りたいし~~。。。ふぅ~。。。
>liuringさま (non)
2009-06-28 22:23:35
拙い文章をお読み下さいまして、ありがとうございました
・・・はてさて・・・
ウーフ王とラズリの命はいかに!?

でも(笑! 
お察しの通り、ブッファですから~
タイトル通り「ブッファの醍醐味」を 存分に楽しめる作品だと思います♪

<クシャミ>のときの声帯
う~ん 考えた事もありませんでした!(笑
伺ってみますネ=ok!
おはよう (ともさん)
2009-06-29 07:16:00
初めまして
寄らせて貰いました。
>ともさま (non)
2009-06-29 07:33:30
初めまして!
ご訪問、ありがとうございます

「ブーちゃんママの花一杯運動」拝見しましたw
とっても可愛いですね♪
・・・もしかしたら、私の“ブタ好き”をご存知で???
私の生家(祖父宅)が養豚場だったので~(笑!
ブタキャラは大好きなんです
また覗きに来てくださいネ♪
 ちなみに「テノール歌手 上原正敏さん・勝手にふぁん倶楽部」
http://www.geocities.jp/masatoshi_fanclub/
も、よろしく!
ありがとう (ともさん)
2009-07-01 07:12:45
おはよう御座います
ホームページ見てもらい有り難う御座います。
nonさん、ブタちゃん好きとは知りませんでした。
之からも宜しくお願いします。
又寄らせて貰います。
Unknown (operaview)
2009-07-01 09:44:58
これは、面白そうですね~。
早速、予習・予習
>ともさま (non)
2009-07-01 12:36:32
はい♪またいつでもお越し下さいw
新作が出来たら見せて下さいネ

>operaviewさま (non)
2009-07-01 12:47:34
きゃっきゃっ
本当に面白そうですね!
(ありがちなストーリーって感じもしますが~笑)
最後に ウーフ王とラウラ王女の絡みのシーンもあるようなのです~w
もうもう、考えるだけで眠れませ~~~ん
(好きな人が、他の人と演じるLOVEシーンが大好きなのって・・・ヘンかな?

コメントを投稿

オペラあらすじ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事