きままに復活日記

事件は上層部じゃない、現場で起きてるんだぁ~って事で現場体験記。信仰は否定しない主義です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

財務も戦いだ~

2007年03月21日 | 現場の話
学会では、財務は真心で金額ではないと言います。
しか~し、各々が金額を発表し合ったりします。
財務の時期が近くなると、財務で○○の功徳がありました~
(パチパチパチパチ←拍手)
って体験発表(?)が頻繁にされるようになります。
我が支部では財務が近くなると、財務サミットと言う会合が
持たれます。
くじでアットランダムにグループを作り、財務の功徳(?)
を話し合わせて、グループの代表が最後、財務体験発表(?)
するのです。
おかしいですよね~
見返り求めて、ご供養出すって事ですよね。

一昨年、その会合が支部婦人部長宅であったのですが御祈念板
見て、目がテンになりました。(その場でメモしちゃいました)

一、75周年、全員が完勝
一、財務の無事故、大勝利
一、支部○○○名の完全納金

闘うがモットーの学会ですが財務にも勝負かけちゃいます。
財務サミットと言う会合、最後にお約束で「財務の功徳」を語る
のです。
「功徳思い当たらないです~」
と私が言うと幹部がすかさず
「そんな事ないでしょ。あるでしょ」
と突っ込まれた。
コノ突っ込みも お・や・く・そ・く・よん。
「目標金額を決めて祈り、精一杯悔いの無い財務の戦いをしていきま
しょう」
と支部婦人部長が言ったなら
「アラ、目標金額決めるのはいいことね。皆さん実践していきましょう!」
と副本部婦人部長が言ったのには目が点になりました。

私が今住む地域に引越してきて、3年目の秋に支部婦人部長
が家庭訪問に来ました。
財務の功徳を語られて、
「三桁挑戦してみない?」
と言うのです。
断ると
「のんのんちゃん、自分の貯金はないの?」
と言いました。
私の貯金、あるにはあるのですが将来の子供の学費のためにと
とってあるのです。
その事を説明すると
「~~の○○さんは、子供のためにと財務を妥協したら、子供さん
が△△って病気になって貯金がなくなってしまったそうよ」
と言うのです。

脅迫ですか?

ここで歌わせていただきます。

「三年目の浮気」題して「三年目にタカられた財務」

婦人部長  バカいってんじゃないよ 婦人部の財務~
      ケンカをしながらダンナの給料まわしてきたんだぜ~
      バカ言ってんじゃないよ
      財務のことだけは
      一日たりとも忘れた事などなかった婦人部~

私     よく言うわいつもだましてばかりで~
      私が何も知らないとでもおもっているのね~

婦人部長  よく言うよ信じたお前の負けだよ~
      さえない邪宗が好きならオレも考え直すぜ~

私     バカ言ってんじゃないわ

婦人部長  バカ言ってんじゃないよ

私     だまされてるのも分からないなんてかわいそうだわ~

婦人部長  3年目の財務くらい多めにみてよ~

私     開き直るその態度が気に入らないのよ~

婦人部長  3年目の財務くらい三桁つんでよ~

私     三桁つんで福運なんて信じらんない

   

耳猫さんブログ

でも、紹介していただきました。ありがとう~



ウソこけ!ネタだと思うアナタは幸せものです。
今すぐ婦人部へ修行に行きましょう。
ちゃんと活動を共にすれば分かるでしょう。(ちょこっと出ただけでは
分からないわよん)
白装束着て、滝に打たれる修行よりも精神的には鍛えられるかも
ね。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« メールのやりとり | トップ | 別れて~も~エフはエフ~~~ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (ミルク)
2007-03-25 19:59:22
 先日は、ありささんのブログでのんのんさんにご心配をお掛けしたミルクです。その節はありがとうございました。
 あれから両親と話し合いまして、少し落ち着いた感じです。学会反対の父と、学会員の母と、学会の事を話したのは初めてです。私は学会を辞めたので父と意見が合ってしまったのが驚きでしたが…母はもうだめですね。身も心も学会に染まりきっていました。母を脱会させるのは、もう無理かもしれません。
 母に甘えられず育った私の心も、もう取り返す事は出来ないと思います。あきらめました。
 ただ、財務にお金をつぎ込むまねだけはしてはしくありません。父も同じ気持ちでした。
 なぜ財務でお金を積めば積むほど功徳につながるのか…その考えが不思議です。何を期待しているのでしょうか。
 学会を辞めると言って大退転している私でも、良い事は起こります!!考え方の問題ですよね。
 母には何も通じませんでした。悲しい事です。

お金で買える人生なんて無いですよね、自分の老後の為に、貯金はとっておくのが本当ですよね。

又、おじゃまいたします。 
お返事遅れてすみません (のんのん)
2007-04-25 12:21:20
ミルクさん
やっぱり、お母様の事心配になりますよね。
基本的に婦人部は先生の指導に弱いので先生の指導
を引き合いに出してみてはどうかなぁ。
たとえば財務の件でしたら、
センセイは下のように昔発言してました。

「創価学会としては、永久に皆さん方から、
  ただの一銭も寄付を願ったり
  供養を願うようなことは、いたしません。
(昭和37年6月16日付聖教新聞先生指導)」

こういったセンセイの指導を利用して「これは先生
の指導と違うよ」と一般常識に戻すようにしてみて
はどうかなぁ。
ミルクさんのお気持ちが通じるといいですね。

関連するみんなの記事