ともちゃんの のんびり登山教室

分県登山ガイド「大阪府の山」(山と渓谷社)著者の岡田知子が
ご案内する登山教室。
のんびり、ゆるゆると山に登ります。

2018年11月13日 四郷串柿の里と燈明岳

2018-12-10 11:28:31 | 人数限定登山


この日の様子は、こちらをクリック!




                      

10月期の予定です。





















人数限定登山の残席状況と、ウェブ予約はこちら






コメント

2018年11月7日 伯母子岳への快適稜線歩き

2018-12-10 10:05:41 | 人数限定登山
高野龍神スカイラインから奥千丈林道に入り、伯母子岳遊歩道入口に向かいます。
スカイライン沿いのカエデは素晴らしく紅葉していました。









稜線の木々はすっかり葉を落として、見晴らしがよくなっていました。








口千丈山に到着。








はるか遠くの山々まで見えます。まるで空中散歩!








伯母子岳で記念撮影。360度の展望を満喫しました。








下山路の木々は落葉せず、美しく色づいていました。




天空を散歩したくなったら、メッセージください。



                      

10月期の予定です。





















人数限定登山の残席状況と、ウェブ予約はこちら
コメント

2018年10月31日 秋の前鬼・垢離取場

2018-12-05 21:28:07 | 人数限定登山
前鬼の行場・三重(みかさね)滝に向かう予定が、林道入り口に来ると「本日12時まで道路工事のため
通行止め」との貼り紙が。ええーっ!聞いてないよお・・・。








仕方なく、下北山村の池神社を訪れたりして時間をつぶし、通行止め解除になってから不動七重の滝へ。








ヒメシャラの黄葉を愛でながら、山道を下りました。








垢離取場(こりとりば)に到着。「大峰ブルー」と呼ばれる美しい水の色に感動。








以前はもっと浅く、難なく渡渉できた川が、今年の大型台風のせいか、河原の砂が流出して
渡れないくらいに深くなっていました。

「パンツ一丁になって、靴を脱いだら渡れますけど・・・。」
というMr.Dashの言葉に、
「絶対イヤ!」という女性陣の抵抗もあり、本日のゴールはここまでとしました。

予想外のことばかり起こった一日でした。




                      

10月期の予定です。





















人数限定登山の残席状況と、ウェブ予約はこちら

コメント

2018年10月25日 錦秋の伯耆大山!

2018-11-15 11:05:39 | 人数限定登山


大山ホワイトパレスの朝食。手が込んでます。








いい天気です!








赤、黄、緑、青、白…、カラフルです!







ひたすら登り続けて、6合目の避難小屋に着きました。








樹高が低くなり、眼下に素晴らしい眺めが。ずいぶんと高いところまで来ました。








山頂部のダイセンキャラボク群生地に入ります。国の特別天然記念物となっています。この高さで樹齢は600年くらいだとか。







ダイセンキャラボクはイチイの仲間。よく似た実をつけます。食べられるけど、国有林なので取っちゃダメ。







山頂の小屋ができるまでは、避難小屋として使われていた石室。今はここに逃げ込んだ方が危ないかも。








山頂小屋。中に売店やトイレがあります。










小屋の外にあった温度計では6℃をさしていたので、中で風を避けながらお昼ご飯を食べられることが
ありがたい。








本日の売店の売り子さんは、地元の女性登山ガイドさんでした。毎日30キロの荷物を背負って登ってくるんだって!
すごい!

大山開山1300年の記念バッジもありましたよ。







あいにくガスが出てきましたが、山頂で記念撮影!








下り始めると、美保湾と弓ヶ浜の曲線が美しく見下ろせました。あまりの絶景に、足を止めて見入るみなさん。








本谷の斜面の色づきが、まさにベストタイミングでした。写真の下にさりげなく存在感を示したりして(笑)








下山には行者コースをとり、まさにその元谷の樹林帯を歩きます。あまりの美しさに、夢心地でした。








元谷小屋のある大堰堤まで下りてきました。ここから見上げる北壁(きたかべ)は大迫力!








夢の時間は終わり、大神山神社に着きました。








豪円湯院で疲れを癒しました。380円という銭湯より安い入浴料で、登山者にはありがたい温泉です。








地元の大豆と、湧き出す酸化還元水を使った豆腐も販売されていて、湯上りの豆乳ソフトクリームは最高です!








帰りの車窓から見た大山は、「伯耆富士」の名にふさわしい形をしていました。




                      

10月期の予定です。





















人数限定登山の残席状況と、ウェブ予約はこちら (試験運用中)





コメント

2018年10月24日 鏡ヶ成・象山と擬宝珠山で足慣らし

2018-11-15 10:04:33 | 人数限定登山
鳥取県まで足を延ばして、紅葉真っ盛りの大山に登ります。

今日は鏡ヶ成の象山(1085m)を歩いて足慣らしをします。1000メートルを超える山ですが、
スタート地点からの標高差は150メートルほど。準備運動にはちょうどいい具合です。








マツムシソウがまだ咲いていました。








登山口からすぐ、ブナ林の見事な黄葉が迎えてくれました。








リンドウの見事な青!








あっと言う間に山頂に到着。ゾウさんのポーズで記念撮影しました。








時間があるので、隣の擬宝珠山(1110m)にも登ることにしました。こちらはブナの黄色だけでなく、
ウリハダカエデの赤もきれい。








マツムシソウ越しに、象山が見えました。ゾウが横たわったような山容です。








山頂に着きました。ここからは、象山とは違う景色が見えます。日差しが強くて暑かったので、半袖に
なっちゃいました。








下山途中に見上げた斜面。ブナの白い幹と黄色い葉、下草のササの組み合わせが素晴らしい!








国民休暇村 奥大山で、自慢の天然水コーヒーをいただきました。







鍵掛峠から、大山の南壁を見上げました。絵はがきにも使われるポイントです。
天気も紅葉の進み具合も最高でした!








今回お世話になった大山ホワイトパレスの食事。山小屋の食事も悪くはないけれど、こんな豪華な食事も嬉しいですね。




                      

10月期の予定です。





















人数限定登山の残席状況と、ウェブ予約はこちら (試験運用中)




コメント