私の直方の風景

私の住んでいる直方の好きな風景を紹介します。

直方の多賀神社のお祭り風景(シリーズその3)

2009年10月30日 23時41分26秒 | 日記
お多賀さん(多賀神社)のお祭りです。
お多賀さんの周囲の風景です。



①②
御館橋から見る多賀神社の風景です。
私事ですが、高校生の頃、毎日毎日、
暑い日も、寒い日も、この御館橋を通り、
横目にお多賀さんを眺めながら、お参りの挨拶をしながら通学しました。
自転車で、そして徒歩でも青春時代の思い出の多い風景でもあります。





③③ー2
直方~田川伊田~行橋を走る平成筑豊鉄道(旧国鉄の伊田線、田川線)です。
ワンマンディーゼル車の「ちくまる号」の可愛いキャラクターで、運行しています。
右手に多賀神社が見えます。






④福北ゆたか線の電車です。
篠栗線(博多-桂川間)、筑豊線(桂川-黒崎間)の愛称で、電化され、
元気に走っています。
右手にレトロな「直方市石炭記念館」が見えます。



ところで、我が直方・郷土の英雄「大関魁皇」を称えたJR九州の特急「かいおう号」も
この路線を走ります。



魁皇関は、直方二中出身です。(私も直方二中卒業です!)
魁皇は直方市民を元気付けてくれます。
大相撲場所中、魁皇関が勝つと、遠賀川河川敷で勝利の花火が上がります。
その音で、テレビを見ていない人も「ああ、魁皇が勝った」と喜ぶのです。

*魁皇後援会のホームページです。
http://www.nogata-cci.or.jp/kaio/

⑤「直方石炭記念館」見学や多賀神社に参詣する袴線橋階段です。
左手道路に沿って「のぐちギャラリー」の店舗がずらりと並んでいます。




*石炭記念館のホームページです。
http://www.nogata-navi.com/sekitan/index.html

⑥「直方石炭記念館」の全景です。同館内には、筑豊地区の膨大な石炭産業の資料が
蓄積展示されています。
左手の電気機関車のところに、石炭の原木でもある、メタセコイアの樹が見えます。
背後の森は多賀公園です。春には桜がきれいです。




⑦「直方石炭記念館」の入口正面から見ました。
SLフアンには魅力的な、コッペル型機関車(大正14年)が左手屋外に展示されています。




⑧多賀神社から東側の福智山系を眺めました。手前は直方でも古い町並みです。









コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 直方の多賀神社のお祭り風景... | トップ | 直方の多賀神社のお祭り風景... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
花火 (めろ)
2010-05-24 02:03:06
直方で生まれ育ちました。
結婚してこの町を離れ12年・・・
子育てが終わったらまた戻り住みたいです。
魁皇が勝ったときの花火の音。おじいちゃんと聞いていました。
そのおじいちゃんは亡くなってしまって直方から足が遠のいてしまい寂しく思います。
今年は花火大会をミニ行こうと思います。
大好きな直方が昔のように元気な町にもどりますように。
花火 (めろ)
2010-05-24 02:03:40
直方で生まれ育ちました。
結婚してこの町を離れ12年・・・
子育てが終わったらまた戻り住みたいです。
魁皇が勝ったときの花火の音。おじいちゃんと聞いていました。
そのおじいちゃんは亡くなってしまって直方から足が遠のいてしまい寂しく思います。
今年は花火大会をミニ行こうと思います。
大好きな直方が昔のように元気な町にもどりますように。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事