HDR_nonbe

HDR写真 (ハイダイナミックレンジ写真)を中心に、ときどき(3DCG・建築パース・酒・サッカー・音楽・囲碁)など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Photomatix Pro 4.0 検証レポ-2(ゴースト除去詳細)

2010年10月05日 12時26分07秒 | ■ Photomatix検証レポ
Photomatix Pro 4.0が正式にリリースされています。

再度、ゴースト除去を少しツッコんで検証してみます。
(あ、今回もMac版です。Winのシトはてきと~に翻訳してください。)

前回(9/22の検証レポ-1)と同じ(-2EV,0EV,+2EV)の3枚の写真を使用します。
3枚まとめてアプリアイコンにドラッグすると表示される画面。HDRするので上のボタンをクリック。


ファイル名を確かめます。


まずは[Reduce ghosting artifacts]を[Automatic]でやってみます。


[Tone Mapping]はあらかじめ設定しておいたオリジナルのpresetを使用しています。(バージョンアップしたシトは自動で以前のが組み込まれている筈です。)


ゴースト出現地域を大きくしてみます。うじゃうじゃいますね~。

前のバージョンではだいたいこんなもんが限界でした。(裏技とか駆使してお化け退治してるシトもおられましたが。笑)


次に[Reduce ghosting artifacts]を[Semi-manual]にしてクリックしてみます。


こんな画面が出ます。


ゴーストうじゃうじゃ地域をカーソルでドラッグして点線で囲います。


点線の中で右クリックするとこんなんが出るので[Mark selection as ghosted area]をクリックします。


確定されます。んで、実線の中で右クリックすると


[Set another photo for selection]から3枚のうちどれかを選べるよ~になります。選択範囲内ではその単写のみを使うわけです。んだからゴーストが出ないのです。まずは-2EVで。




霊の場所をおっきくしてみます。もちろんゴーストは消えましたがけっこ~ノイズのりまくりです。


つぎに0EV。




かなりノイズは減りました。


最後に+2EV。





ノイズはほとんど無くなりました。


・選択範囲の露出に全体をうまく合わせてHDR→Tone Mappingしてるみたいです。
・今回は+2EVが最適でしたけどシーンによっては変わるかもしれません。ノイズが出ない超高級デジイチならどのショットを選んでもダイジョブかもしれません。

たぶん、アプリおまかせゴースト除去の決定版だと思います。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『晩夏夕暮れ押上塔(押上塔... | トップ | 『押上多塔(押上塔百景011/... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Ver. 4.0 (ヴェロニカの手巾)
2010-10-05 14:31:39
丁寧な検証をありがとうございます。

4.0の除霊とノイズ除去には目を見張るものがありますよね。

「Reduce Noise」機能の設定も細かくなって
トーンマップ後の合成写真のノイズを取り除くのか
合成する前の元画像のノイズを軽減するのか
選択できますよね。

そちらの検証もよろしくお願いします。
ヴェロニカの手巾さん (nonbe)
2010-10-06 05:48:15
>4.0の除霊とノイズ除去には目を見張るものがありますよね。

ほんまほんますごいです。

>「Reduce Noise」機能の設定

ひそかに系統立ててやってます。
ものによりますけど、Tone Mapping前でも後でも100%以上に設定するとグダグダになってしまうよ~に思いました。

そのうちアップします。(たぶん)
Unknown (shockatz)
2010-10-08 11:56:04
お世話になりま~す。
ゴースト除去の検証レビュー、ありがとうございました!
おうおうおう、こりゃ最高ですねええ!
点々で囲ったエリアだけ、指定したショットの絵でトーンマップするんですね! 自分がやってた方法と同じ。露光バランスがよければうまくいくと思います。アンダー厳禁ね
ただ、この方法、露光ピッチが広いとムラがけっこう目立ちそう。3EVでテストしたダンダン付きました。画像が少なくていいし、ズレも減るのでスナップには最適なんですが。
それにしても、これでケムンパスのISOブラケットにヒガむ必要はなくなりますか、師匠!
shockatzさん (nonbe)
2010-10-10 02:49:32
>自分がやってた方法と同じ。

手動操作お疲れさんでした。

>ただ、この方法、露光ピッチが広いとムラがけっこう目立ちそう。3EVでテストしたダンダン付きました。

あ、やっぱし。3EVではやってないんだけど、なんだか差があるとキツいかなと思ってた。

>それにしても、これでケムンパスのISOブラケットにヒガむ必要はなくなりますか、

でも、ま、あっちはちょっと浅いよな気がするし。(笑)
比較的簡単に除霊できてマルチのこってり濃ゆいのがやりやすくなったのは朗報ですね。

コメントを投稿

■ Photomatix検証レポ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

Photomatix Pro 4.0 Beta 8 (ヴェロニカの手巾~デジカメで楽しむHDR写真~)
ここしばらくPhotomatix Pro 4.0(英語版)をベータテストしている。いくつか新機能があるが、最大の特徴は一枚のJPEGからトーンマップができる点と、「ghosting artifacts」処理の精度がよくなった点であろう。 銀座にて、2010年8月1日撮影。 クリックで拡大 「Redu...