「ノナの家」nonahouseは かつこ内親王、かつこ内親王2の続きのブログです。

神様達の名前は、沢山出てきますが、宗教とは全く関係ありません。
唯一無二の魂に感謝します。

バルセロナへ その3

2019-11-12 07:30:00 | 日記
9月25日の夜に、ツクヨムが話してきました。


ツクヨムだ。
未来は少し変わったよ。
新しい朝が来た。
希望の朝だ。
喜びに胸を開け。
大空仰げ。

「ラジオ体操」の歌を知っているのですか?

知っているよ。
いつも、一緒に体操していたからな。
後、少しだと思うよ。
うわついていないから、大丈夫だよ。
変わらない愛の弟は、スペインに行けなかったらしいな。
スペインに行ったら、カタルーニャの神が待っているよ。


ツクヨムは、前回に出てきたアリネの神のことを言っているのかと思っていましたが、私はスペインのことは何も知らなかったので、調べてみてまた驚きました。

バルセロナは、カタルーニャ州の州都だったからですね。

🌟カタルーニャ州(カタルーニャ語: Catalunya [kətəˈluɲə], スペイン語: Cataluña, アラン語:Catalonha)は、スペインの自治州。
州都はバルセロナ。

画像はカタルーニャ州の場所です。



Iさんは、バルセロナからの帰国の出発時にイビサ島からの荷物が届かなかったりで、また大変なことになっていました。
スペインは、このようなことは日常的なのでしょうか。

実は、その後カタルーニャ州の独立運動でのデモがあり、スペインに行ったのが少し前で良かったという感じになっていました。
サグラダ・ファミリアにも入場出来なくなっていたらしいですよ。


🌟10月14日(現地時間,以下同様),スペイン最高裁は,2017年10月にカタルーニャ州独立の是非を問う州民投票の実施に関与した同州分離独立派幹部に有罪判決を下しました。
その後,同判決を不服とする同州分離独立派が,同州内各地でデモや道路封鎖等の抗議活動を行い,一部のデモ隊が,同日,バルセロナ市のエルプラット空港を占拠しました。

画像はデモの様子です。



さて、話は戻ります。

成田空港で1日中足止めになっていたIさんは、やっとスペインに向かうことが出来たようで、ビジネスクラスにアップグレードして貰えたそうで、少しはゆっくり眠れたみたいでした。





奥さんのコニャさんは、私が伝えていたライムとお酒を用意してくれていたようで、ホテルもサグラダ・ファミリアの近くだったそうです。



サグラダ・ファミリアに入るには、予約が必要で、Iさんが空港に着いてから、コニャさんが予約を取っていたチケットの時間のギリギリに入場することは出来たそうです。
ただ、ダイレクトに向かったので旅行の荷物を持ったままの彼は、回りからはジロジロと見られて、相当恥ずかしかったようです。

世界遺産のサグラダ・ファミリアですから、観光客も半端なくいるので、荷物は預かってはくれないそうですよ。





真ん中にあるのが、ハトのツリーの「生命の木」ですね。
アリネの神はツリーの上にいると言っていました。





その後に、アリネの神が言っていたライムの酒とスナックをベンチに置いてくれた写真を送ってくれました。





この時は、日本時間で夜の9時くらいでしたが、Iさんとライン電話で短く話しました。
私がアリネの神を呼んでみると、


アリネだ。
ライムの酒、ありがとう。
トリが喜んでいるよ。
パワーが戻ったよ。


と、言っていて喜んでくれたようです。


Iさんの📩


やりました。
グエル公園に行ってみますね。
ありがとー
ねーさんの電話マサニ!のタイミングだったよー
これでやっと休める。
良かった。ほんとに。
ガウディさんにも御礼を。


🌟グエル公園(カタルーニャ語:Parc Güell, 英語:Park Guell)は、スペインのバルセロナにある公園で、バルセロナの街が一望できる。
1984年にユネスコの世界遺産に登録された。アントニ・ガウディの作品群の1つである。





バルセロナの中心のカタルーニャ広場の写真を見ると、ハトだらけですね。




続きます。

コメント   この記事についてブログを書く
« バルセロナへ その2 | トップ | イビサ島 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事