「ノナの家」nonahouseは かつこ内親王、かつこ内親王2の続きのブログです。

神様達の名前は、沢山出てきますが、宗教とは全く関係ありません。
唯一無二の魂に感謝します。

神様達の世界会議

2020-06-21 07:30:00 | 日記
5月13日に、スサノオノミコトが長く話していました。


つまらないことが大事だと言っただろう。

どなたですか?

スサノオノミコトだよ。
旗神社のことがわかってくれて、5年になるな。
望みは、ずいぶん叶ったよ。
M子とIが会ったから出来たことだからな。
友達も増えて良かったな。

はい。

コミュニティが大事な世の中になっていくのだよ。
直接会える人は限られていくのだからな。
だから、今のようにブログをやったり、「蒼いとびら」は大事になってくるよ。
熱海でも考えていいよ。
人が集まる場所作りをしてくれよ。
羅漢が増えれば、いい世の中になるからな。

コロナウィルスは、どうなるのでしょう?

コロナウィルスは、紫外線に弱いから終息していくよ。
ヨーロッパとアメリカはまだまだ続くよ。
悪いことをしたということが明るみに出る。
昔だったら、消されてしまっただろうが今は表に出る時代だからな。
元々、技術は日本から行ったものだろう。
日本人が骨抜きにならないと、アメリカは脅威だったのだよ。
独自の文明だからな。日本は。
それが不思議だということだよ。
魂の系譜が強いということだな。
もう、終わらせたくないからな。
5年後に変わらなければ、世界は滅びるだろう。
M子は見ていたらいいよ。


実際の話は、もっと長い話でした。
今回のコロナウィルスの有事は、かなり人々の意識を変える出来事だったと思います。


そして、5月14日の朝に、Iさんから📩がありました。


今朝は神様の気配がなかったのだが、、

何かあるのだろうか
会議のような、、


みこちゃんからは写真が送られてきました。



私は、とりあえず振り子を持って、ミクネの神やカラツの神を呼んでみましたが、振り子はグルグルとして反応がなく話してきたのは、ライオンでした。


誰もいないよ。

どなたですか?

私はライオンだよ。

何かあったのですか?

コロナウィルスの終息のために、辣腕なゼウスが集まって欲しいと呼び掛けたのだよ。
だから、ギリシャに集まっているよ。
世界の神達と精霊達だから、大変なことになっているよ。
だから、今日は話せないと思う。
Iは、気が付いたみたいだな。
私の素(もと)が入っているからだよ。
テラ(地球)の危機だからな。
宇宙の神も呼ばれているよ。
終わりは昼頃だろう。


Iさんには、昨年暮れにライオンの素(す)が入ったと言われて、両手の中指が腫れ上がりあまりの痛みに、救急車を呼ぶ寸前のことがありましたが、結局その後病院で検査しても原因がわかりませんでした。



その時神様達からライオンの素が入ったと何度も言われていましたが、やっぱりライオンも今回同じことを言っていました。

この時のIさんの苦しみようは尋常ではなかったので、かわいそうになりましたが、益々強くなるためなのかと思います。


とにかく、Iさんが感じていた通り神様達は、ギリシャに集まって世界会議を開いていたようでした。

この日の朝に、何気にFacebookを見ていた時にとても驚いたことがありました。

それは、アケミちゃんのご主人が一年前に行っていたギリシャの旅行の写真をアップしていたことでした。



一年前の写真なので、沢山の観光客がいますね。
雲の形が「ニケ」のようです。

私は、この場所に見覚えがあったのですが、それはIさんがギリシャに行った時に送られてきた写真だったと思いました。
アケミちゃんのご主人は、「デルフィ」と書いていましたが、Iさんが神様達が会議をしているのは、「デルポイ」じゃないか?と言っていたからです。
私は行ったこともなく混乱してしまったので、調べてみました。


🌟デルポイ古代ギリシア語: Δελφοι / Delphoi)は、古代ギリシアポーキス地方にあった聖域。パルナッソス山のふもとにあるこの地は、古代ギリシア世界においては世界のへそ(中心)と信じられており、ポイボスアポローンを祀る神殿で下される「デルポイの神託」で知られていた。
古代デルポイの遺跡はユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されている。

日本語では「デルフォイ」「デルファイ」と表記されることも多い。
英語表記(Delphi)、フランス語表記(Delphes)や現代ギリシア語発音に基づく「デルフィ」も用いられる。
遺跡の西にはデルフィの名をもつ集落があり、また遺跡を含む自治体の名前にもなっている。


調べてみると、「デルポイ」とも「デルフィ」とも言うことがわかり、やっぱりここに神様達が集まっているのかと思いましたが、私とIさんと話していたことが、アケミちゃんのご主人に無意識に伝わっていたのかと驚いたのです。

夕方にはカラツの神が帰って来たと言っていたので、神様達がいなかったのは半日くらいのことだったのだと思いますが、そのことについては次の日に話がありました。


続きます。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ナマズとカメとカエルの話 | トップ | 神様達の世界会議 その2 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (note)
2020-06-22 12:28:48
こんにちは。

トルコにエフェスというアルテミスの神殿があります。ここもデルフィと関係あるのではないかと気になってます。

いつもありがとうございます :-)
Unknown (nonahouse)
2020-06-24 09:59:26
noteさん、おはようございます。

本当に、いろいろな場所に行っているのですね。
やっと国内の移動が少しずつ出来るようになりました。

普通の生活になって、海外にも気軽に行けるようになるといいですね。

人生は、思い出作りだということらしいですから。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事